ラーメン 大 埼玉・蕨東口





夏の煌めきが水蒸気となって青空をくすませているものの、強い陽射しが気温を朝から上げていた七月文月前半の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、熱帯夜極まる今宵のそんな蒸し暑い午後七時過ぎだった。

仕事が忙しかったこともあって、これはがっつり行かねばと言う気分となって、候補店の中にあったので思わず悩むことなくこちらを訪ねることにした。

そんなわけでまた蕨で下車して東口に出て、線路沿いの道路を南浦和方面に歩いて、陸橋の手前の右手にあるこちらの店頭へやって来た。

店先では、「元祖・ニンニク入れますか?」の文字が異彩を放っていた。店頭に葛飾の文字が表記されて、そもそもラーメン二郎堀切店が独立して始めたのがラーメン大だ。

そう言う意味では「ニンニク入れますか?」自体の言葉は、創生期に生まれたものだけに堀切店が最初なのかも知れない。

何はともあれ中へ入ると左手に券売機がある、比較的殺風景なフロアが広がっていた。思えば二郎は何処もそんな感じと言えた。

券売機に立つとこちらもまたラーメン小が普通盛りなどと案内されていたが、ボタン自体はラーメン小のままで、そのボタンと共に豚のボタンも連打した。

振り返ると厨房におられた方にプレートを見せるように言われて、手を肩まで挙げて何色のプレートか判るようにして見せた。

見るとカウンター席は満員御礼状態で、一人が席を空くのを待機席で待っている様子だった。喉が乾いたことに気づいて、とりあえず冷水器のところへ行って気が済むまで喉を潤した。

その後で壁際にある待機席に行くと、いつの間にか待っていた方がカウンター席に座っていて、さらに空いてその席に促されてそこへ腰を下ろした。

その間にも後続客が数人ほど入って来て、なかなかの人気を誇っているこちらであることが、入店して数分で伺い知れることが出来た。

お店の方が着るTシャツには系列店の天照糀やの店名ロゴが入って、なるほど直営店のこちらかとそこら辺を確認させて貰うととその通りだった。ふと見ると丸山製麺さんの麺箱が傍に見えた。

2007年12月14日にオープンした蕨店のようで、当時は二郎系ラーメン店はこの周辺には殆ど無かったそうだ。

直営店は以前訪れた堀切店に蕨店のほか、本郷店、蒲田店、福岡店、池袋店、平井店、大森店、竹ノ塚店、下高井戸店も直営店のようだ。

いっぽうフランチャイズ店はと言うと、西荻店、高円寺店、我孫子店、小金井店、練馬店、三鷹店、五反田店、汐留店、中野店とあるらしく、なかなかの展開力を誇っていた。

元祖らしい「ニンニク入れますか?」の確認が来て、あらかじめどんぶりに入る背脂の量に、今夜はニンニク少なめ野菜多めで留めた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、野菜の盛りも豊かになかなかの素敵な二郎系ラーメン。

極太ちぢれの二郎らしい麺も多くの二郎系の店で見るようになった昨今だが、その中でもかなりいい風合いを感じるもの。

野菜に豚もかなり好みなシフトだった。気がつけば完食。いや、かなりなかなかとても良かった。

(左フォト) ラーメン小+豚/券売機/店頭外観 (2013.07.10)


 ラーメン 大 蕨店

 住所:埼玉県川口市芝新町2-1  TEL0482-69-0068  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:11:00〜翌1:00

 アクセス:JR京浜東北線蕨駅東口下車。線路沿いの道路を南浦和方面に歩いて行き、陸橋の手前
       の右手にあり。徒歩およそ2分。