天神下 大喜
東京・高円寺らーめん横丁 ※閉店





ふっくらとした低く白い雲が陽射しの元を隠しながら青空に浮遊して、夏風が鳴き始めたばかりの蝉の鳴き声を贈っていた7月半ばの火曜日。

今日も仕事が終わって外に出て帰りの電車乗れば、結構効いていた冷房がとても心地良かったそんな帰り道の電車内だった。

立川へ勤めるようになって、もっと高円寺や阿佐ヶ谷のラーメン店にも立ち寄れると思っていたが、中央線快速電車が西荻窪と共に土日祭日は非停車駅となる為それ程でも無かった。

快速電車の停車駅の隣りのホームには、総武線緩行電車のホームがあって乗り換えれば良いと思った事もあったが、結局おっくうとなってそれ程行けてない状況となっている。

そんな事を考えている内に、トリあえずこちらへ訪問する事にした今夜だった。そんなわけで久々高円寺で途中下車して、高円寺ラーメン横丁へやって来た。

券売機でそう言えば湯島の本店はご無沙汰だなと思った事もあって、本店の人気メニューとも案内されていた特製とりそばを選んだ。

中へ入るとさすがに本店並みの入店客ではないものの、そこそこの先客が入っていたこちらだった。隣りではやや年上のサラリーマンが、以前こちらで食べた剛麺を口にしていた。

まもなく奥の島のカウンター席に居た、私より少し若い感じの先客の元に塩つけ麺が到着していた。そちらにしようかとも思ったが、最近つけ麺が多い気がしたので回避した。程なく到着。

本店の照明の明るさとかなり違うこちらだけに、目の前に来たとりそばもかなり違うビジュアルと言えて、スープの表面は油の所為でキラキラしていた。

それではと行かせて貰えば、そんな感じだけにまた違った味わい。思えば来る度に違うバージョンのとりそばを口にしているような気がする。

ともあれ、店名を統一するようになっただけに、路線的には近いところだろうか。ラーメンは大喜本店と違った面持ちながら、変に比較しなければこちらも実に美味しいラーメンと言えた。

近年流行っているラーメン店が新しいお店を出店する場合、わざと別ブランドを立ち上げて違う系統の違う味わいで展開しているケースが目立っている。

こちらはそんな事も無く、今後もこのスタイルを貫くところなのだろう。それが大喜のスタイルとして確立して行くとまた面白いと思う。

替玉無料サービスがあったので、お願いして愉しませて貰った。気がつけば完食。いや、しみじみと味わえば味わう程に、とってもかなり美味しいとりそばだった。


(左フォト) 特製とりそば/サービス替玉 (2011.07.11)







冬と言う名の1頁を開いて中綴に差し掛かった頃の、北風もあってひたすら寒い日であった1月中旬の木曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、やはり寒い午後8時過ぎだった。

昨日は久々に高円寺らーめん横丁を訪れて、帰りがけにはその横丁を案内する、パンフレットを何気なく無意識の内に持ち帰っていた。

そしていつもよりやや遅く仕事が終わって、立川からいつものように中央線快速電車に乗ってからそう言えばと、そのパンフレットを広げたのが運のツキだった。

パンフレットはスタンプラリーの台紙にもなっているもので、なんと現在こちらでは鶏白湯ジャンクと銘を打った、剛麺なるラーメン二郎を意識したようなラーメンをイチオシしている事をそれで知った。

そんなわけで気になる処となって今夜はこちらにしようと、また高円寺で途中下車して高円寺らーめん横丁に連日来た私であった。

いわゆる処のブルータスお前もか的な、ありがちな台詞が空を過りながらも、名店大喜の分店であるこちらの店頭へやって来た。

店先にはその剛麺を紹介する大きなポスターまで貼られていて、やる気満々である事をその店頭で知る処となった。

そこには分店店主の自信作とした文句で始まっており、最後は二郎系のようで二郎でない、でもやっぱりニンニク入れますか?の一文で締められていた。

券売機の前に立てば豚肉たっぷり100gと謳われた特製剛麺なるボタンが手ぐすねを引いており、ビジュアルフォトまで用意されていた。その怪しい指使いがまるで目に見えるようで、他にも気になるラーメンがあったものの、もう今夜はこれしか考えられなかったものだった。

奥へ進めばそこそこの客の入りで、一番奥の厨房前辺りが落ち着けそうだったので、そこまで行ってから腰を降ろした。ふとカウンターに施されたラインが、何とも優美に見えた夜だった。

厨房からお兄さんが来られたのでチケットを手渡した。ニンニク入れますか?のタイミングはいつだろうと思っていると、「ニンニクに合うラーメンですので如何でしょう」と来て、思わずそれではお願いしますと言うのが精一杯だった。

剛麺の他には、とりそば(あっさり)に、博多とりそばと言うラーメンもあり、替玉を比較的廉価で提供していたり、様々な戦略と工夫が随所に感じられた。そして程なく到着。

まさに鶏白湯ジャンクなラーメン。まさしく二郎系のようで二郎でないと言う表現がぴったりなラーメンがやって来た。

しかし、ニンニクに野菜に太麺にガッツリで、近年他店を意識した様々なラーメンが出没しており、あえてこのカテゴリを総称するならばニンニク・ブルータス系と言うのが適切かも知れない。

ともあれ、なんともどの角度から見ても、上品に見える面白さがあった。それではと行かせて貰えば、口にしてもそのイメージは微塵も変わる事はなかった。

一番上に乗っていたあっさりしてプリプリした豚バラ肉も良かったが、二郎豚をインスパイアしたようなチャーシューの圧巻なる存在感に感動しきりな美味しさだった。

太ストレートの麺も実に風情豊かな面持ちで野菜も多めに入っていて、プライスに二郎スピリッツはあるとは言えないもののその盛りの良さだけは踏襲されていると言えた。

鶏白湯スープは何ともトロンとしていてこれがまた良く、いい盛りながらそんな事もあって気がつけば完食だった。いや、とんでもなく美味しラーメンだった。


(左フォト) 特製剛麺/店頭ポスター/優美なカウンターテーブル (2011.01.13)


 天神下 大喜 (だいき) 高円寺分店

 住所:東京都杉並区高円寺南3-70-1高円寺ストリート2番街B1F

 TEL03-3336-2388   定休日:無休   営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR中央線高円寺駅南口下車。南口を出たら右手に数分進んで行った右手のガード下
       に入り口あり。徒歩およそ2分。






何はともあれ、夏の暑さと湿度に以前よりは順応して来た今日この頃で、見上げれば若干の雨模様も見込まれ曇り空が広がっていた、7月も半ば近くになって来た休日金曜日の午前遅い時間だった。

時に昨年の12月に華々しくオープンした高円寺らーめん横丁へ、以前プレオープン招待のプレス枠で訪問してレポートさせて貰ったが、今月の3日からこちらが「とりそば大喜庵」改め「天神下大喜 高円寺分店」と改称したそう。

そしてそれを期に、とりそばが大幅にリニューアルされて何と麺は極太麺になった事を知った。そんなわけで大変気になる所となり、またお茶の水駅で総武線緩行電車から中央線快速電車に乗り換えて高円寺へ向かった。

特別快速だったので中野で一度ホームに降り、後続の普通快速にひと駅乗って高円寺に到着した。

南口に出てガード下を荻窪寄りに少し歩いた場所に高円寺らーめん横丁の入口があり、そこから入って階段を降りて左側を見渡せば、一店舗の入れ替えもあって新しい体制のフロアーが広がっていた。

一番奥の右手がこちらだ。店頭の大きめのインフォ幕には、「極太清湯新とりそば」と銘が入っていて、極太麺と鶏100%の化学調味料不使用の極上スープと付記されている。そしてさらに、鶏がらや煮干しなど数十種類に及ぶ食材を和食の製法で、しっかり炊き込んだ極上のあっさり芳醇スープと蘊蓄が続いていた。

入り口でとりそばの醤油味と塩味の両方とも極太麺に変わった事を確認してどちらにするか悩んだが、そこは塩味に気持ちが落ち着いてそれを選んだ。

奥の厨房寄りの席に腰を降ろしてチケットを手渡すと、らぁめんは大盛りでも無料らしかったが、次があったのでそこは珍しく並盛りのままにして貰った。

ふと壁を見渡すと、本店よろしくオカメの面が飾られていた。通常のラーメン店にしては盛況な店内だが、名店大喜にして空いている店内と言えた。程なく到着。

もうこれが冴え渡るヴィジュアルのとりそばで、オーラがこれでもかと襲って来るほどに凄いもの。麺が比較的中太との情報もあったが、その仕様が変わったのか定かでないが、店頭にある極太の案内に遜色のない程に太い麺がスープの中で泳いでいた。

それではと行かせて貰えば、実に炸裂する旨さが口内で弾ける音になって聴こえて来そうな程で、なんとも贅沢な味わいに、とにかくもう酔いしれるしかなかった。

やや平打ちの極太ちぢれ麺が、こちらもまた頬の裏を暴れ太鼓のように打ち鳴らし、茹で方が難しい故に流行っては廃れる極太麺の扱いも、さすがそこはやはり大喜さんだけに上の中で収まる程に良かった。

鶏チャーシューも美味で、微塵切りになった春菊が鶏の味わいを高めさせていて、華麗な色合いで無味のメスの鶏油をさりげなく利用する所も流石だった。

並盛りでも多めながら、そこは気がつけば完食だった。いや、なかなかの美味し新とりそばであった。

(左フォト) とりそば/店頭外観 (2010.07.09) ※当日の続きはこちら


  2010.07.09 高円寺らーめん横丁入り口。   2010.07.09 とりそばを極太麺に刷新した事を知らせるインフォ。


※以下は「高円寺 とりそば 大喜庵」時代。




※高円寺らーめん横丁プレオープンレポートT

ジェイアール東日本都市開発が運営する御徒町ラーメン横丁が、高円寺駅構内にもラーメンフードテーマパークとして、明後日の20日からオープンするらしい。

今回プレオープンの招待券を某東京大御所から頂ける機会があり、それは是非と挙手して出掛ける事にした日であった。ちなみにJR船橋駅にもラーメン横丁があるが、そちらは東急レクレーションが手掛けている。

そんなわけで約束の時間より若干早めに自宅を出て、総武線電車から中央線快速にお茶の水駅で乗り換え高円寺駅で下車。南口に出て駅を見上げて、とりあえず駅前を一枚撮影するか立ち止まると、背後から私をハンドルネームで呼ぶ方がおられた。

思わず振り返ると先述の某東京大御所その人で、思わずなりふり構わず駆け出しのADが大物プロデューサーにそうするように深々とご挨拶する私であった。世間話しをしつつ、こちらの入り口に到着。

今回なんとプレス招待枠で入場出来る事となり、その首から掛ける入場証を頂いて、いざ館内へ入場して行った。

なお、少し前からドットコムになった拙サイトだが、話題店辺りをご紹介すると一週間で2000近くものアクセスがそこのページにある事が、付属する解析ページで最近判り驚いている。

ともあれ、今回行ける状況だったので、是非ともご紹介したい次第だった。そんなわけでまず入店したのがこちらだった。券売機で味噌とりそばも気になったが、次のお店もあり濃い味は避けたかったので、うめしおとりそばを選ぶ事にした。

順番を待ってしばし後にカウンター席に腰掛けた。お隣りは同じ招待券で入った方だが、私はよく判らないがかなりの大御所の模様。

他のお店が従来の店名で望んでいるのに対して、こちらだけはその2号店である店名を「とりそば大喜庵」としていた。そこら辺をお尋ねすると、湯島本店とは違った味とコンセプトでこちらは運営して行くそうで、そうした意味から店名を変えたらしい。なるほど。しばし後に到着。

おお、削り節が上に乗っており、湯気と共に揺らぐ削り節から上品なその香りがたまらないものであった。湯島本店とそう変わらないのでは?と、疑心暗鬼になりながらも手を付けて行った。

ところがそれがもう、だった。いやいやいやいやいや、なるほどなるほど、もう美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い、そしてなるほどなるほど、違う違う違う違う違う違う。

その優しい味わいは、まるで重要なファクターを包み隠さずさらけ出しながらも、折り重なる美味みの複雑多面性に言葉さえ失いそうになるもの。

あえて言えば、大喜さんが神奈川淡麗系的な要素を取り入れると、こうなるのではないかと思わせるものが在った。これから何杯も行かなくてはいけないのに、具と麺を気が付けば完食してしまった私であった。いやいやいやこれはもう、新しい哲学が介在していた、かなり美味しなとりそばであった。

(左フォト) うめしおとりそば/店内メニュー/店頭外観 (2009.12.18) ※続きはこちら


  2009.12.18 初めてプレス枠でプレオープン日に訪問した。   2009.12.18 全4店舗が営業するラーメンフードテーマパーク。



喜劇らーめん食べ歩きTOP