天然豚骨醤油らーめん 玉 超大吉
東京・御徒町





朝からエアコンディショナーの室外ユニットから出る、風で草花が揺れていたそんな暑い日々が続く七月文月下旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、蒸した夜風で今夜も熱帯夜かと気づいた、ともあれ夏色煌めく午後七時過ぎだった。

昨日御徒町某店を訪れ、そう言えばこちらがオープンしていたとその店頭を見て気がつき、他に候補店があったもののその引力に負けて店頭へやって来た。

昨日訪れたラーメン店の直ぐ傍に、2013年12月27日オープンした、玉グループ最新店舗となるこちらのようだ。

そう言えば年明けまもない頃2012年10月5日にオープンした川崎ラゾーナ店を訪れたものだが、玉グループもこちらを訪れてコンプリートとなるようだ。

オープン順でその他の店舗を綴れば2008年7月11日に創業した本店、2009年11月20日オープンの三三七本店、2011年1月21日オープンの.赤備、2011年11月25日オープンの三三七大森となる。

さっそく入店すると比較的広い店内ながら、座る席が無く満員のフロアが広がっていた。

券売機で味玉つけめんのチケットを購入して振り返ると、外で待つよう促されてそれらしき場所でしばし席が空くのを待つ身となった。

入店した時からまもない後続客の方と一緒に並んで、程なく来たお店の方にお二人ですか?と尋ねられたのでそれぞれが単身客であることを告げた。

チケットを手渡すと大盛りが無料だそうで、今回その大盛でお願いした。程なく先客が数人帰って行かれ、下げ膳が済んでから空いたその席に腰を下ろした。

それにしてもブランド毎に味が変わる玉グループだけに、その味わいがどう違うのか気になるところだった。程なく到着。

たまたま手元に刻み玉ネギが無かったようで、さりげなくお店の方が手前に多めに盛られたそれを置いてくれた。

撮影を済ませてから、それを手に取り多めにつけ汁へ投入。刻み玉ネギをこうして用意するお店が増えているが良い傾向だと思う。

それではと行かせて貰えば、濃厚豚骨醤油に秘伝の醤油だれに昆布の旨味を効かせたものらしく、それはもうかなり素敵な美味しさに唸ることしきりの味わいがたまらないもの。

魚介ダシを効かせた同じグループ店もあるが、こちらではそんな魚介ダシを使わないこだわりを見せている様子と言えた。

店頭に天然豚骨醤油の冠文字が躍るこちらだが、それはもちろん業務用スープ不使用の一から作り上げた豚骨スープを意味するところなのだろう。

三河屋製麺製らしい平打気味の不均一な太さの麺が、また風情の豊かさが輝くもので先ほどまで熱帯夜のうっとうしさに辟易していたことさえ忘れるほどだった。

さりげなく添えられたチャーシューもかなり素敵で、スープ割りもかなり美味しく、気がつけば完食。それにしても超大吉とは何ともお目出たく縁起の良い店名と言えそう。

実際に都内新橋周辺に鎮座する烏森神社のおみくじで存在するらしい。いや、かなりとんでもなく絶大に果てなく、もう実に途轍もなく素晴らしかった。

(左フォト) 店舗遠景/味玉つけめん大盛(汁・麺) (2014.07.26)


 天然豚骨醤油らーめん 玉 超大吉 (ギョク チョウダイキチ)

 住所:東京都台東区上野6-6-4  TEL03-5817-8867  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:11:00〜22:00

 アクセス:JR山手線御徒町駅北口下車。上野駅に向かって右側ガード下の駅前通りを歩き、
       三つ目の右路地を曲がりしばらく進んだ右側にあり。

.

刻みタマネギがカウンタトップに用意されていた。

卓上調味料もさまざまなものが置かれてあった。

2013年12月27日オープンした玉グループ店の一つ。