博多天神 渋谷南口店 東京・渋谷



早朝の雨も通勤で出掛ける頃にはとうに止んでいたものの、断続的に降雨の予報が出ていた7月前半七夕の日の水曜日だった。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、渋谷のこの時間ではやや久々な雨が降っており、アスファルトにビルのネオン煌めく夜の渋谷の街角であった。

そんな今日はかねてより店頭を横切っていて、家電外商営業時代から何店舗かに入った事があり、他の支店を既にレポートもしているこちらへ訪れる事にした。

そんなわけで雨そぼ降るなか店頭へ到着して、折り畳み傘をすぼめ替玉無料券を取りながら店内へ入って行った。他の支店と同じように道路側に面した場所に壁がないオープンなスタイルで、外の空気を感じそうだが一旦中に入って腰を降ろせばそんなことも無かった。

壁に貼られたメニューから、チャーシューメンをオーダー。チャーシューは自家製のように案内されていた。先客も多く後続客が続く、人気店らしい客の入りだった。

壁のメニューの横には「今期のテーマ」と題された紙も貼られていて、「凜とした職場を作ろう創業30年近江商事」と続いていた。その運営企業は既に知っていたが、間違いないことを確認できた所だった。

相変わらずある「豚骨スープはコーヒーで言えばブラック」の蘊蓄を見て、此処に来た事を実感した。尚お店の男性は老練な方が多いこちらだった。程なく到着。

その白い豚骨スープを初めて見た時は牛乳でも入っているのかと思ったものだが、それはたまにこうして入店する時でもやはりそんな風に感じる。

いわゆる所の東京系博多ラーメンと言いたくなるもので、その変わらない風情は開業以来の伝統の風さえも感じそうな程だった。チャーシューも美味しく、スープも麺もそこは博多らしかった。

今営業している中で一番古くから支店をお聞きすると新宿西口店だそうで、しばらく前に閉店した原宿寄りにあったお店がかなり昔から営業していたらしく、かく言うこちらも随分前から営業している一店になるそう。

ちなみに30年前に近江商事が営業していた頃のラーメン店は違う店名なのだそう。替玉利用券で替玉も行かせて貰い、それはもう気がつけば完食だった。いや、博多らしかった。

(左フォト) チャーシューメン/店頭外観 (2010.06.18)


 博多天神 (はかたてんじん) 渋谷南口店

 住所:東京都渋谷区道玄坂1-5-4 TEL03-5489-3730 定休日:無休 営業時間:11:00〜翌3:00

 アクセス:JR渋谷駅ハチ公口下車。渋谷エクセルホテル東急左脇の道を入り、二つ目の左路地
       曲がって30m程進んだ左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP