東京油組総本店 渋谷組 東京・渋谷



隅田川の花火大会が終わってあと1週間もすれば立秋となる時季で、そんな少し前の8月初日の日曜日であった。そうした今日も仕事が終わって外に出れば、勤務先が明日から数か月変わる予定の為、しばらくのあいだ渋谷から離れる最終日の夜だった。

さてそんな日にどうするかと思いつつも、とりあえずラーメン以外と言う気分に、春先に初訪問して以来何度となく行きたい気持ちを抑えて新店巡りしていた所があったので、今夜はこちらにする事にした。

何しろ外列を何度となく見ているだけに、そんな感じになっていた次第だった。そんなわけで店頭に立てば、タイミングが良かったようで今日は特に外列も無く、直ぐ入店できた午後8時過ぎであった。

券売機で次回はこれと決めていた辛味噌油そばW盛りを選んで、またスペシャルトッピングBのボタンを連打した。中ほどの空いていたカウンター席に促されてそこに辿り着けば、その後ろにこちらの店名が刻まれた麺箱が5〜6段ほど裏返して重ねられていた。

そこへバッグを宜しければどうぞとの事で置かせて貰った。後続客が続いて先客が帰っても直ぐに埋まって行き、相変わらず盛況なこちらだった。程なく到着。

辛味噌と言ってもそのタレはドンブリの底に忍ばせていて、そのヴィジュアルは通常の油そばと変わるものでも無かった。

一度来れば勝手が判るだけに微塵切りの玉ねぎが入った容器を直ぐに手繰り寄せると、さほど入ってなかったのでとりあえず全て入れてから充填済みの容器をお店の方から更に受け取った。

もう少し微塵切りの玉ねぎを入れてから、お酢とラー油を回し掛けて、太麺を何度となくひっくり返しては掻き混ぜて行った。するとまもなく麺の色が赤色に変化して行き辛味噌が確実に絡んで来た。なんべんもやっていると微塵切りの玉ねぎやチャーシューも赤色に染まって辛そうになった。

それではと行かせて貰えば、これがなかなかな辛さで、もう少しマイルドかと思ったが比較的辛めなシフトだった。ともあれこれが実に美味しく、茹で手を選ぶ太麺も大変素晴らしく、それはもう麺が生き生きしていた良さだった。チャーシューもなかなか。気がつけば完食であった。

挨拶して外に出ると5人近くが並ぶ店頭。ふと看板を見れば「東京麺文化の集大成」と油そばを著していたのが印象的だった。いや、今日も美味し油そばで良かった。

(左フォト) 辛味噌油そばW盛+スペシャルトッピングB/店頭の立て看板 (2010.08.01)


 油そば 東京油組総本店 渋谷組     ※麺量〜並盛り160g・大盛り240g・W盛り320g

 住所:東京都渋谷区渋谷3-18-10  TEL03-3406-1911

 定休日:無休   営業時間:11:00〜翌4:00※日曜〜21:00

 アクセス:JR渋谷駅東口下車。駅前陸橋を上がって明治通り恵比寿方面右手の歩道に降りて
       少し歩いて行った右側にあり。






青空から始まった4月半ば日曜日の仕事が終わった午後8時過ぎの、寒いわけでも暖かいわけでもなかった渋谷界隈だった。

そんな今夜は何度か店頭を横切って、店内に待ち客が居た時も少なくなかった、こちらへ入店する事にした。

以前ネットでこちらの情報を見て行ってみたいと思った時もあり、油そばだけがメニューに並ぶようで、いつでも盛況な店内だけに気になっていた。

そんなわけで昨日と同じように、また明治通りの右側歩道を恵比寿方面へ向かって行き、こちらの店頭へやって来た。赤いネオン管が光る入口で、何処か洒落たパブのような雰囲気が在った店頭であった。

入店すると直ぐ右手に券売機があり、油そばW盛りにチャーシューや半熟玉子も乗るスペシャルトッピングBのボタンも連打した。

チケットを厨房から手を伸ばしたお兄さんに手渡すと、奥の空いた席に促されてそこに腰を下ろした。

以前御徒町にも油そば専門店が出来て何度か足を運んだが、明らかに経営が違う独特な面持ちのある店内だった。程なく到着。

おお、多めの具にいい感じの麺量が入る油そばがやって来た。これで千円でおつりが20円返って来るとは流行るわけである。

しかも微塵切りにされたタマネギが好きなだけ入れ放題のようで、先客の方々はバンバンとドンブリに入れており、私も負けない範囲で入れさせてもらった。

そして油そば恒例の行事とも言える、U字型チューブが付いた容器に入ったラー油とお酢をまんべんなく掛け回して、気が済むまでかき混ぜた。

徐に口にして行けばこれがなかなかの太い麺に、適度な塩気が絶妙な味付けだ。

チャーシューに半熟玉子にメンマに青ネギに胡麻に微塵切りの玉ねぎが、混然とした怒涛の一体感が口内を襲うもので実に美味しい。

手に持った箸がどうにも止まらなかった。それにしても絶妙な麺量が良く実に満足な量だったが気が付けば完食だった。

2008年1月赤坂にオープンした本店の2号店らしく、同年の6月にこちらがオープンしたよう。現在では銀座と広尾にも支店があり、都内に合計4店舗を展開している油そば専門店のこちらだそう。

なるほど、ラーメンよりもヘルシーを前面に打ち出している戦略が功を奏していた。いやいや、それにしても大変良かった。

(左フォト) 油そばW盛り+スペシャルトッピングB/店頭外観 (2010.04.18)


喜劇らーめん食べ歩きTOP