あたりや食堂 東京・秋葉原


初訪問の時に撮影させて貰った丸大豆醤油。

カウンターに貼られたメニューリスト。

壁面に掲げられたその昔の創業時のフォトと案内。

カウンター周りにあった薀蓄インフォ。

ニンニクをお願いすると、無料で刻んだ生ニンニクが来る。

店頭のお願いランキングで紹介されましたインフォ。





-------------------------------------------------------------




昨夜の雨も幻であったかのように澄んだ青空から陽射しが注いで、秋の気配が異常気象が続いた夏の分だけ薄らぐものの、ともあれ祭日秋分の日の九月長月下旬の火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、秋分らしい夜風が夏の轍を拭うごとくそよいでいた、そんな午後七時過ぎだった。

こちらもまた秋葉原が勤務先ならば寄って見るかとなって、今夜こそとその店頭へやって来た。

以前は無休で中休み無しの夜九時営業だったが、現在は定休日が日曜日と落ち着いたようで、平日は中休み有り夜十時営業、土祝は中休み無しの夜八時営業となっていた。

さっそく入店すると、常連さんらしき先客が数人の、そこそこ盛況な店内が広がっていた。一番手前のカウンター席に促されて、そこに腰掛けてメニューリストを手に取った。

初訪問の前回はこちらのウリである汁なしピリ辛正油あんかけ麺の雷々麺にオムレツも愉しんでおり、今回は違うメニューにして見るかと考えていた。

そこでメニューリストから、鶏白湯宮崎らーめんに、チャーシュー追加トッピングも一緒にオーダーすることにした。

宮崎の本店は、弟さんが営業しているのだそう。以前こちらに居たお姉さんは宮崎に帰ってしまい、今は本店の方におられるらしい。

宮崎の店は都城市の中町で営業しているが、牟田町の繁華街の周辺に在るだけに牟田町のラーメン屋さんと呼ばれているようだった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば良き昭和の風情が香る、そんな豚骨系の久留米らーめんにも似た持ち味が素敵なもの。

青ネギにモヤシが、やはりなんとも都内ではあまり見ないビジュアルだけに魅力的に映った。そしてトロンとした、チャーシューがまた良かった。

生ニンニクを鶏白湯ラーメンに入れるといいような案内があったので、お聞きして見ると是非どうぞとなったので、無料らしくそれならばとお願いした。

その刻んで来た生ニンニクを後半になってから若干だけ入れて見たが、なるほど実に良い風合いが感じられるものだった。

雷々飯をミニサイズにして、このラーメンを付けるようなセットメニューがあるといいなと思いながらも、気がつけば完食だった。いや、やはりなかなか風情良く、素敵で良かった。

(左フォト) 鶏白湯宮崎らーめん+チャーシュー (2014.09.23)


 雷々麺とらーめん あたりや食堂 秋葉原店

 住所:東京都千代田区神田須田町2-15-3 215ビル1階  TEL03-5298-2557  ※公式サイト

 定休日:日曜  営業時間:平日11:00〜15:00/17:00〜22:00◆土曜・祝日11:00〜20:00

 アクセス:JR秋葉原駅下車。昭和通りまたは中央通りを神田方面へ進み、神田川を越えた先の
       路地を入って行った場所にあり。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら


秋葉原に地方老舗店の青島食堂がオープンして久しいが、またそうした地方老舗店の支店が秋葉原の地に開業したらしい。

こちらは昭和23年に創業したJR日豊本線西都城駅周辺にある「あたりや」と言うお店の都内進出店だそうで、こちらオリジナルの汁なしそばである雷々麺がウリらしい。

ネットの前評判によれば、水戸スタミナのように餡が掛かるものらしい。

先日は店舗を撮影する為だけに店頭へ立ったが、結局気になる処となって今回連食後半戦の店としてこちらへやって来た。

そんなわけで末広町某店を出て、中央通りを歩いて万世のビル前の道を左折して進んでやって来た。早速中へ入ると席の数が多い店内で結構流行っている様子だった。

奥にもカウンター席があったのでそちらまで進んでから腰を降ろし、メニューを一応見てから予定通りにこちらイチオシの雷々麺をお願いした。

するとトッピングメニューの中に、ラーメン店ではあまり見ないオムレツなるメニューがあった。

雷々麺のご飯版らしい雷々飯にお奨めのものらしいが、宮崎では雷々麺に入れる方も多いそう。興味を引かれてそれもお願いする事にした。

お祖父さんが屋台を宮崎県都城市内で引いて、戦後の物資が不足している中でウドンに野菜が入った餡を掛けたものが最初だった雷々麺だそう。

オムレツは二代目が始めた提供メニューらしく、十数年前から始めたトッピングらしい。

都城の本店は元旦から営業しているそうで、大抵その翌日の二日がいつも最高に忙しい日になるらしく500杯近く出る時もあったそう。

そのオーダーのかなりの数は雷々麺となるらしい。程なく到着。

なるほどザク切りのタマネギにニラや挽き肉がたっぷり入った餡が掛けられたもの。それではと行かせて貰えば、水戸スタミナと言うよりもジャージャー麺に近いもの。

現在の麺はチャンポンの麺を利用しているらしい。ニンニクが香って来る仕様で、なかなか美味しいものだった。

オムレツもふわっとしたもので合っていて良かった。気がつけば完食。いや、けっこう良かった。

(左フォト) 雷々麺+オムレツ/店頭外観 (2011.08.08)