つけ麺 大臣 渋谷本店 東京・渋谷



曇り空と晴天の青空が同居して陽射しも陰っては表出し、やや強い風が夏に輝く青葉を揺らしていた7月中旬の水曜日であった。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、午後9時過ぎの乾いたアスファルトの渋谷の街角だった。

そんな今夜は少し前に訪問した宇田川町店の本店にも入店する事にした。何度か店頭を素通りしていたが、今回こそと訪問してみる事にした。

こちらは空海のセカンドブランドとして2007年7月にオープンしたつけ麺専門店で、同じ年の11月に池袋店が出来たがそちらは既に閉店しており、現在は宇田川町店と2店舗体制となっている。そんなわけでまた明治通り左手の歩道を恵比寿方面に進んで歩いて行く。

こちらくらいだと渋谷駅からでもそう遠く無く、途中の人通りも比較的少ないゆえにまもなくして到着した。入店すると券売機のわき腹が見えたので、入ってから体の向きを変えて券売機の正面に立った。

何しろつけ麺が小盛りの230gから特盛りの680gまで同値の680円と言うからちょっと無いつけ麺専門店だ。その盛りの中から宇田川町店では中盛りと言う考えもあったが、今回再考して麺2.5玉570gの大のボタンを選んで、そんな安さならばと特製豚チャーシューのボタンも連打した。

後続が続く店内。店頭前の歩道はそんなに歩く姿は少ないが、ぽつぽつとお客さんが入って来て入口ドアの休む暇が無かった。ちなみにカウンターには、オーダーしたつけ麺を油そばにして楽しむ方法が紹介されていた。

その方法はインフォによると、スタッフにドンブリと特製のタレを申し出て貰うのだそう。卓上の調味料や刻みタマネギに魚粉も入れて様々なアレンジが可能だそう。程なく到着。

つけ汁は見た目にもあっさりした醤油色の汁で、麺はなるほどムッチリした多加水タイプ。器にドサッとそれだけの麺量感があるもの。実際あってもそう見えなければ意味がないものだが、麺から放たれる艶がそうさせているのか、見た目にもなかなかの持ち味がある麺だった。

そしてその上には追加トッピングした特製豚チャーシューが、何と炙られてしかも大きめのチャーシューが200円なのに4枚も乗っていて大盤振る舞いと言えた。

それではと行かせて貰えば、その太麺感が何とも言えない程にいい感じがあり、汁の旨味があっさりながらも、実にしっくりと来る良さがあった。後半になってから刻みタマネギと魚粉の存在に気がつき、シコタマ入れさせて貰ったがこれまた良かった。チャーシューも美味しかった。

気がつけば麺が消えた。スープ割りもいい感じだった。いやこちらも美味し、つけ麺であった。


(左フォト) 鶏醤油つけ麺大+特製豚チャーシュー(汁・麺) (2010.07.14)


 つけ麺 大臣 (だいじん) 渋谷本店  ※公式サイトはこちら

 麺量:小230g(1玉)/並340g(1.5玉)/中450g(2玉)/大570g(2.5玉)/特盛り680g(3玉)

 住所:東京都渋谷区渋谷3-10-12 TEL03-5466-1757 定休日:無休 営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR渋谷駅東口下車。駅前陸橋を上がって明治通り恵比寿方面左手の歩道に降りて
       250mほど歩いて行った左側にあり



  2010.07.14 渋谷警察前から250m程明治通りを歩いて行けばあり。   2010.07.14 つけ麺を油そばにして愉しむ方法あり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP