覆麺 智 東京・神田神保町

先日東池袋某店を訪れた際に実は比較的近くにある、西早稲田から移転した宗家一条流がんこラーメン総本家に立ち寄っていた。しかし今のそこは宗家の冠も、総本家の位置付けも無く、何よりも肝心の家元の一条安雪氏がおられないラーメン店となっていた。うまくそこの店長さんとお話しをする事ができて、そこら辺の状況を色々とお聞きする事が出来たのであった。家元は何処にいるのかお聞きすると、最近はこの覆麺におられるかも知れないとの事であった。

そう言えば随分前だが某八代目にも確認させて貰った事もあったりして、昨年の七月にオープンしたこちらが、がんこのお店だと言う事は知っていて、現在では多くの方が既にご存じだと思う。その内行こうと思っていたが、以前宿題店のままにしていた。





最後にお台場にあるがんこラーメンは、現在イチ押しで美味しくなっているそうで、是非どうぞともお聞きしてそこを後にした。

そしてそんな折りに人気ラーメン情報サイト千葉拉麺通信の忘年会があり、参加された方からこちらが近々会員制になって、一見(いちげん)さんは入店できなくなる情報を入手した。いや、もう既にそうなっているのではと情報がもう錯綜しており、これは行かねばと堅く心に誓ったその夜だった。

そんなわけでお馴染みの都営新宿線急行電車の乗り、神保町で下車してこちらの店頭に到着。どうやら未だ会員制には、なっていない様子の入口を見て、胸を撫で下ろした。

中へ入ると直ぐに券売機があり、そこで味玉ドラゴン辛味ラーメンを選び、大盛(麺300g)ボタンも連打した。チケットを手渡して、空いていたカウンター席に腰を降ろす。

なるほど厨房の壁には、年明けの1月4日より完全会員制となる内容のインフォメーションがあった。来年からは、完食すると貰える黒帯カードを所持しているメンバーと、メンバーに同伴する人のみしか入店出来なくなるそう。

しかも入り口は目張りをして、開店しても暖簾は掛けないそうで、そうなると暖簾にしか店名がないこちらは、パッと見ではラーメン店が営業しているように見えなくなってしまう。

それどころか店頭の覆面をそのままにしておけば、覆面を販売するお店に見えてしまいそう。(余計な心配しない)

なおこちらは第四土曜に数々の趣向を凝らしたラーメンを提供しているお店らしく、今回の26日はグランドデスマッチと称して、国産アンキモ・酒粕・丸鶏による味噌ラーメンを提供する予定らしい。

また27日から30日をお休みした後、年末31日にもホタテ貝柱と丸鶏による年越しラーメンを提供する予定もあるよう。それでフィナーレを迎え、正月三が日をお休みして会員制がスタートするらしい。

その初日は新春初夢マッチとして、豚ネックとホタテ柱による悪夢ラーメンなるメニューが待ち受けているよう。

厨房の方はなるほど覆面を被っていて、入店して来るお客さんと帰って行くお客さんに向かって「アンガーラ!」と叫び、店内はひたすら猪木ボンバイエのBGMが流れていた。

家元の事をお聞きすると遠くを見るようにして、今頃メキシコの空の下にいる事を教えてくれた。程なく到着。

おお、モヤシがたっぷりと具として乗り、揚げニンニクのようなものが掛かり、醤油色のスープが入ったラーメンがやって来た。がんこを二郎的にしたらこうなるのかと言う、出で立ちに見える感じだ。

それではと行かせて貰えばそれはもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い。鰹節をたっぷり使った感じのスープに、辛さ普通にして貰った辛味量が入ってなかなかの美味しさを誇るものであった。

ドラゴン辛味ラーメンは、標準で温泉玉子とバターが付くようで、味玉付きを選ぶと卵が二個ドンブリの中に泳いでおり、温泉玉子は麺に黄身を絡めながら楽しみ、味玉は味玉らしい半熟加減の食感を楽しむカタチとなった。

揚げニンニクと思ったものは、未確認だがどうやらエシャロットのようなもので、中細の麺は低加水傾向でスープにベストマッチだった。そしてバターは、やはりどんなラーメンにも合う事を理解しつつ、風情の良い和風らーめんで、それは気が付けば完食であった。

いやいや、こちらもまた、美味しラーメンであった。ふと家元が、広大な大地のサボテンの横を、屋台を引いて歩く姿が去来した。


(左フォト) 味玉ドラゴン辛味ラーメン/店頭外観/周辺の神保町交差点※ (2009.12.07)

※一番左のビルの裏通り辺りにあり。


 覆麺 智 (ふくめん・とも)

 ラーメン麺量〜普通盛150g/無料大盛200g/有料(+100円)大盛300g/特盛(+200円)大盛400g

 住所:東京都千代田区神田神保町2-2   定休日:不定休

 営業時間:11:00〜22:00 ※第四土曜〜17:00 ※日曜〜18:00

 アクセス:地下鉄神保町駅A3又はA4出口下車。神保町交差点から白山通りを水道橋へ向かい、
       一つ目の左路地を進んで行った左側。三菱東京UFJ銀行の裏手通りにあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP