ラーメン 餃子 天下一 埼玉・浦和原山





曇り空ながら雨の気配はないものの湿度が高く感じられて、陽射しは厚い雲に閉ざされていた7月文月上旬の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、一日中そう変わらない天候で暮れなずんでいた、そんな午後七時過ぎだった。

時にバス通り沿いで営業するこちらがかなり前から気になっていて、今夜こそとなって路線バスを利用してその店頭へやって来た。

入口に垂れ下がる赤い暖簾には、「味自慢・ラーメン」の文字が刻まれており、店主の意気込みがそこで感じ取れた。

なお少しだけ離れた場所には尾張屋と言う名前の日本蕎麦系列店が営業しており、ラーメンをやっていないか調べたがそちらはやっていない様子であった。

またすぐ傍にも美蜂軒と言うの名の中華店の看板がある建物があったが、営業しているところを見たことがないだけに閉業してしまったところだろう。

それにしてもこちらは、なんたって秋葉原にもあるよく訪れた株式会社ゼンショーが展開する、都内中華チェーンと同じ店名だけに是非とも訪れようと考えていた。

しかし某グルメ情報サイトでは、午後七時に閉店してしまう情報もあり、休日にその内出掛けるかと思っていた。ところが午後七時を過ぎても営業している姿を何度か見掛け、それなら仕事帰りに立ち寄るかとなった次第だった。

と言うわけで入店すれば、数人の先客が居る比較的広いフロアが広がっていた。壁面の本棚にはこれでもかと漫画の単行本が収められていた。

カウンターが居酒屋風の漆が塗られた木製のカウンターで、なんとも風情のある反面そこは中華料理店らしくないどちらかと言えば大衆食堂のような店内となっていた。

入口寄りのテーブル席に腰を下ろすところとなり、壁に貼られていたメニューリストからラーメンとチャーハンのセットをオーダーさせて貰った。

天下一と言えば独特な紋様をあしらったトレードマークを見掛けるが、そうしたマークが無いばかりか、よくお世話になった半額ラーメンにウリのジャンボ餃子も提供していない様子だった。さり気なくお聞きすると、都内で展開する中華チェーンの天下一とは全く関係ないそう。

大宮で40年前と言うから昭和48年頃に創業した個人経営の中華店だそうで、10数年前に区画整理か何かで立ち退きを余儀なくされてしまいこの地に移転して来たそうだ。

営業時間を確認しようと思ったら入口の扉にそれが案内されており、午後九時まで営業していることがそれで判った。程なく到着。

冷や奴と漬け物が、サービスされていたセットメニューだった。それではとラーメンから行かせて貰えば、なかなかの持ち味がスープにあるもの。

チャーハンもパラッと素敵に仕上がっているもので、自宅周辺に在ればさぞかしひいきにしてしまいそうな良さがかなりあった。

気がつけば完食。塩気が絶妙な面持ちで、ラーメンの中のチャーシューが絶大によく、また来てチャーシューメン辺りを愉しみたいところ。いや、なかなかとても実に素敵だった。

(左フォト) ラーメン/セットチャーハン/店舗遠景 (2013.07.04)


 ラーメン・餃子 天下一@浦和原山

 住所:埼玉県さいたま市緑区原山2-13-13  TEL048-881-2016

 定休日:日曜日  営業時間:11:00〜15:00/17:00〜21:00

 アクセス:JR京浜東北線他浦和駅東口下車。東口ロータリー2番バス乗場より国際興業バス浦和
       駅・東川口駅・浦和美園駅方面の浦01浦02浦02-2浦09他系統の路線バスに乗車し、5つ
       めの原山バス停で降車して少し戻った右側にあり。

.

浦和原山地区で営業する中華店のこちらだ。

セットメニューも豊富にラインナップされていた。

セットメニューは突き出しも付くようだ。