らー麺屋 バリバリジョニー
東京・小岩





台風15号が速度を上げて当初の予定より早く関東へ到達しそうで、朝方の番組等でニュースとしてそう告げていた、そんな9月も下旬となって来た水曜日の午前遅い時間だった。

昨日何気なくmixi(ミクシィ)を開くと、マイミクの店主さんがこちらの限定をベタ褒めされており、そう言えば行こうと思いながらもまだだった宿題店だけに勝手に煽られて今回出掛ける事にした。

葫@行徳で修行経験がある店主が、2009年7月29日にオープンさせたラーメン店のこちらだそう。そんなわけで台風の影響が午後からありそうな状況のなかを総武線緩行電車で小岩にやって来た。

既にやや強い風が街を駆け抜けていて、時折り小雨が降ったかと思えば止んでを繰り返していた。

蔵前橋通りに出て横断歩道を渡ってから左手へ進んで行き、その先のY字路を奥戸街道側へ歩いて行った場所にこちらが風情良く佇んでいた。さっそく店内へ入ると、直ぐ左手に券売機が鎮座していた。

そこで予定通りお店のお姉さんに確認しながら自然派レストラングレイトさんの無農薬の生姜と自家製麺を利用したと言う、9月限定のバリバリジンジャーつけ麺のボタンを選んだ。

店主がおられるそばのカウンター席へ腰掛け、少し間を置いてからさりげなく店主に話し掛けて世間話しに花が咲いた。

やはり葫のご出身だそうで、その関連店である北綾瀬にある波(シー)にもアルバイトでおられた事があるそう。程なく到着。

まさしく醤油のつけ汁にジンジャーがバリバリのつけめんながら上手くまとまったもので、グレイトの蕎麦の風情を感じる麺がまたいい感じで旬の野菜がまた美味しかった。それは気がつけば完食だった。

ふと思った事はデフォルトメニューと明らかに著しく違う限定で、量的にも標準で普通の麺量にこれはもう少しいけそうと言う事で、それならばデフォルトのしょうゆのラーメンも行ってしまえとなった。

そんなわけであらかじめ店主にそうする事を申告し、再度券売機の前に立ってそのチケットを購入。

周囲の後続客の方々には、おそらくきっと替玉かサイドメニューのチケットを買い足すような仕草に映ったことだろう。

と言うことで醤油のラーメンの方も、そう待つ事もなくやって来た。手をつけようとすると、店主から葫のラーメンとは違う味わいになっている事を教えてくれた。

それではと口にすればなるほどカエシが全く違うもので、意図的に脂分を取り除いたらしくオムコ東日本によるエレン整水の効果もあってか、実にまったりとした味わいが素晴らしいもの。

醤油のカエシは2種の醤油を利用したそうで、そのセンスもなかなかと言えた。鶏の味わいが強めで豚骨と野菜も利用しているスープだそう。

具材が多いと思っていたら2杯目のラーメンと言う事もあってかサービスして頂いたそうで思わず頭を下げて御礼の言葉を返した。

夜の部になるとスープの濃度が高まるらしく、また違う味わいになるそうでお奨めらしい。醤油ラーメンもまた気がつけば完食。

いや、とんでもなくかなりとってもバリバリに良かった、そんなバリバリジンジャーつけ麺とバリバリラーメン(しょうゆ味)だった。


(左フォト) バリバリジンジャーつけ麺/バリバリラーメン(しょうゆ味)/店頭外観 (2011.09.21)


 らー麺屋 バリバリジョニー       ※公式サイトはこちら

 住所:東京都江戸川区西小岩3-11-19遠田ビル1F  TEL03-5694-3719

 定休日:月曜日※祝日の場合営業して翌日休み  営業時間:11:00〜14:30/18:00〜23:00

 アクセス:JR総武線小岩駅北口下車。蔵前橋通りに出て横断歩道を渡ってから左手へ進む。奥戸
       街道へ入ってから200m強進んだ右側にあり。徒歩およそ7分。



  2011.09.21 蔵前橋通りから奥戸街道へ入って行くとあるお店。   2011.09.21 店内は広く落ち着いた内装でゆったり出来そう。



喜劇らーめん食べ歩きTOP