東京豚骨拉麺 ばんから 東京・渋谷 ※閉店



どこか初夏へ誘うような都会の風が穏やかに駆け抜けていた、今日も午後9時過ぎの夜の渋谷の街角だった。いわゆる所の夏風邪気味の体調が続く昨日今日で、それなら今日はどうするかとなった。

そこで誰もが浮かぶのが、やはりガッツリで駄目ならコッテリである。ラーメン食べてないで早く家に帰って寝なさいと言う向きもあるが、それでは喜劇らーめん食べ歩きが始まらない。

そんなわけで、まだ未訪問だったこちらの前を通り過ぎれば、特濃の文字に思わず立ち止まり、今夜のラーメンがそこで決まった次第だった。

味噌屋せいべえも営業する株式会社花研が、初めて展開したのが平成10年2月にオープンしたこちらのブランドの池袋本店のようで、ちなみに松戸にある「しゃかりき」も同じ系列店のようであった。

さて右手にあった券売機で特濃味玉のボタンを押し、奥へ入って行くとカウンター席は数人しか座っていなかったが、手前の入り口寄りのカウンター席に戻す位ならと思ったのか、定かではないが左手にあったテーブル席に促されてそこへ腰を下ろした。

麺量を確認させて貰うとそう多くは無い事が判ったので、大盛に変更して不足分を支払った。後続が続いて活況になって行く店内。冷水の冷たさに喉がうるおう。

ふと壁を見るとこちらもまた、ちょうどオーダーした特濃ラーメンの味を最近リニューアルしたようで、より洗練さが増したと言った所だろうか。程なく特濃。

おお、それはそれは見るからにコッテリしており、これはいい風情に満ち溢れていた。

それではと口にすれば、これが「土佐っ子」的シフトが垣間見られながらも違う息吹も感じるラーメンに、思わず「やられた」と言った所であった。

2種類に炊き分けた背脂をたっぷり入れた「ばんから流脂多め味濃いめ」だそうで、仕上げに自家精製ねぎ油を高温のままジュワッと垂らしたガツンと来る逸品と言うことらしい。

なんともクセになりそうな味わいで、マー油っぽいねぎ油と背脂が絡むヤワメの麺の風合いが良い意味で面白かった。もう気が付けば勢いで完食であった。これは、なかなか良かった。

(左フォト) 特濃味玉大盛/店頭外観 (2010.05.17)


 東京豚骨拉麺 ばんから 渋谷道玄坂店       ※公式サイトはこちら

 住所:東京都渋谷区道玄坂2-28-2GMビル1階  TEL03-3461-3002

 定休日:年中無休  営業時間:11:00〜翌6:00

 アクセス:JR渋谷駅ハチ公口下車。東急・東京メトロ渋谷駅地下通路に降りて出口1から出たら
       右手に50m程進んだ右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP