中華そば 代一元 東京・高円寺





薄紫色の藤の小花が垂れ下がり、黄色い菜の花さえ見かけるようになり、赤いつつじの花が主要道路脇で咲き出していた。

そんな風に街は春色に染まるものの、下がり気味の気温にまたコートを羽織って出掛けた、そんな四月卯月後半の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れてからも10度を下回る予報もあってコートを着て出たが、その冷え込みに着て出掛けて正解だったと思った午後七時過ぎだった。

ここ最近高円寺周辺のラーメン店を多く訪れているが、三年前に中野店へ入店して昨年は代田橋本店にも足を運んだ代一元が、南口駅前の通り沿いで営業しているのを目にして実は気になっていた。

一年中冷し中華を提供しているそんなこちらだが、ちょうどあっさり気分の中華そばに風情のいいチャーハンを口にしたくなったこともあって、そちら目当てに仕事帰り立ち寄って見るかとなった。

そんなわけでまたしても高円寺で途中下車して、南口に出て駅前ロータリーから程ないその店頭へやって来た。中華料理の冠が、こちらでは中華そばとなっている。

何度か行き過ぎた店頭だったが、こうしてまじまじと店先を見たのは始めてで、さまざまなアピールをした案内が所狭しと貼られていた。

さっそく入店すると、そこそこに盛況なフロアが広がっていた。中ほど奥寄りのカウンター席に腰掛け、メニューを確認してから中華そばと小チャーハンのセットメニューをお願いした。

代田橋本店も中野店も昭和26年の創業だが、さりげなくこちらの高円寺店は開業してどれほど経つのかをお聞きして見た。すると昭和63年に創業したことを教えてくれた。

そこでつい「すると平成の年数と同じ営業年数ですね」と返した。「そうなんですよ」と少し驚いた表情を見せながらその返事が返って来た。

昔勤めていた秋葉原の中堅家電量販店に転職したのがその年の今頃で、そこを退職するまで平成の年号がそこでの勤務年数だっただけに直ぐ気がついた次第だった。

ふと見ると目の前には高円寺びっくり大道芸2014を紹介するプログラムがあった。思わず手に取ってぱらぱらとめくってその内容を確認した。阿波踊りだけでない高円寺で、そんなこれから行われるイベントも紹介されていた。

なおメニューリストを良く見ると、お持ち帰りメニューも多めにラインナップされていた。またアルコールメニューが、一つも無いこちらであった。程なく到着。

中華そばは、油がスープの表面にあまり浮いていないのだろう、湯気が多めに立ち昇っていた。大きめの煮豚が一枚横たわって、海苔と刻みネギが添えられていた。

そして小チャーハンは、小茶碗に盛られてやって来た。こうした小茶碗に盛る店は事前に炒めた場合が少なくないが、こちらはこうした量でも丁寧に一からしっかり炒めており出来立てがやって来た。

それではと行かせて貰えば、希望通りの中華そばとチャーハンの味わいがたまらないもの。思わず今夜はここに来れて、ああ良かったとしみじみと思った。

それにしても、中華そばもチャーハンも薄すぎず濃すぎずの実に絶妙な味わいと言えた。

気がつけば完食。いや、ありそうでない、なんともしみじみとした素敵な風情が、かなり果てなく絶大にとても良かった。

(左フォト) 中華そば/セット小チャーハン/店舗と周辺 (2014.04.19)


 中華そば 代一元 高円寺店

 住所:東京都杉並区高円寺南4-27-7  TEL03-3311-8659

 定休日:不定休  営業時間:平日土曜11:30〜20:00◆日曜11:30〜16:00

 アクセス:JR中央線高円寺駅南口下車。右手に出て前方の通りを左手に進んで横断歩道を渡って
       行きロータリーを越えたまもない道路沿いにあり。

.

JR高円寺駅南口ロータリー右奥道路沿いにあり。

色々な案内が目移りする店先となっていた。

もうすぐ高円寺ではびっくり大道芸2014は開催される。

チョイ得セットを選ぶと、いいかも知れない。

一年中冷し中華が愉しめるそんな代一元だ。

お持ち帰りメニューも、豊富に用意されていた。