NOODLE BAR BUGSY 東京・渋谷 ※閉店





また春が加速していた、5月初日の土曜日だった。今日も仕事が終わって外に出れば、午後8時過ぎのネオン煌めく夜の渋谷界隈であった。

今回のラーメン店は、数ヶ月前に買っていたラーメン本に掲載されていたお店で、激戦区毎にラーメン店を紹介している企画の中に渋谷地区もあり、実はそこに載っていて訪問したラーメン店も既に紹介していたりした。

しかしこちらはやや駅から歩くのでまだ行ってなかったが、土曜日なら大丈夫だろうと今夜立ち寄ることにした次第だった。

そんなわけでまた渋谷109前を左手に進んで行き、多少歩くものの坂道も緩やかで、思ったほど時間も掛からずに店頭へ到着した。それは渋谷と言う名の都会を意識した感じで、周辺の街並みに溶け込んでいたラーメン店であった。

以前は現在店舗入口左手にあるような案内幕がなかった感じで、おそらくあまりにもラーメン店らしからぬ感じになっていたのか、現在のような店頭で落ち着いていた。

こちらも外に券売機があった。ちょうど4人のグループ客がおられ、そこで順番にチケットを買っていた最中だった。

それをやり過ごしてから券売機の前に立ち、特に決めてなかったが前情報があったので、そんな事を参考にしつつ、ラーメンを選び、チーズのボタンも連打した私だった。

店内に入って行くとカウンター席の奥に促され、座る前にチケットを手渡して百円も渡して大盛りをお願いした。そして一度そこに腰を落ち着けたが、他に何か追加するかとまた立ちあがり、店頭の券売機で半熟煮玉子を更に買って追加で厨房の方にお願いした。

店内は店頭のインフォ幕を忘れてしまいそうな程これがお洒落で、ガラス窓から見える渋谷の街角に馴染んでいた店内の調度品であった。

まもなくラーメンが出来る頃、モッツァレラアチーズがスープの上に散らされたかと思うと、カセットバーナーを店主らしき方が手に取り、勢いのいい火が噴き出してラーメンドンブリのそのチーズを炙っていた。程なく到着。

おお、何とも風情のいい色をした豚骨醤油のスープの上に、とろけたチーズが実に美味しそうに照明に照らされてキラキラしていたラーメンであった。

鶏ガラ・ゲンコツ・バラ骨・昆布に数種類の野菜類とフルーツ類を利用したスープだそうで、中太縮れの麺は丸山製麺さんの特注麺らしく、そのオリジナリティ溢れる質感を見事に表していたものだった。

少し前に同じ渋谷の店でチェダーチーズが入ったラーメンを食した時にもお伝えしたが、チーズはグルタミン酸が豊富に入っており、その所為なのか不思議な程にこちらのラーメンにも合っていた。

味玉子や海苔も大変美味しく、後半になってからカウンタトップにあった、擦り生生姜を数匙入れて見たが、実にこれが合っていて愉しめた。こちらのラーメン店は昨年の6月にオープンしたばかりだそうで、8年前に富山県富山市内で創業したお店の支店だそう。

今まで味わった豚骨醤油とは何処とも違うもので、ライトな一面を見せるスープながら、モッツァレラアチーズをトッピングさせる手法を取り入れるだけでなく、なかなか説得力のある面持ちがあり、濃厚な豚骨醤油が流行る中でマイルド系のいい持ち味を魅せていた豚骨醤油ラーメンであった。

気が付けば完食。いや、新しい風が駆け抜けていた、そんな道玄坂上のラーメンであった。

(左フォト) ラーメン大盛+モッツァレラ+半熟煮玉子/店内/店頭外観 (2010.05.01)


 NOODLE BAR BUGSY [ヌードル・バー・バグジー]

 住所:東京都渋谷区道玄坂1-22-8-1F  TEL03-6427-8510

 定休日:日曜日  営業時間:11:30〜15:00/17:30〜22:00

 アクセス:JR渋谷駅ハチ公口下車。渋谷109前のY字路を左手へ550m程進んだ左手にあり。
       又は京王井の頭線神泉駅南口下車。国道246号に出て渋谷109方面の道に入ってすぐ
       右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP