中華料理 代一元 東京・中野





--------------------------------------------------------------



九州北部を残して東海地方まで梅雨明けを迎えて、関東地方も例年より早く明けそうな声も聞かれて来た7月前半週末の土曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、関東地方まで全ての地域が梅雨明けした事を伝えていた今夜であった。

時に一昔前の夏の麺料理と言えば冷やし中華と言えて、そんな冷やし中華を一年中提供しているこちらで梅雨明けしたその日にたしなむのも乙かなとなって立ち寄る事にした本日だった。

そんなわけで会社帰り、また中野で途中下車してこちらへ向かう。へいぼんが閉店した情報をネットで見つけたのでそこを経由して見ると、なるほどありがちな中華店の店名に変わっており今日は既に早仕舞いしたらしくシャッターが閉まって閉店していた。

そして今回は裏通りの方を通って、こちらまでやって来た。盆踊りが近いのかそんな案内もあった店先の薬師あいロードだった。店内へ入ると先客が一人だけの、またひっそりとした店内。

適当な位置のカウンター席に腰を降ろしてメニューを見て冷やし中華を、と思ったがその隣りにあった冷やしチャーシューメンの文字が気になる処となった。

冷やし中華のチャーシュー増しバージョンか、はたまた冷やしラーメンにチャーシューがたっぷりと乗せたものなのか? 

どちらにせよなんと夢のあるメニューではないかと気づいて、どんな感じなのか聞くこと無くそれの大盛でお願いした私だった。到着までのお楽しみである。後続客が続いて俄かに活気づく店内。

程なく到着。うすうすこんな感じだろうと思ったものに近いもので、冷やし中華のチャーシュー増しバージョンだったが、本来なら短冊切りして乗せられるチャーシューは何とチャーシューメンの麺の上に添えられるようにして多めに横たわっていた。

そこに紅生姜・なると巻き・短冊切りキュウリ・せん切り玉子焼き・浅草海苔・カットトマトも並べられて彩りを添えていた。

さすが一年中冷やし中華を提供しているこちらで、その冷やし中華ダレは掛けられる事なく小茶碗に入れられてやって来た。好みの量だけ掛ければ良いのだそう。普通の中華店の冷やし中華だと濃いタレの割には問答無用で沢山掛けられていて、そんな風に出来ればどんなに良い事かと思ったもの。

これ幸いと少なめに掛けてから行かせて貰えば、つけめんで愉しむ風情にもなってこだわりのタレがまた素晴らしくもあって、実にとても美味しい冷やしチャーシューメン大盛だった。

チャーシューがまたとんでもなく美味しく、気がつけばぺろっと行ってしまった。甘酢に絶妙な醤油感。いや、とんでもなく美味しい本物の冷し中華ここにあり、だった。

(左フォト) 冷し大盛チャーシューメン/店舗前の薬師あいロード (2011.07.09)


 中華料理 代一元 (ダイイチゲン) 中野店

 住所:東京都中野区新井1-14-15 TEL03-3386-7319 定休日:金曜日 営業時間:11:30〜21:00

 アクセス:JR中央線中野駅北口下車。サンモールとブロードウェイの中を進んで行き、外に出たら
       右手へ歩いて行く。一つ目の信号を渡って目の前の薬師あいロードを進んで行った左側
       にあり。


朝方は薄曇りだった空から、淡い陽射しが霧に映した投影機の光りのように街を照らし出していた、すでに6月も最終コーナーとなって来た火曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、雨は落ちて来ずとも湿度が高い今宵だった。

代一元と単に聞いても直ぐに中華料理の店名だとは気がつかなくても、中華料理の店名に代一元と言う老舗店がある事をネットのページが教えてくれれば、若い頃長い間家電外商営業で都内を社用車で廻っていた私にとって、そう言えば何処かで見掛けて一度くらいは入店したことがあるかも知れないとなる。

そんな風に思い浮かぶ程に世田谷区・杉並区・中野区を中心に暖簾分け店が十数店舗今でも営業している中華料理店で、その総本家の代田橋本店はこちらとそう変わらない時期に創業したようだ。

そんな代一元の一店が中野ブロードウェイからそう遠くない場所で営業しているとして、気になる処となって会社帰り寄って見る事にした次第だった。

そんなわけでつい先日も昼間にやって来た中野で途中下車して、サンモールとブロードウェイを抜けて右手に進んで、一つ目の信号を渡って目の前の薬師あいロードをしばし歩けば、左手に風情の良い白い暖簾が掛かるこちらがあった。

何も知らないで歩いて出くわしたら、食べたばかりだとしても、ついつい入ってしまいそうな雰囲気に満ちていた。さすが創業昭和26年の中野店であった。

さっそく中へ入って行くと常連さんっぽい二人の先客がおられ、厨房には比較的若いお兄さんがお一人だけだった。

奥の方がたっぷり空いていて涼しそうだったのでそこまで行ってから腰を降ろした。おもむろにメニューを見てそこから中華そばとチャーハンをお願いする。

若いお兄さんはこちらの三代目だそう。昭和26年創業で間違いないそうで、冷やし中華は冬でも人気メニューの座は揺るぎないものらしく、カレーラーメンもこちらの定番メニューである事を誇らしく教えてくれた。

少ししてから二代目の女将さんらしき方が二階から降りて来られると、私がお願いしたチャーハンを作り始めてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば根っからのラーメン好きにはたまらない味わいの美味しさで、麺はまるで空気を口にしている程に存在感を消す自然らしさを著すものだった。

鶏がら強めのシフトかと思えば、豚骨も充分入る味わい。ぼやきながらも口にしてしまうラーメン食いもきっと納得する事だろう。チャーハンも実に美味しいもの。それはもう気がつけば完食だった。かなり良かった、また訪れたい。

(左フォト) 中華そば/炒飯 (2011.06.28)


  2011.06.28 昭和26年創業の老舗中華料理店。   2011.06.28 冷し中華やカレーラーメンが一年中定番メニュー。