aaミンミン 埼玉・大宮東口





今回はここ最近ネットなどで見つけた、大宮駅周辺の老舗店のラーメン目当てにその周辺へやって来た。まずは東口からそう遠くない高島屋裏手某店のラーメンを堪能。

せっかくだしもう一軒行くかと、予定通り一番街交差点辺りまで移動し、そこの路地を右折して進んで行きこちらの店頭へやって来た。

もうこれ以上はないのではないかと言うほどに風情豊かな建物のこちらで、とは言え赤いビニールシートは張り替えてそう経っていない感じであった。折りからの風で、赤い暖簾がはためく店先だった。

ミンミンと言えば大阪千日前で昭和28年に創業した老舗餃子店で、その店名は国内の至るところで見受けられており、こちらのサイトでもその系列関連店からそうで無いミンミンも紹介している。

さっそく入店すると初老のご夫婦が営むこちらのようで、厨房にはそんなお二人がおられた。まだ開店まもない時間であるだけに、先客のいない店内の椅子に陽射しが当たって、奥にあるテレビの音声が小さく店内に響いていた。

壁に貼られたメニューからラーメンをお願いして、やはりそこはミンミンだけに餃子もオーダー。昭和35年に当時ご親戚が三軒茶屋でミンミンを営業していて、その方の指南を受けて開業したこちらだそう。

自分が昭和37年生まれであることを告げると、店主ご夫婦の息子さんもまた昭和37年生まれであることを教えてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、適度な量の豚ガラ鶏ガラ出汁のスープに、うま味調味料をわずかだけ利用しているラーメンで、それだけにかなり実にさっぱりとした味わい。

塩気も少なくまるで現代の濃厚系やこってり系のラーメンに対して、アンチテーゼとして存在しているかのよう。

それと言うのも単に薄いスープではなく、実にしみじみと来る優しい味わいががあってこれがなかなかと言えた。

小ぶりのチャーシューに、青菜・メンマ・海苔・カマボコ・刻み白ネギが入って、具材の丁寧な仕事ぶりからもそれが見えて来た。特にチャーシューは、かなりに素敵だった。麺は不思議なほどに、その存在感を消していた。

餃子も専用のタレが付いて来て、味が濃いだけの現代的な餃子と違って、食材本来のそれぞれの味が伝わって来た。

餃子は小ぶりなものが6個来たが、それを平らげると何故だかそこに「浅草ラーメン浜っ子一番」と言うラーメンチェーン店らしき名前が刻まれていた。

お聞きするとその昔にほんの数年だけこの場所で、そのフランチャイズ店を営業していたことがあったのだそう。

それにしても美味しいラーメンと言えて、時代を追うラーメンもあれば、時代を追わないラーメンもあることを、こちらに入って知ることが出来た。

最近のこってり嗜好について行けないと嘆く諸兄には、油分もほとんど浮かずかなりぴったり来るラーメンとなることだろう。気がつけば完食。

いや、あっさりを極めたラーメンと言えて、しみじみとしていて実になかなか良かった。

(左フォト) ラーメン/餃子/店舗外観 (2013.03.26)


 餃子 ラーメン aaミンミン@大宮

 住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-95  TEL048-641-8417

 定休日:木曜日  営業時間:12:00〜19:00

 アクセス:JR京浜東北線他大宮駅東口下車。東口北階段を降りて前方の道路を左手へ進んで行き
       大宮一番街商店街を右折して入って行く。そこを出たら道路を横断してやや右寄りにある
       一の宮通りをさらに入って行き、一つ目の十字路を右折して一つ目の左路地を曲がりその
       先にあるY字路の岐路の場所にあり。

   

一番街交差点から、そう遠くないこちら。

路地を曲がれば、こちらが前方に見えて来る。

ラーメン350円で、餃子は300円と言う提供金額。