TOKYO味噌らーめん江戸甘
東京・八重洲 ※閉店




夏の小雨が降り頻っていたかと思えば淡い陽射しが街を照らして、青空が射したかと見上げれば薄暗い空が彼方まで続いていた7月下旬の水曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、不快指数が高い分中央線快速電車の冷房が心地良かった今宵だった。

朝方から夕方までは「麺や七彩」であるこちらで先日朝冷やしらーめんを堪能させて貰ったが、そのレベルの高さに思わずこうなれば江戸甘と別ブランドになる夜も今回行きたくなってしまった。

そんなわけで会社帰り、いつもの御茶ノ水で乗り換えず、終点の東京までやって来た。ごった返した夜の通勤時間帯の東京で、目の前にあったエスカレーターをよく見ずに下まで降りるとこれが北口通路。とりあえず八重洲側の改札を出てから、南側へ向かって歩きこちらの店頭へやって来た。東京駅一番街内の東京ラーメンストリートにある七彩の夜の部のこちらだ。

特にメニューを決めずに券売機に立つと、そう言えばこれがあったかとTOKYO味噌らーめんハイカラのボタンを選び、店頭にいたお店のお兄さんに大盛ボタンの位置をお聞きしてそれを連打。

さっきまで一人が待っていて今しがた中へ入って行き誰も居なくなった店頭の待ち椅子に促されてそこへ着席。しばし座って待っていると、早速入店かと立てばチケットを手渡すだけだった。まだかと更に待っていると、出張帰りのサラリーマンの6人前後の団体さんが続いて、一足早く来て思わず胸をなで下ろした私だった。

そして店内へ促されて着席すると、そう待つことなくオーダーしたラーメンが到着した。なるほど赤い色が強いそんな江戸甘味噌を利用しているらしい、パルミジャーノ・レッジャーノによる粉チーズがたっぷりと掛かった味噌らーめん。

この江戸甘味噌は京都白味噌とほぼ同じ塩分と甘味でありながら、信州味噌等に比較して麹は二倍で塩分半分と言う多糖少塩消化型の米味噌だそう。その熟成期間はたった10日間と短いらしい。

それではと行かせて貰えば麺は先日の 朝冷やしラーメンとそう変わらない太平打ち縮れ麺で、意外とあっさりシフトによる味噌スープの味噌らーめん。モヤシが味噌らーめんらしく、イタリアを代表するチーズの一つであるパルミジャーノ・レッジャーノがひと味違う味噌らーめんを造形していた。

一見ナポリタンやスパゲッティに振りかけられるパルメザンチーズに似ていて、実際それをパルミジャーノ・レッジャーノ風チーズとも表現されているが、その濃厚な風味はそれとはかなり違っていた。チャーシューも美味しいもので、気がつけば完食。いや、かなりとても良かった。

(左フォト)  TOKYO味噌らーめんハイカラ大盛/店頭外観 (2011.07.27)


 TOKYO味噌らーめん江戸甘 東京ラーメンストリート店

 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅八重洲南口地下1階一番街 東京ラーメンストリート内

 定休日:無休  営業時間:江戸甘17:00〜22:00LO ※七彩タイム:7:30〜9:45LO・11:00〜16:30LO

 アクセス:JR東京駅八重洲中央口下車。改札正面右寄りの右手の東京駅一番街入口の階段を
       降りて行くと右手に広がる東京ラーメンストリート内にあり。