らーめん坊 埼玉・南浦和





青空から夏に向かって一直線の筋が見えるかのような、何処か煌めくそよ風の季節がやって来た気がした、五月皐月上旬世間はゴールデンウィークが続く週明け日曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、また寒くもなく穏やかで過ごし易いそんな午後七時過ぎだった。

今夜は南浦和駅周辺某店を訪れる予定でその駅を降り立ち、東口からその店の方向へ何の気なしに向かって行った。するとその前方に、ラーメンの煌びやかなネオンサインが見えた。

最近南浦和駅界隈のラーメン店も先日からある程度ネットで調べていて、はて?あの場所にもラーメン店があったのかとなった。

その赤いネオンサインがまたなんとも艶やかな色で私を誘っており、思わず眺めている内にその気になってしまった。

そんなわけで、もはや今夜はここしか考えられなくなってしまった。と言うわけで導かれるようにその店頭に立ち、目の前の扉を開けると店内はそう広くなくそのフロアが奥までよく見渡せた。そこに広がるフロアの様子は、居酒屋以外の何ものでもないそんな店内が待っていた。

最近ラーメン店が居酒屋メニューを用意しているケースが目立つが、こちらはその真逆で居酒屋がラーメンを提供している風な雰囲気があった。

左手に小さなカウンターがあり、そこに男性単身客が二人おられて酒の肴を口にしつつも、酔っ払う風でも無く冷静な面持ちでアルコールを口に運んでいた。

右側にはテーブルが二つ並んでいて、奥寄りでは周辺に在住する仕事仲間だろうか、酒盛りが宴たけなわの最中だった。こうして普段から食べ歩いているとこの程度では動じない私で、そこに美味いラーメンがあるのなら何てことはないよくある風景と言うしかなかった。

テーブル席も空いていたがグループ客が入って来る可能性を考えて、左手の道路寄りの空いたカウンター席に食器が片づけられてから腰掛けた。

カウンタトップには酒の肴の幾つかが大皿に盛られていて、その奥に厨房があり店主らしき方が調理に勤しんでいるところだった。メニューを手に取り少し悩んでからタンメンを選んで、それならタンギョウで行くかとなってギョーザも一緒にお願いすることにした。

先述したように最近のトレンドとしてラーメン店と居酒屋の融合が一つの要素として上げられるが、こちらはそれ以前から普通に居酒屋として営業しておられた感じで、一見して居酒屋稼業が長い老練な店主と言う感じだった。

しばらくしてからギョーザがやって来て、持って来られた女将さんに開業してどれほどかお聞きすると9年目だと教えてくれた。そしてそのあと直ぐに店主が、タンメンを私の前のカウンターテーブルにそっと置いてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、これがなかなかの持ち味がある、素敵で味わい深い美味しいタンメン。

ノスタルジック系かと言うとそんな風情ではなく、様々な野菜が多彩に入って煎りゴマが振られていたりしており、昭和後期以降の面持ちが感じられるあまり濁っていないスープのタンメンであった。

ネットで調べて見ると川崎競馬場の直ぐそばにも同じ店名があり、南浦和駅界隈にも浦和競馬場があるだけにこちらと関係がありそうだ。ともあれ本格的なラーメンを提供している居酒屋のこちらで、ギョーザがまた実に美味しく気がつけば完食だった。

この周辺で居酒屋ながらラーメンを提供している店が幾つか営業しているのを確認しており、そんなに珍しいケースではないようだ。

時にカットされたリンゴがサービスで付いて来たが、うっかり口にしないで精算を済ませ外に出てからそのことに気がついた。いや、なかなかとても実に素敵で良かった、そんなタンメンとギョーザだった。

(左フォト) タンメン/ギョーザ/店頭のネオン (2013.05.05)


 ラーメン居酒屋 らーめん坊

 住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-23-6木村ビル1階  定休日:金曜日

 営業時間:平日11:30〜14:00/16:30〜23:00 ※土日祝日は中休みなし

 アクセス:JR京浜東北線他南浦和駅東口下車。ロータリー奥の道路を左手へ数分歩いた左側に
       あり。

.

最寄り駅はJR南浦和駅。

うっかり口にしないで出てしまったカットりんご。

店内にあったラーメン居酒屋のメニュー。