ポレポレ食堂 埼玉・南浦和





北寄りの風も緩やかとなったがそれでも冷え込みはそう変わらなかった、ともあれ爽快な青空から陽射しが燦々と注いでいた五月皐月前半の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、爽やかな陽気に初夏の香りさえ漂っている気がしたそんな午後七時過ぎだった。

ここのところ南浦和界隈のラーメン店が続いたが、それならばこちらも是非訪れて欲しいと某北浦和のカッパ氏からこちらをお奨め頂いた。

人気店だけに以前から行きたかった一店だが、平日は夜営業のみだけにその訪問を諦めるしかなかった。しかし浦和勤務ならば、帰りがけ立ち寄れるとして訪れることにした。

そんなわけでまたまた南浦和駅東口に降り立って、およそ10分ほどバス通りを歩いてその店頭へやって来た。2009年4月にオープンした、栃木・佐野ご出身の店主か営むこちらのようだ。

洒落たバーかスナックといった何処か洗練された雰囲気のある入口で、そこにこちらの店名となるポレポレ食堂の文字が電照灯に著されていた。

さっそく入店すると数人の先客がもの静かな店内で食事をされていて、その店内もまた店頭を踏襲するようなこの上なくお洒落な感じであった。

手元にあったメニューリストを手繰り寄せて、そこから予定通りとなる佐野ラーメンにミニカレーとサラダがセットになった900円する提供メニューをお願いした。

メニューリストの冒頭には、ポレポレとはアフリカ・スワヒリ語で、のんびりとかゆっくりと言う意味があることが記されていた。

また栃木出身漫才ユニットのU字工事さんと、佐野ブランド大使であるダイアモンド☆ユカイ氏を応援する店であることが綴られていた。

そこでついアフリカを訪れたことがあるかお聞きして見ると出掛けていないそうで、U字工事と何かしら接点があるのかと思えば特に無いそう。

佐野と言えばしばらく前に訪れて市内の二軒のラーメンを堪能したし、浦和周辺にも佐野ラーメンを提供する店がありそこにも伺ったものだ。

そんなたかのさんとも関係ないそうだが、佐野生まれの佐野育ちの店主だそうで、市内の数店で修行した経験を生かしてこだわりの佐野ラーメンを提供しておられるそう。

ちなみに青竹でなくスリコギをを使って麺を打っているこちらのようだ。また目の前にはさり気なく岩合日出子著「アフリカポレポレ」なる本が置いてあった。

その内容に感銘を受けて名付けられたところだろうか。なおその本の横には、U字工事さんのタレント本「レッツゴー!栃木」もあった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、佐野ラーメンらしさ全開の素敵で美味しいラーメン。かなり太く不均一で縮れた麺が入って、あっさりとしてしみじみと来る味わい深い醤油スープがまたたまらなかった。

本来の佐野ラーメンと言えば醤油ラーメンだそうで、そこにたかのさんの修行店であるおぐら屋さんが塩ラーメンを打ち出したものらしい。

カレーライスもかなり手間を掛けたのが判る、美味しいものだった。こちらでも半チャーハンセットがあったが、ここ最近続いていたし洋食メニューにも力を入れているこちらだけにカレーにして大正解だった。

サラダも実に美味しく、気がつけば完食。いや、かなり果てなく実に素敵で良かった、佐野ラーメンの素晴らしさを再認識したラーメンと美味しいカレーライスと言えた。

(左フォト) 純手打ち佐野ラーメン/セットミニカレー&サラダ/店内 (2013.05.08)


 ポレポレ食堂

 住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-12-19  定休日:月曜日 ※祝日時は営業して火曜日

 TEL048-883-4080  営業時間:17:30〜24:00 ※土日祝日は11:30〜14:30の昼営業あり

 アクセス:JR京浜東北線他南浦和駅東口下車。ロータリーから延伸する道路を道なりに進んで行き
       武蔵野線を潜って100mほど歩いた左側にあり。徒歩およそ10分。

.

最寄り駅はJR南浦和駅で、駅から徒歩およそ10分。

ポレポレ食堂店舗入口。

近くに置いてあったU字工事さんと岩合日出子さんの本。