中華 あづま軒 東京・人形町



本日は人形町の甘酒横丁交差点そばで営業する、老舗中華店目当でやって来た。まもなくと言う頃周囲の風情を確認することもあって、わざと一つ奥の路地を入って見た。

すると何とも言えない素敵な佇まいを有する、そんなこちらを偶然にも発見するところとなった。

見るからにこちらもまた老舗中華店で、2軒目は別の某所を考えていたが、次の店はもはやここしか考える余地はなかった。

そんなわけで1軒目を出た後、そのまま裏手に回り込んでその店頭へやって来た。店先には赤い味自慢中華そばの暖簾が掛かっていた。

店によっては中華料理と表わす店が多い中で、この中華そばも決して少なくない。この暖簾が掛けられているとそれだけで期待してしまうし、実際その方がこだわりが感じられるケースが多い。

ふと見ると電話番号が1984のこちらだが、店名の下の電話番号の更に下に小さくカタカナでイクワヨと記されていた。行くわよと掛けた番号らしかった。

ともあれ入店して行けば、気持ち薄暗い店内に多くの常連さんでテーブル席が埋まるフロアが広がっていたこちらであった。メニューからラーメンをオーダー。

さりげなく開業年をお聞きすれば今年で65年ほどだそうで、すると戦後まもない昭和23年頃の創業のようだ。特に何処とも関係ない、個人経営の中華店だそう。程なく到着。

こちらもまた半端でないオーラがみなぎるラーメン。それではと行かせて貰えば、絶妙な茹で加減の中細麺がかなり素晴らしく、その醤油スープもまた良き時代を物語るせつなくなるほどの素敵な味わい。

チャーシューも実に素敵で小松菜だろうかシャクシャクと来る青菜もいい感じで、気がつけば完食となった。

帰りの電車に乗る前に人形町鳥忠で、玉子焼と焼き鳥を夕飯用として購入。先ほど平らげたが、かなり美味しかった。いや、こちらもかなり果てなく途轍もなく、実に素敵でとっても素晴らしかった。

(左フォト) ラーメン/店舗外観 (2013.04.30)


 中華 あづま軒

 住所:東京都中央区日本橋人形町2-3-8  TEL03-3666-1984

 定休日:日曜・祝日  営業時間:12:00〜15:30/17:45〜21:00

 アクセス:地下鉄人形町駅A1出口下車。甘酒横丁交差点から水天宮方面へ進んで、まもない左
       路地を入ってまもない左側にあり。

.

大通りに出るとからくり時計がある。

こちらのメニューリスト。

すぐ近くで営業している1911年創業の人形町鳥忠。