鶏そば 三むら 埼玉・浦和西口 ※閉店





真っ青な空が久しぶり一面に広がって、陽射しもその分強くその分朝から暑かった夏がざわめくような八月葉月上旬の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、やたら暑かった1日だけにやたら湿気がまとわりつくそんな午後七時過ぎだった。

先日は風風ラーメンが閉店して、家系ラーメン店がオープンしてそちらを紹介させて貰ったが、どうやら今月に入って浦和西口周辺で更にもう一軒の新店がオープンしたようだ。

戸田市内の麺屋八頭龍(おろち)のセカンドブランドである究極豚骨豚野郎の浦和店が、今回残念ながら閉店となってしまったようで、そんな場所に蕨市塚越で今年の5月17日に開業したこちらが、入れ替わりで今月の2日から移転オープンを果たしたらしい。

蕨市塚越と言うから豚野郎の移転前の場所だけに、今回こちらがそこへ移転するお話しもそこは納得できることと言えそうだ。やはり八頭龍で修行された方が独立した、そんな店主が営業するラーメン店だそう。

その麺は豚野郎浦和店が製麺したものを利用していたそうで、それがきっかけでこちらが入ることになったようだ。豚から一転して鶏の食材に変わったことになるが、やはり超高圧厨房機器を使用するラーメンとなるようだ。

その味わいは如何にと言うことで気になるところとなって、そろそろ落ち着いた頃だろうと仕事帰り立ち寄ることにした。と言うことで店頭へ立つと、友人一同より贈られた開店祝い花輪が異彩を放っていた店先だった。茶色の暖簾は何故かしら既製品で、急な移転だったのかも知れない。

ネットの画像でこちらがTBSテレビと係わりがあるようなことがあったので何かと思えば、そのテレビ番組「本日、開店します!」で蕨営業時代にこちらが紹介されたようだった。

さっそく入店すると直ぐに券売機があり、そこで奥久慈シャモの鶏ガラを使用した淡麗系スープの鶏塩そばか、濃厚系スープの鶏そばにするか悩むところとなった。すると鶏魚介なるつけそばの文字に、思わずそれにするかと気持ちが大きく傾いて、その煮玉子のせを選ぶことにした。

そして振り返るとショーケースがあることに気がつき、その中を見るとクリームブリュレが幾つも入って並んでおりなかなかのビジュアルにその朝獲れ卵のクリームブリュレのボタンも連打した。

奥へ進むと、前方厨房前のカウンター席が充分空いていたので、そこへ腰掛けながらチケットを手渡した。並盛250gか大盛350gが選べるそうで、そこはもちろん大盛でお願いした。

店頭にオープニングサービスの屋台サービスがあることが謳われて何かと思えば、無料惣菜コーナーのことらしくなるほどいつもよりその内容が若干だけゴージャスとなっていた。そこはもちろんその場所へ行って、小皿に取り分けて席へ戻った。

厨房の方に豚野郎ブランド店についてお聞きすると、大宮店のみで営業することになるそうだ。自家製麺となる太麺は、日清製麺の荒武者を使用しているらしく製麺室前にその大袋が縦に山積みされていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、在り来りでない魚介の風情が、なかなかのシフトを示す実に素敵な味わいと言えるもの。自家製の太麺もうっとりするほど美味しく、煮玉子に煮豚ならぬ照焼きチキンがまたかなり良かった。

後半になってから汁に揚げエシャロットを入れたり、麺にカットレモンを絞って果汁を太麺に垂らしたりして、その違う風情を存分に愉しめることが出来た。濃厚鶏そばのスープを使ったつけ汁だそうで、乳化させずに濃厚な旨味を抽出させたものらしく確かにその味わい深さに芯を感じることができた。

スープ割りをお願いすると、こってりかあっさりか聞かれたてついうっかり普通と言ってしまったが、青ネギや鶏肉等の具材が追加されて素晴らしいサービスであり味も良かった。

朝獲れ卵のクリームブリュレも、かなり美味しい本格的なスイーツで素晴らしかった。気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく果てなく実に素敵だった。

(左フォト) つけそば鶏魚介煮玉子のせ(汁・麺・具) (2013.08.07)


 鶏そば 三むら (ミムラ)

 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-5-9小宮ビル1階  定休日:無休

 営業時間:11:30〜15:00/17:30〜24:00 ※土日祝午前の部は16:00まで

 アクセス:JR京浜東北線ほか浦和駅西口下車。伊勢丹裏にあるイトーヨカドー手前の道路を国道
       463号へ向かい、そこに出たら右折して50mほど進んだ右側の雑居ビル1階にあり。



2013年8月2日より浦和駅周辺で営業開始。

入口にはエビスビールのロゴがプリントされた暖簾。

蕨営業時代にTBSテレビ深夜番組で紹介されたこちら。

無料惣菜コーナーは、屋台サービスコーナーに。

味変用に用意された揚げエシャロットなど。

美味しかった朝獲れ卵のクリームブリュレ