亜寿加 東京・渋谷



曇り気味の空から数滴だけの雫を感じたそんな午前の遅い時間だったが、仕事が終わって午後9時過ぎの渋谷の街角に出れば、まとまった雨が梅雨時のように只々降り続いていた、そうした5月下旬の水曜日だった。

そんな今夜は渋谷駅西口周辺にある桜通りの比較的そばにある、こちらにも訪れて見ようと傘を指しつつ店頭へ到着した。場所がいい事もあって、いつ店内を覗いても盛況なこちらだ。中へ入って行くと、左端の落ち着けそうな場所が空いていて、特に促される事も無かったのでそこに腰を降ろした私だった。

そしてメニューから四川辛口排骨担々めんをオーダー。担々麺がイチ押しメニューらしく、ネットでもそんな案内が多いラーメン店であった。確かに先客や後続客も、それに類するオーダー品が多かった。程なく到着。

メニューに小ライスがサービスとあったので、担々麺が来た時にお願いすると、直ぐにそれも持って来てくれた。カウンタトップには高菜のサービス惣菜が置いてありそれも自由に乗せていいそう。

今しがた揚げて油から出したばかりのパーコーを、サクサクと見事な早業で包丁で切ってからドンブリの上に乗せ、青梗菜のいわゆるチンゲンサイが多めに添えられてやって来た。それにつけてもパーコーが大きめで、これは美味しそうだ。

それではと行かせて貰えばスパイスが利いたパーコーがやはり美味しく、カレー粉をまぶして揚げているそう。中国料理店のノウハウが入った中華醤油スープに、四川風味でラー油に練り胡麻を若干だけ利かせているタイプだった。

少しだけ独特な苦味を感じるものの、それは風情豊かな美味しさだった。細ストレートの麺は、喉ごしのいいタイプながらコシが強い分個性が出ているもので、どことも違う感性に自家製麺とも取れる感じがあった。

辛味が適度な分スルスルと箸が進んで行き、やはり気がつけば完食だった。精算時に麺についてお聞きすると自家製ではないそうで、矢辺製麺と言う所で作って貰っているそう。いや、良かった。


(左フォト) 四川辛口排骨担々めん/店頭外観 (2010.05.26)


 亜寿加 (あすか)

 住所:東京都渋谷区桜丘町2-11荻野ビル1階 TEL03-3461-3383

 定休日:日曜・祝日  営業時間:11:00〜23:00※土曜〜21:00

 アクセス:JR渋谷駅西口下車。左手にある歩道橋を上がり国道246号の向こう側へ行き、左手の
       階段を降りた場所にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP