熊本ラーメン えんの助 東京・西立川





JR青梅線西立川駅南口周辺にある石神本掲載店へ訪問して、せっかくここまで来たのだからと言うわけで、2004年にオープンした人気店のこちらにも訪れて見る事にした。

そんなわけでその某店を出て、立川南通りを西立川駅寄りへ進んで行った。するとまもなく広大な敷地の東京都農業試験場(東京都農林総合研究センター)が左手に見えて来て、ほのぼのとしたその中の様子を眺めながら通りを歩いて行った。

そうして進んで行くと右手の歩道に、こちらの店舗が風情良く佇んでいた。中へ入って行けば、やはりこちらも盛況な店内だった。

とんこつラーメン店と言う事でやって来たが、券売機に立つとそんなラーメンの他にトン塩ラーメン・地鶏そば・魚介豚骨味ざるつけ麺と様々あった。

そして更に冬季限定とある熱烈担々麺と、秋限定とあるあぶらそばまであって、途方に暮れるほどバリエーション豊富なメニュー群と言えた。

しかしそこはお初の入店と言う事で、ここはセオリー通りとんこつラーメンにしてそのネギ増しを選んだ。ちなみに地鶏そばは鳥取産大山鶏使用らしく、何かと食材にこだわるこちらと言えた。

券売機の右手には冷水器があって、これは理想の冷水器位置と関心していると、通常の冷水の他に麦茶もあり、こちらのラーメンの味を確認する為つい先程のラーメンの油を流すのに打ってつけと、麦茶の方を選んで汲んで飲んだ。

そして空いていた入り口寄りのカウンター席に腰を降ろして、チケットを店主らしき方に手渡してラーメンを待った。しばらくすると先客も厨房の方も、皆さんが何故か私の方に顔を向けて来て驚いた。いったい何故?と思ったのも束の間で、頭上からテレビ音声が聞こえて来てそう言う事かだった。

振り向いて見上げると手相の話題で盛り上がっている番組で、その内容に自分の手のシワを見較べながら見ていると程なくラーメンがやって来た。

こちらもなかなかのビジュアルで美味しそう。とんこつラーメン店と思って来たが、熊本ラーメンのお店だったようで、ラーメンには軽く焦がしたニンニク油のマー油が垂らされていた。

白ネギを削いだ白髪ネギに、小口切りされた青ネギのコントラストに、こちらのレベルの高さがそれで理解出来た。背脂が浮いており、こってりとした感じがなかなか。

それではと行かせて貰えば、狭山立陵チェリーポークをベースにした豚骨スープだそうで、胡麻も利用して臭みを綺麗に消していて美味しいもの。ついつい背脂たっぷりなのに、グイグイ飲んでしまった。

麺は博多系とはまた違った中太に近いもので、これは好みのシフトに昼食2杯目なるも箸の速度が加速して行った。

ランチタイムは替玉が1玉サービスらしいこちらで、通常の白玉の他に辛みが付いた赤玉も選べるらしい。なお学生の方は、終日1玉サービスしてくれるそう。

麺がなくなる頃そんなサービスのお話しを頂いたが、昼食で2杯目である事をお伝えして、可能であれば行きたかったが自重して辞退した。

えんの助と言うとスーパー歌舞伎の三代目市川猿之助が検索でヒットして来るが、店名の由来と関係があるのか定かではない。気がつけば完食。いや、なかなか良かった。

(左フォト) とんこつネギラーメン/メニュー/店頭外観 (2011.01.11)


 熊本ラーメン えんの助

 住所:東京都立川市富士見町3-1-1  TEL042-527-2133

 定休日:年中無休  営業時間:11:00〜14:30/18:00〜23:00

 アクセス:JR青梅線西立川駅南口下車。外に出たら前にある道路を左手に進み、一つ目の右路地
       を入って行く。途中横断歩道を越えて目の前の道を更に直進する。合流路を右手へ行き
       車道に出たら左折して程ない左側にあり。東京都農林総合研究センター入口そば、徒歩
       およそ5分程度。



喜劇らーめん食べ歩きTOP