つけ麺 R&B 埼玉・与野西口





朝方から雨そぼ降る夏薫る九月長月上旬の木曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、正午頃にはそんな雨も収まって、また穏やかに涼やかな午後七時過ぎだった。

JR与野駅西口から程ない場所で営業するこちらもまた気になる一店であり、今夜こそとなって北浦和に出て一駅京浜東北線電車に乗ってまた与野駅にやって来た。

与野駅と言うと、さいたま市が2001年5月1日に出来る前は、大宮市・浦和市・与野市が存在していたものだが、そんな与野市の市代表駅であったのがこの与野駅だった。

そんな与野駅西口ロータリー右寄りから延びる道路を少し歩けばこちらで、店頭に立ってから周囲を見上げれば高層ビルが雨後の筍の如く乱立する一帯だった。

2009年1月21日にオープンしたこちらのようで、辛つけ麺がウリのお店らしい。ネットでそのつけ麺を見ると、麺全体に真っ赤な唐辛子パウダーが振りかけられていた。

その辛つけ麺は2種の赤味噌と香味野菜に、9タイプのスパイスを利用して仕上げたものらしい。

店名をR&Bとするこちらだが、本来のR&Bとはリズムアンドブルースのことで、代表的なシンガーとしてレイ・チャールズ等が挙げられる。そこから由来しているのか、それは定かでない。

さて和の面持ちがある店頭の壁面には、蘊蓄が掲げられていた。さっそく入店すると券売機が左手に待っていて、つけ麺にラーメンもあるこちらでどちらにも辛味仕様がラインナップされていた。

辛いつけ麺と言う気分ではなかったので、通常のつけ麺にしようとなったが、並盛り・大盛り・男盛りの麺量のボタンがそれぞれ用意されていた。

そこで麺量の表記がなかったので確認させて貰うと、順に250g・350g・650gとのことで、男盛りは厳しい量だったので大盛りを選択。

実はちょっとした手違いがあって男盛り券を買ってしまい、お詫びして大盛りに変更して貰った。それもあってか味玉トッピングを追加してそれもお願いした。

店内はなかなか盛況なフロアで、与野駅前の人気つけ麺店と言ったところなのだろう。後続客が続いてさらに盛況さが増して行った。

程なく到着。麺の上には刻んだ水菜と海苔が一枚あしらわれて、つけ汁は見るからに濃厚魚介豚骨。

それではと行かせて貰えば、都内に本店がある人気有名店にも似た味わいがさらりと来て、それが何とも贅沢に感じるほど美味しいもの。

丸鶏仕様と鶏ガラ・豚骨仕様をそれぞれじっくり煮込んだスープに、魚介スープも合わせたトリプルスープのつけ汁だそう。

好きなタイプの仕様だけに美味しく頂いた。魚粉が結構な量感じられたが、さらに入れ足せるようカウンターの調味料卓に用意されていた。

麺は国産小麦粉のいわゆる内麦を利用した極太の麺。ややくすんでいたので、全粒粉のような仕様だろうか。

スープ割りをお願いすると、三つ葉か柚子胡椒が選べるそうで、そこは三つ葉の方にしたがこれもまた良かった。

つけ汁の下に沈む細切れにされたチャーシューや、追加トッピングした味玉もいい感じで、気がつけば完食。いや、なかなかとても実に素敵で良かった。

(左フォト) 味玉つけ麺大盛(汁・麺)/店頭遠景 (2013.09.05)


 つけ麺 R&B

 住所:埼玉県さいたま市中央区下落合1032

 定休日:月曜日  営業時間:11:30〜15:00/17:30〜23:00

 アクセス:JR京浜東北線与野駅西口下車。ロータリー右奥から延伸する幅広道路の右手歩道を
       少し進んだ右側にあり。徒歩1分。

.

JR与野駅からすぐ傍にある人気つけ麺店。

店頭にはこだわりの内容が明らかにされていた。

辛つけ麺がイチオシのこちらだそう。