横濱家系ラーメン とりとん
埼玉・浦和西口





綿菓子のようにふっくらとした雲が大空に低く浮遊して、蝉の喧噪が夏をより夏らしくさせていた八月葉月上旬の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夏の夜風が高い湿度でまとわりつくそんな午後七時過ぎだった。

浦和駅西口周辺にまた新店がお目見えしたらしい。今度は家系ラーメン店のようだ。そう言えば浦和駅一帯には、現在家系ラーメンを提供する店は確か見当たらなかった。

場所柄からして川口家の系列店なのだろうか?そんなわけで気になるところとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。

と言うことで、その店頭へやって来た。先月26日にオープンしたばかりらしい。その場所は何と風風ラーメン浦和西口店で、いつの間にか閉店してこちらがオープンしていた。

さっそく入店すれば、家系ラーメン店らしい快活な挨拶に迎えられた。爽やかな言葉が行き交うのは、聞いていても清々しい。

券売機に誘導されて、その前に立つ。豚骨塩があったので、その全部入りらしいオールスターラーメンの並盛のボタンを選んだ。インフォメーションが入口近くの壁面にあったので、その近くの空いたカウンター席に腰を下ろした。

夕方6時まではミニライスが無料のようで、そのためのものだろうキュウリの浅漬けが刻んだタマネギと共に用意されていた。

ウズラたまごに豚骨塩がラインナップされているだけに、壱六家系であることは確信できたが、川口家のようでもあり武蔵家のようでもあって、こうした刻みタマネギも付く戦略を実践する家系ラーメン店は確か初めて。

さりげなく川口家と同じ系列店なのかお聞きして見ると、なんとこれが2008年1月に町田でオープンした、横濱家系ラーメン町田商店の系列店であることを教えてくれた。

とは言いながらも、電話番号から営業時間まで以前の店と同じであるだけに、風風ラーメンの影がぬぐえないこちらであったりする。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、これまた壱六家系らしいなかなかのシフトが、実に素晴らしい素敵な味わい。これだけ詰め込むと雑多感が生じてしまいがちだが、そんなこともなく大変よく出来ていると思う。

店頭にはここまでだと縁さえも感じてしまう、あの大橋製麺多摩の麺箱がさりげなく積まれてあった。もちろんそちらの麺だと思うが、加水率28パーセントの低加水らしい中太麺が、なるほどな仕上がり感で包まれており流石の一言に尽きた。

後半になってから刻みタマネギを入れたが、これはクセになりそうなほど良かった。煮豚もしつこくない適度なもので、気がつけば完食。

途中でトッピングパスポートなる券がもらえた。有効期限があるものの、その期間中小ライスか麺増しなどの無料サービスを受けることが出来るようだ。

それにしても、この上質感はおそるべし。いや、これはかなりとんでもなく、実に果てなく美味しかった。

時に余談ですが、トップページにサイト開設以来ずっと設けていた来場者カウンターを今回取り外すことに致しました。膨大なページ数もあって来場者数が判るものではなくなっていました。

おかげさまで現在では二千ページにおよぶ当サイトとなって、一日およそ千人近くの方が訪問して頂いています。ひと月では二万人を超える方々が、毎月ご来場頂けるようになりました。

実は最近になってついにスマホにした私で、これでスマホ閲覧時これからはブログ等でよく出て来る広告が出なくなりました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

(左フォト) 豚骨塩オールスターラーメン/こだわりインフォ/店舗遠景 (2013.08.05)


 横濱家系ラーメン とりとん

 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-2-8山川ビル1階  TEL048-749-1228

 定休日:年中無休  営業時間:11:00〜翌2:00

 アクセス:JR京浜東北線ほか浦和駅西口下車。伊勢丹裏にあるイトーヨカドー手前の道路を国道
       463号へ向かい程ない左側にあり。



横濱家系ラーメン町田商店の系列店のこちらだ。

とっぴんぐ全部のせは、オールスターラーメン。

最後の一滴まで旨い厳選豚骨当店秘伝の味わい。

店舗の一番奥に掲げられていた家系最高の文字。

キュウリの浅漬けと刻みタマネギが無料サービス。

浦和駅西口イトーヨカドーそばにあこちら。