らーめん なかじま 埼玉・浦和西口





寒気を運んでいた強い風が収まって曇り気味の雲に青空が隠れて、昨日車窓から見えた白化粧した富士山もお預けとなった二月如月も後半の月曜日。

今日も仕事か終わって外に出れば、帰途についた頃降り出した霧雨もあってか、それほどの寒さでも無かったそんな午後七時過ぎだった。

マイミク様である某千駄木カフェ店主もまたこの周辺に詳しいようで、こちらが良いことを教えて頂いて早速気になるところとなった。

実はあらかじめ訪問予定店にしていたこちらだったが、駅から直ぐそばと言う立地性もあっていつでも行けるとしてその内に行こうと考えていた。

そんなわけでJR浦和駅西口ロータリー左手の道路を歩いて行き、程ないその店頭へやって来た。

こうして立ち止まって入口を見ると、すっきりとした風情の良い入口周りは、違和感を感じる既製品らしきノボリが置かれているものの、それでも期待させてくれるものがあった。

そのノボリには「こだわりとんこつらーめん」と言う文字が刻まれており、それが無ければ今度はとんこつらーめん店には見えず致し方ないところか。

さっそく入店すると店内もまた店頭のように、さっぱりとした造りのフロアになっており券売機が無かった。こちらもまた盛況な店内であったが数席だけ空いていて、その一つのカウンター席へ脱いだハーフコートを後ろに置いてから腰を下ろす。

そして徐にメニューリストを手にとって、そこからとんこつらーめんをオーダー。トッピングを何かしらお願いするかとなって、メニューにあった茹で玉子を一旦依頼したが、味玉が壁の方のインフォに紹介されていてそちらに訂正させて貰った。

メインメニューは、とんこつらーめん、挽肉入りと付記された特製とんこつらーめん、担々麺の三本立てのこちらだった。程なく到着。

モヤシや青ネギが入っていてやや茶濁したとんこつらーめん。そのビジュアルは何処か宮崎ラーメンを彷彿としていた。

などと思いながらもそれではと行かせて貰えば、なるほどド豚骨らーめんのいかした風合いがたまらない、そんな茶濁気味の豚骨ラーメンはインパクト大の求心力を持つもの。

そのあまりな瀞み具合に思わず豚骨だけの瀞みなのか店主にお聞きして見たが、間違いなく豚骨だけで出した瀞みだと直ぐに教えてくれた。

なんともおそるべしな手間の掛け方なのだろう。臭みが皆無だが近年血抜きされた豚骨が流通しているだけにそれを利用したものだろうか。

自然な風合いが実に素敵でなかなかの良い味わい。麺は見るからに博多直送とは違った風合いのものでその太さがまた宮崎ラーメンっぽかった。

そこでつい宮崎ラーメンかお聞きしてしまったが、そんなつもりはまったく無いそう。替え玉が100円ならばと追加オーダーして、さらにこのとんこつらーめんを楽しませて貰った。

味玉もいい感じで、気がつけば完食。今年で開業して10年だそうで、2003年にオープンしたこちらのようだ。食べ終えてから気がついたが、口の周りに油脂がしばらく纏わりついた。いや、かなりとてつもなく素晴らしく何とも美味く実にとっても良かった。

(左フォト) とんこつらーめん+味玉/替え玉/店頭外観 (2013.02.18)


 らーめん なかじま

 住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-10-18  TEL048-822-4967

 定休日:日曜日  営業時間:11:30〜22:00

 アクセス:JR京浜東北線浦和駅西口下車。駅前浦和コルソ左手の県庁方面へ向かう通りを進んで
       行き、コルソを右手に見てその奥辺りの左手にあり。