博多風龍 ひゃっけんだな店
東京・渋谷 ※2014.8.3閉店

やや強めの南風が、土砂降りの雨雲を運んで来ては何処かの空へ運んで行き、しばしすればまた違う雨雲がやって来て降っては止んでの6月下旬水曜日の正午前だった。夕方までにはそれも落ち着いたようで、今日も仕事が終わって外に出れば、雨降る気配の無い午後9時過ぎの夜の帷が降りた渋谷の街角が広がっていた。

そんな今夜は、未入店だったこちらの支店へ訪問する事にした。都内でもう何度となく見た看板で、こちらに至っては路地の奥にある某店へ行く際に随分前から横切っていた。



そんな事もあって秋葉原店が出来た時は、直ぐ駆けつけたりしたものだった。なんとその秋葉原店のすぐ隣りには、現在こちらのつけ麺専門店が営業しているようだった。

そんなわけで替玉2玉無料で名高い、こちらの店頭にやって来た。券売機が外側にあり、そこで辛味噌とんこつらーめんと言う新メニューを知り、それと明太子ご飯がセットになったボタンを選んだ。

中に入ると、少し前に置かれた冷水の入ったコップが目の前のカウンター席に置かれていて、天の邪鬼でもないだけにそこに腰を下ろした私だった。すぐ近くに本店があり、全店で都内に九店舗体制のこちらだそう。渋谷に本店と知って、こちらかと思えばそうでは無かった。

公式サイトによれば、ワールドカップで日本が決勝リーグに進出すれば、来週の28日・29日にとんこつらーめん500円が300円となる予定らしい。

そこそこだけ、盛況な店内。先客が慣れない口調で、替玉をバリカタでオーダーされていた。目の前の路地に様々な人々が吸い込まれて行く。程なく到着。

博多らーめんを辛味噌風に仕上げた名前通りのラーメンで、チャーシューがさいの目状に切られたものが多めに入っており、こってり加減が何とも今風な雰囲気があるものでいい感じだった。

それではと行かせて貰えば、これが博多らーめんにして辛味噌が何処か札幌をイメージしてしまいそうで、何とも諸国漫遊記的なラーメンと言えた。

明太子ご飯は前半その明太子をおかずにして、後半は調味料卓の辛し高菜と紅生姜をおかずに出来て具沢山にご飯を楽しんだ。

今夜も仕事帰りだけに疲れていたので、替玉は2玉ともカタメで茹でて貰って楽しませて貰った。2玉めはスープがかなり少なかったが、パスタをソースに絡めるようにして何とか平らげた。

気がつけば完食。合えそばらしきメニューもあって気になる所だった。ここに来ると、博多天神と関係があるのかつい聞いて見たくなってしまう。しかし実際お店の方を前にすると、某TVCMの一節が浮かんだ。

「その質問自体が古いと思います。だってこの時代、繋がってない状態の方が少ないわけじゃないですか。…信頼してますよ。」そうかこの事だったのか。(思い込まない)


(左フォト) 辛味噌とんこつらーめん/明太子ご飯/店頭外観 (2010.06.23)


 とんこつらーめん 博多風龍 ひゃっけんだな店       ※公式サイトはこちら

 住所:東京都渋谷区道玄坂2-16-3  TEL03-5269-6805

 定休日:無休  営業時間: 11:00〜翌3:00

 アクセス:JR渋谷駅ハチ公口下車。東急・東京メトロ渋谷駅地下通路に降りて出口1から出たら
       右手に120m程進んだ右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP