北海道らーめん味源熊祭 おくむら 東京・渋谷

朝方降っていた雨は夕方前には止んだようで、今日も仕事が終わって外に出れば、傘を広げる必要もなかった4月半ば木曜日の夜だった。そんな今夜はラーメン大戦争ビル以外にある、もう一つの複数のラーメン店が入るビルにまたやって来て、今回は二階のこちらへ入店する事にした。

味源さんと言えば数度だけお伝えしているが、こうやって食べ歩く前に入ったことがあるラーメン店で、なんとも昔から好きなお店の一つであったりする。とは言え、ラーメンを食べ歩くようになってからは、ずいぶん過去に食べていた事もあってか寄り付く機会は殆ど無くなってしまった。こうして紹介するのであれば、懐かしさ半分になってしまうのが本音だったりする。



ちなみみ「味源」さんでも、後ろに「熊祭」と付く店名のラーメン店は、どうやらムジャキフーズ系の外食店らしい。しかしトラスト契約と言う手法により、単に企業が経営するラーメン店とは異なるよう。

そんな会社の外食店の店舗で全てが埋まる渋ビルヂングと言う事で、以前は全てがラーメン店では無かったが、一時期それで有名になった事もあったそう。

そんなわけで階段を上がって行くと、そこにはホロ酔い加減の若いお兄さんたちが、私のゆく手とそこにある券売機を塞いでいた。

時間が時間だけに、そんな団体さんが券売機でラーメンを選んでおり、別に珍しい事ではなかった。待っていると入店を決めかねている様子で、お先にどうぞと券売機を譲られた私だった。

あらかじめ決めていた札幌味噌らーめんのチケットをそこで購入。

それ以上のボタンを押すには狭い雑居ビルの踊り場にあって、先述の方々に囲まれて直ぐ後ろの人はかなり泥酔してなんか叫んでいるしで、難しくとりあえず店内に入るしかなかった。

そんな感じで入店すると、そこそこの広さにそこそこの入店客がおられた。麺量を確認させて頂くと1玉160g前後だそう。

そんな何気ないその一言にも、昔から繁華街で営業しているラーメン店のノウハウらしさがあった。大盛が百円であることを確認してお金を支払い、その場で大盛にしてもらった。

ちなみに「味源」の後に続く「くままつり」とはアイヌの送り儀式を著しており、昭和20年代中盤の流行歌に「イヨマンテの夜」と言う唄があるが、熊祭はイヨマンテを意味している。程なく到着。

おお、久々の 味源らしいラーメンのビジュアルだった。それではと行かせて貰えば相変わらず風情のいい味噌ラーメンで、いつ口にしてもその斬新性には心惹かれるものがあった。

野菜はモヤシ一つにしてもノウハウ的な良さが感じられたし、チャーシューも味玉もまずまずな感じで、後半になってから独特感のあるニンニクも味噌スープに入れて愉しませて貰った。

気が付けば完食。いや、良かった。


(左フォト) 札幌味噌らーめん大盛 /店舗外観 (2010.04.15)


 北海道らーめん 味源熊祭(アジゲン イヨマンテ) おくむら

 住所:東京都渋谷区宇田川町24-6 渋ビルヂング2階  TEL03-3461-7225

 定休日:無休  営業時間:10:00〜翌6:00※金・土曜日〜翌7:00※日曜日〜翌5:00

 アクセス:JR山手線渋谷駅ハチ公口下車。渋谷駅前スクランブル交差点前から渋谷センター街に
       入りしばらく歩いた右側にあり。



  2010.04.15 渋谷センター街を歩いて行くと右手にある。   2010.04.15 階段を上がる前にある階段下前の店舗ロゴ。



喜劇らーめん食べ歩きTOP