頓知房 埼玉・鶴ヶ島





水蒸気を含んだような青空から陽射しがそれでも強く感じられて、遥かな夏の表層がまた煌めいていた七月文月も最終コーナーに入った休日火曜日だった。

昨日社内の方の一人にラーメンサイトをやっていることをさりげなくお話しすると、その方がまたかなりのラーメンフリークらしく、仲間で集まって5軒のラーメン店をハシゴして楽しむこともあるそう。

そんな方がこちらはかなり良かったと言うのだから、心はもうロックオン状態となるしかなかった。とは言えネットで調べて見ると、同じ埼玉県でも池袋から急行電車で40分ほど乗車した場所。

そんな鶴ヶ島駅周辺のラーメン店だけに若干ためらったが、もう一軒絡めて普段あまり行けないそんな界隈にも出掛けて見るかとなった。

そんなわけで池袋から東武電車に飛び乗って、夏薫る駅前からその店頭へやって来た。

開店五分前に到着すると、三人の方が開店を待って列を作っていた。入口には幅が60cm程度で膝ほどの高さがある木製の柵が自立していて、そこに仕込み中と記された木板が立て掛けられていた。

開店時間となって柵がどけられて先頭から順番に中へ入って行き、券売機の前でほぼ予定通り煮玉子つけそばのチケットを購入。

ちなみにその券売機には「麺少なめ」と記されたボタンがあった。発券済みのチケットも用意されており、女性の方など小食の方は利用すると良さそう。

振り返ると冷水が入ったコップが置かれていて、そこへもちろん逆らうことなく腰掛けた。かなり丁寧な接客をされるこちらで、言葉遣いなどここまで徹底した対応ぶりはさすがと言えた。

「とんちぼ」の店名由来をお聞きしても、父親の実家が佐渡で、そこではタヌキ等のむじなことをそう言うことを教えてくれながらも、詳しいことはこれに記してありますと案内を頂いた。

それを見ると不思議な霊力を持つ狸が人を驚かすように、美味しいラーメンで人を驚かせたいと言う信条が記載されており、そんな案内があればそれを手渡して済ませる昨今在り来たりでない出来得る限りの誠意をみせられてそこでまず感心してしまった。

そしてお客さんに待たせている気持ちを常に言葉に表しながらラーメン作りをしており、待っていてもそれだけで気持ちよくさせる行動をとる店主だった。

多賀野@中延と千代作@高田馬場で修業を積んだ店主が、2008年11月17日にオープンさせた市内の人気店で、そう言えば以前買ったラーメンウォーカー2013埼玉版では総合18位に輝く実力店ぶりを見せていた。

店主が着るTシャツには周辺人気ラーメン店「瑞山」などのロゴが入っており、思わずそちらの関連店なのかお聞きしてしまったが、イベントで利用するものなのか全く関係ないそうで、個人的なお付き合いから普段着ているのだそう。

以前はよくラーメンの食べ歩きをされていたそうだが、この稼業になってからはめっきり減ってしまったそう。それでもたまにオフの日は食べ歩きするそうで、この周辺だと先月オープンした川島町に在る四つ葉はかなり良いことを教えてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほど何とも絶妙にして華麗な技術を感じる、なかなか素敵な濃厚煮干し感のあるつけ麺。

複数の煮干しを様々な調理法で抽出した旨みを、ゲンコツや鶏ガラなどのダシと合わせたものらしい。やはり無化調だそう。チャーシューや煮玉子も美味しく、菅野製麺所製の全粒粉による中太手もみ麺も風情豊かなもので、スープ割りも愉しんで気がつけば完食。

いや、かなりとんでもなく実に果てなく、とってもどこまでも良かった。在り来たりでない言葉が、在り来たりでない美味しさの格を上げていた。

(左フォト) 煮玉子つけそば(汁・麺)/店舗遠景 (2013.07.30)


 中華そば専門 頓知房 (とんちぼ)

 住所:埼玉県鶴ヶ島市上広谷18-27  TEL090-6304-1018  定休日:月曜日・第2火曜・祝日

 営業時間:平日・土曜11:30〜14:30/18:00〜21:30◆日曜11:30〜14:30※スープ切れ終了

 アクセス:東武東上線鶴ヶ島駅東口下車。改札を出たら右手の東口に進んで左側の階段を降り、
       前前の道路を左手に30m程歩いた右側にあり。



池袋から東武線で急行に乗れば、鶴ヶ島停車でベスト。

鶴ヶ島は池袋から急行でおよそ40分。

開店するまで柵が入口をふさぐこちら。

麺少なめにしたい時はそのチケットが用意されている。

らーめんも人気だが、つけそばも人気のこちら。

店名は、美味しいラーメンで人を驚かせたい信条から。