小島飯店 埼玉・北浦和東口





昼夜の寒暖の差が大きいここ数日で、より感じられた春の息吹が街をこれから咲いて行くサクラの色に染めているように思えた三月弥生前半の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、そんな陽気が続いた所為か今夜は陽が暮れてもそれほど気温が下がらなかったそんな午後七時過ぎだった。

周辺の方々に愛される街の人気老舗中華店が、北浦和駅周辺に他にもあると知って気になっていた。店先でお惣菜を販売しているこちらで、やはりかなり昔から営業しているようだ。

どれほどの歴史があるのだろうか?そんなわけで気になるところとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。と言うことで、また北浦和駅行きのバスでこちらへ向かう。

実は先月は地元最寄り駅から浦和までの定期券だったが、今月はそう変わらない金額に気付いて北浦和までの定期券に切り替えていたりする。先日も某店へ行くため歩いた商店街を歩いて、そちらの先にあるこちらの店頭へやって来た。

なるほどサンプルショーケースの前にワゴンが幾つか用意されていて、そこに廉価な金額の様々な美味しそうな中華惣菜が多めに並べられていた。少し離れたところでは、焼きギョーザがこれまた旨そうに焼かれて、保温ケースの中に収められていた。

さっそく中へ入ると、そこそこに盛況な店内が広がっていた。奥のカウンター席が空いていたので、そちらまで進んでから腰を下ろす。

メニューブックを開いて、そこにあった半チャーハンとミニラーメンのセットメニューをお願いしつつも、ミニラーメンを先日のように通常の並盛にしたいと告げると、こちらもまた100円プラスで出来るそうで思わず指でOKサインを出してお願いした。

後続客が続いて盛況さが増して行くフロア。ふと顔を上げると「本日ギョーザ150円」のインフォに、つい思わず追加注文。

ふと店名をあらためて読み返す。何か親近感を感じると思ったら個人のお名前に飯店が付くこちらで、一般的には中国や国内等の地名や華や龍等が付いて○○飯店となる店名が多い。程なく到着。

ラーメンからは湯気が多めに迸っており、油脂がほとんど浮かないことがそれで判った。半チャーハンはこちらも幾分多めだ。それではと行かせて貰えば、こちらもまた風情のいいラーメンで、中細麺が絶妙な風合いを示していた。

丁寧に作られていることが判るものだ。半チャーハンも素敵な味わいで、濃すぎず薄すぎず卵も多めに入って良かった。ギョーザがこれまたかなり美味しいもので、焼き面がパリッとしていた。

気がつけば完食。実は食している途中で、目の前におられた方にこちらの創業年についてお聞きしたが、ある程度判ったものの明確では無かった。その方がそれを気にされていたようで、いつの間にか来られていた店主の存在を有り難いことに私へ教えてくれた。

さっそくその老練そうな店主に確認させて貰うと、47年前に周辺で開業したこちらだそうで、22年前に現在の場所に移転して来られたそう。すると昭和41年頃に近くで営業を始めて、平成3年頃に現在の場所に越して来られたところだろう。

「もうすぐ50年じゃないですか」と明るく私が言うと、「それまで身体が持つかどうか…」なんて謙遜にも取れるお言葉を洩らされていた。

いや、かなりとっても実に素敵で良かった、そんなラーメン半チャーハンとギョーザだった。

(左フォト) ミニラーメン大盛/セット半チャーハン/ギョーザ (2013.03.06)


 中国料理 小島飯店 (オジマハンテン)

 住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-8-11  TEL048-832-0247

 定休日:無休  営業時間:11:00〜22:00

 アクセス:JR京浜東北線北浦和駅東口下車。ロータリーの手前左手の平和通り商店街を150m
       ほど歩いた左側にあり。



JR北浦和駅東口左手の平和通り商店街の中にあり。

店頭で廉価な中華惣菜が販売されているこちら。

「本日ギョーザ¥150」インフォ。