銀座 ABCラーメン 東京・銀座





まるで秋の虫が雨乞いでもしたかのように曇り空が広がり、JR駅構内の美しい紅葉の大判ポスターにも違和感を感じなかった、涼しさが増してきた九月半ばの水曜日だった。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、雨がぽつりぽつりと闇夜の天空から落ちて来た午後9時過ぎの銀座界隈だった。思わずバッグから折りたたみ傘を広げて進みゆく。

今回、正直に言って銀座でとある中華店を探して彷徨った今夜だった。しかし見つからずに、結局住所の場所に無かった事を確認した。

どうやら閉店してしまったようだ。そんなわけで、それならば近々に訪れようと思っていた、こちらの階段を降りて行った。

ちなみに京橋方面から中央通りを新橋方面へ向かって歩いて行くと、こちらもまた見つからず頭を悩ませたが、振り返って戻ればすぐに見つかり先程の死角に在ったこちらであった。

さて下に到着すると女性が二人椅子に座って待っていたが、ちょうど店内に引き入れられる所で、それを見ていると直ぐにまた出て来て案内して頂き、フロア左手奥のカウンター席に促されてそこに腰を降ろした。

メニューリストを広げると味噌ラーメンが流行ったその昔、ロッジ風の雰囲気の内装のそれに合ったメニューリストがよく用意されていたがまさしくそんな感じであった。

昭和52年に開業した銀座ABCラーメンらしく、その頃ちょうど銀座三越内の大レストランの厨房でアルバイトしており、そんな事を思い出すとこちらは初めてだったが何とも感慨深いものがあった。

店内の雰囲気は何ともレトロチックであり、店舗のビルの前には松屋銀座デパートがあり、すぐ近くには銀座四丁目交差点があるとは思えない風情が良かった。神楽坂にこちらの支店で、「麺スタイルABC」と言う姉妹店がある模様。程なく到着。

こちらイチオシのラーメンだそうで、胡麻の香り迸るスープには黒胡麻が散らされていて、甘味噌に挽き肉にカイワレが乗ったものだった。

ひと口すすれば胡麻スープ風だったので、濃い色した甘味噌を良く掻き混ぜてから口にすれば、これがなかなかのスタンスを持った独特感の高い味噌ラーメン。

太平ちぢれのプリプリした麺が、いい持ち味のスープに絡んでなんともファンタスティック。

それはある意味温故知新的であり、今でこそ時代を感じさせるものがあるものの、反面そんな中にも新しい息吹を感じさせるものがあった。昔風に言えばこれぞモダンなラーメンと言った処だろうか。

1/2チャーハンも中華風でありながら、ヤキメシ的な感覚が混在していてとても良かった。

口にする前は二点で1100円は高いかなと思ったが、後半銀座でなくても納得の美味しさに高いイメージは払拭していた。それはもう気がつけば完食であった。いや、なかなか美味しかった。

精算を済ませて雨の降る外に出てから、もう一度だけ先述の中華店の近くを歩いて見た。裏道に出て見ると一軒の大衆中華店を見つけた。

中を覗くとまだ店主らしき方が奥におられたので、そのお店についてお聞きしてみた。すると随分前に閉店してしまったそうで、移転した話しも聞いていないそう。

明治34年に創業して100年の歴史を持つ中華料理店で、その名は「中華第一樓」と言った。どうやら三年ほど前に閉店してしまったようだった。

(左フォト) 麻醤麺/二分の一チャーハン/店頭外観 (2010.09.15)


 銀座 ABCラーメン

 住所:東京都中央区銀座3-5-5南風ビルB1F  TEL03-3564-2709  定休日:無休

 営業時間:平日11:30〜24:00(LO23:30)/土日祝11:30〜23:00(LO22:30)

 アクセス:東京メトロ銀座線銀座駅下車。銀座四丁目交差点から中央通りを京橋方面に150mほど
       進んだ左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP