葉月 東京・雪が谷大塚







先日地元の比較的新しいお店の店主とお話しをした際に、お休みの日には勉強も兼ねてラーメンを食べ歩いている事をお聞きした事があった。

思わず最近行って良かったラーメン店をお尋ねすると、こちらの店名が不意に出て大変に気になる所となった次第だった。その店主が名前を上げるならば、かなり美味いのだろうと確信が出来た。

そんなわけでやや遠方だが出掛ける事にした、師走も後半となって来た水曜日の午前中であった。

総武線電車で秋葉原まで出て、五反田経由の方が電車賃は安いようだったが、京浜東北線電車が快速運転している事もあり蒲田経由でこちらへ向かった。

進行方向一番前の車両で蒲田を降りるとベスト。そんな風にして東急池上線雪が谷大塚駅に到着。駅前の中原街道を左手に歩いて行くと、風情の良いこちらの店頭に着いた。

ちょうど開店まもない時間で、開店前に並んだ先客の方々は全員が店内のようで、誰もいないそうした店頭が待っていた。

いいアングルで店頭を撮影しようと、少し離れてカメラを向けると後続客が一人来られ、 ・・・かくてその方の後ろに着いて待つ事となった。むやみに離れない方がベストだ・・・。

店頭には様々なインフォメーションがあり、「極太麺と動物系魚介スープ、それが葉月のらぁめんです」がそんな中で目立っていて、曜日限定メニューがあるらしく今日は水曜日で鶏そばが提供される日となっていた。

また他店でもたまに見掛ける、小さなお子様お連れの入店お断りの案内も、丁重な文章で綴られていた。通常の麺量が300gのラーメンのこちらで、なるほどしかも極太麺と言う事で、そろそろかなと思ってからしばらく後に先客がパラパラと出てこられた。

店内で待っていた方々がカウンター席に腰掛けたのを見届けてから、寒空で震えそうになる一歩手前の所で前の方に続いて入店した。振り返ると私の後ろには、五人強の後続客がおられた。

券売機がないお店のようで後精算方式らしく、食事を終えた方が支払いを済ませてから外へ出て行った。そんな先客が何人か続いて私の番となり、大崎氏のフォトに気が付いた頃カウンター席に座れた。

ここに着いた時には水曜限定の鶏そばもいいなと頭に過ったが、実はつけ麺と考えてここまでやって来た。しかし最近味を一新したらしく、その麺量300gのラーメンが初訪問では適切だろうと考えがオーダー直前でまとまった。

と言うわけで、その並盛りの味玉らぁめんを選んだ。そして目の前で先客の方が口にする麺が如何にも多加水系だったので、サブメニューであるぶたごはんも行けるだろうと推測ができてそれも一緒にお願いした。

もしそれが低加水系の麺だったら、さすがにそれは考えなかった事だろう。なお六年前にオープンしたお店のこちらで、厨房には年配のご夫婦がおられ、かなり経験が豊富そうでその分また更に期待が高まった。

こちらでもチャーシューはカセットバーナーで炙っていた。目の前にゴツイいくらいの極太メンマがある。トマトを利用したつけ麺が、スタンダードメニューとしてあるこちらだった。程なく到着。

おお、水菜も入ったラーメンで、それが瑞々しさを演出しており、これは美味そうならーめんだ。

それはと行かせて貰えば、それはそれはそれはそれは、もうもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い、いやうんまい。

カエシは白醤油をベースに干し海老・ホタテ貝柱・昆布等と共に、フランスのゲランド塩もを利用して二週間熟成させたものだそうで、スープは丸鶏をメインにしてコラーゲンがたっぷり入っているらしい。

そんな濃厚動物系に数種類の節をプラスさせているそうで、白絞油なのか胡麻油で魚介オイルをヘルシーに仕上げているらしい。

ニワトリ感・魚介感・旨み+甘味感のそれぞれのバランスが実に絶妙で、そこにパスタ等によく利用される硬質小麦のイタリア産デュラム粉を利用しているらしい自家製の極太麺がまた実に良いものだった。

デュラム・セモリナ粉に利用される小麦粉に、着目するとはおそるべしだった。

群馬産の上州豚を利用しているらしいチャーシューは噛めば旨みがジュワジュワ来るし、東北地方の地鶏の卵を利用しているらしい味玉子に、極太メンマもこれまたいい仕事をしていた。

やはり多加水っぽい極太麺だったが、硬質小麦の所為かコシの強さがワンランク違った感じの上、良いスープだけに瞬く間に麺が消えてしまい、そこで口にしたぶたごはんはネギまで一緒に炙っていて、甘辛ダレがまた美味しいもので大変に良かったサブメニューであった。

もう気が付けば完食。本来は定休日の今月28日29日は営業して、31日から年明け5日までお休みだそう。魚介系が流行る中でこれぞと言う程、王道の中に素晴らしい個性を感じずにはいられない美味しラーメンここにあり、であった。


(左フォト) 味玉らぁめん/ぶたごはん/店頭インフォの一部/店舗外観 (2009.12.16)


 和風らぁめん 葉月 (はづき)

 麺量:通常300g/小盛り150g50円引き/大盛り450g150円増し

 住所:東京都大田区雪谷大塚町11-8   TEL03-3727-5958

 定休日:月曜・火曜   営業時間:11:30〜14:00/18:00〜22:00 ※日曜〜21:00

 アクセス:東急池上線雪が谷大塚駅下車。改札を出たら右手に出て前の大通り(中原街道)を左手
       に五分程進んで行った右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP