中華料理 梅蘭 東京・渋谷





昨夜は周辺に雨雲が散見されたようだが、雨粒を見る事もなく今日も穏やかな天候のようだった、5月も最終コーナーの出口近い日曜日であった。

そんな今夜は先日訪問して良かったこちらの焼きそばを、以前社内の方にお話しする機会があって、如何に良いかつい力説をした事があった。

すると是非口にして見たいとなって、もう一人加わり、三人で訪問する事にした次第だった。

今夜そんなわけで入店して、三人して梅蘭やきそばをオーダーした。盛況な店内。後続客もやはり梅蘭やきそばをオーダーした様子だった。程なく到着。

今回は特製でなくデフォルトの梅蘭やきそば。と言っても見た目は当然のことながら同じで、箸で割っても見た目だけはやはり然した違いはなかった。

それではと行かせて貰えば、これが実に風情が豊かで面持ちがいい麺に、仄かに上質感のある卵の味わいが感じられるもので今日もやはり良かった。

そんな麺を割って中を覗けば、そこには甘辛の餡に絡められた肉や野菜が、まるでジュエリーBOXから取り出した宝石のようにそれはキラキラと輝いていた。

そうした麺と具をよく箸で馴染ませてから頬張れば、うま味冴え渡る具材と調味料バランスに、これまた今日も穏やかな至福のひとときが過ぎていた梅蘭の店内であった。

普通盛りでも結構多めな量で、満足の行く美味しさの中、やはり気が付けば完食だった。デザートが欲しくなって、それなら杏仁豆腐を皆で更に愉しもうとなって追加オーダー。

やって来た杏仁豆腐も、横浜中華街の中華飯店らしい美味しいデザートで、食感ともども満足出来たものであった。

最近杏仁豆腐を提供するラーメン店も多くなって来たが、弾力がありながら中華の王道感のあるものは少なく、今回の杏仁豆腐はこれぞ中華デザートと言うものだった。

前回初めて訪問して御兄弟それぞれが同じ店名で中華料理店を営業している旨お伝えしたが、それではこちらサイドは兄弟のどちらが運営しているのか気になっていた。それで今回さりげなく料理を運ぶお姉さんに確認して見ると、お兄さんの方が運営しているこちらサイドの梅蘭であった。

コースメニューも豊富に用意しているこちらのようで、手軽に楽しめる2100円の飲茶コースがあったり、梅蘭やきそばを織り込んだ数々の料理も3150円の松コースから7350円の蘭コースまで4タイプあり、様々なシーンで活用できるスタイルを用意していた。

創業20年の横浜中華街の味が、ここ渋谷でも愉しめるのはやはり有難いと思う。

(左フォト) 梅蘭やきそば/杏仁豆腐 (2010.05.30)


降り止まぬ冷たい雨が仕事帰りの午後9時過ぎでも、変わらずに降りしきっていた4月下旬木曜日の夜の渋谷であった。そんな今夜は、つい先日になってこちらが渋谷にあることを知り、それならばと訪問する事にした。横浜中華街にある有名な中国料理店で、表面を麺で焼き固めてそれを開けるとトロリとした具材と柔らかい麺が顔を出す焼きそばを提供する店で知られている。




10年以上前から上海料理の名店として知られていて、ここ数年たまにテレビで横浜中華街の特集があるとよく紹介されているので、店名は知らなくても焼きそばの画像で気がつく方も多いはずである。

そんなわけでまた渋谷駅前から渋谷109を左手に進んでまもなく、こちらの店内が掲げられたビルの前に到着した。ラーメン店が多く乱立している周辺だ。

少し奥に入れば入口があり、中を覗けば周辺の中華料理店とそう大差ないものの、盛況な店内のこちらであった。入店して単独客を示す指を人差し指で表すと、二人用テーブル席へ促されたのでそこに腰を下ろした私だった。

メニューを広げるとそこは冒頭に一押しの「梅蘭やきそば」が幾つかのパターンで用意されており、そんな中から「梅蘭特製炒面」と記されて、牛肉入り辛口梅蘭やきそばと付記されていたそれをオーダーした。

確かこちらの系列の中華街のお店に一度だけ入店した記憶があるものの、当時焼きそばが名物と知らず口にしないで帰ってしまい、その後で機会があれば是非それを食してみたいとずっと思っていたメニューだった。久々にネットで店名を見て、それを思い出した。程なく到着。

なるほどなんともインパクトのある焼きそばで、これは一度見たら忘れないビジュアル。箸を使って中を覗けば、まさしくトロトロの餡の具材が直ぐに顔を出した。

それではと行かせて貰えば、研いだ卵を利用して蓋をした感じの焼き固めたカタ焼きそばと、その下の具材と柔らかい麺夫々を絡めて食すとこれが実に美味しく、なるほどこれが名店の有名な梅蘭焼きそばかと感動モードにスイッチが入ってその箸が止まらなかった。

今回は通常の梅蘭焼きそばと違って、牛肉をピリ辛の味付けにしたものだが、野菜も多めに入って辛さもその野菜の所為でそこそこで牛肉も柔らかく大変に良かった。気が付けば完食だった。

国鉄が分割民営化されて現在のJRになった昭和62年に横浜中華街で開業したこちらだが、先代の店主がどうやら6年前頃に残念ながら逝去されてしまったようで、現在は御子息の兄弟が夫々にこの梅蘭の店名で上海料理店を運営しておられるらしく、その関係でもう一つの公式サイトがあった。いや、それにしても、美味し横浜中華街「梅蘭」の焼きそばであった。

(左フォト) 牛肉入り辛口梅蘭やきそば/中を開けた拡大画像 (2010.04.22)


  中華料理 梅蘭 (ばいらん) 渋谷店   ※公式サイトはこちら

 住所:東京都渋谷区道玄坂2-9-10松本ビル1F  TEL03-5489-0866

 定休日:無休  営業時間:11:30〜23:30(LO23:00)

 アクセス:JR渋谷駅ハチ公口下車。渋谷109前のY字路を左手へ80m程進んだ左手にあり。



  2010.04.21 ビル入口に浮かぶ、こちらの店名看板。   2010.04.21 名店・梅蘭が、渋谷にもある時代。



喜劇らーめん食べ歩きTOP