昭島大勝軒 東京・昭島



せっかくここまで来たのだからと、某店へ入った後北口側のカフェで一息ついてから、予定通りあらかじめ決めていたこちらへ入店する事にした。

そんなわけで店内へ入るとランチタイムのいい時間もあって、殆どの席が埋まるほどに盛況な店内のこちらだった。

席が空くのを待っている方もおられた。それでも先客がまもなくゾロゾロと帰って行き、そう待たずして空いた席へ促された。

オーダーは昼2杯目もあって、中華麺を麺少なめでお願いした。麺少なめは通常の量の三分の二となって価格は同じで、また小盛は通常の半分となって100円引きとメニューに記されていた。

永福町系らしい煮干しの香りが店内を漂っている。人気店の風情がそこかしこのこちらだった。昭島駅前と言う好位置もあって、後続客もひっきりなしだった。程なく到着。

ドンブリは通常のものと同じで、一見すると麺量を減らしているようには見えなかった。それほど多いこちらの麺量と言えて減らして正解で、それでもかなりの麺量が入っていた。

柚子の皮が海苔の上に添えられて、口にして行っても柚子の優雅な香りが煮干しと並走している処がとても嬉しかった。

ラードに独特感があってチャーシューもいい感じで、こちらも大変に美味しい中華麺だった。ともあれ麺少なめで、気がつけば完食。

昭和3年創業の草村商店が昭和30年に開業させた永福町大勝軒の流れを持つこちらだが、店主が既に2度ほど交代した事があるようで、現在は同系列店とは異なる永福町系のこちららしい。

ちなみに大勝軒と言えば以前から触れているように、永福町大勝軒系の他に人形町大勝軒系と丸長大勝軒系と東池袋大勝軒系があるが、今年になってからその内の東池袋系が近くにオープンしているようだった。

精算時に念のため麺は草村商店かお聞きして見ると、その通りだと教えて頂いた。いや、かなりいい風情でとっても良かった。

(左フォト) 中華麺/店舗外観 (2011.04.03)


 昭島大勝軒

 住所:東京都昭島市昭和町2-1-15 TEL042-546-1808 定休日:月曜日 営業時間:11:00〜20:00

 アクセス:JR青梅線昭島駅南口下車。南口ロータリー手前左手の道を入って程ない左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP