中華・餃子 丸八 埼玉・南浦和





曇りがちながらわずかに青空が顔を見せて日射しも時折り街角に注いで、梅雨時に街をひととき乾かしていた六月水無月半ばの週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、時折り雨粒が軽く落ちては止んで、湿度をたっぷりと含ませた夜風がささやくそんな午後七時過ぎだった。

今夜はふと中華店でラーメンとチャーハンでがっつり行きたくなり、そう言えば以前こちらの店頭を見掛けて、そんな気分になったらここにしようと決めていた。そんなわけで仕事帰りまた南浦和で途中下車して、東口に出てそこからそう遠くないその店頭へやって来た。

店先入口上の黄色いビニールシートには中華・餃子に続いて店名の丸八の文字が大きく表記されていて、さらに餃子250円と記されていて周辺を歩く人々を誘うそんな店頭になっていた。

さっそく入店すると、カウンターが中ほどで角度を変えながらも、奥まで変則的に続いていたフロアとなっていた。

ちょうどその角度が変わった辺りの先客の方が食事を終え精算が済んで帰って行くところで、そこが雰囲気的に好きな場所だったのでそちらへ腰を下ろした。

その周辺のセットメニューに半チャーハンラーメンセットが無かったので、奥の単品メニューボードでラーメンとチャーハンの合計額が千円を越えていないことを確認してから、そのラーメンとチャーハンを一緒にお願いした。

すると店主らしき方が半ラーメンのお得なセットメニューがあることを教えてくれたが、がっつりモードだったのでそのままそれでお願いした。

とは言うものの、とんでもなかった某店でのことをまだ引きずっていて、念のため爆盛りでないか確認して普通だと受けてからそれでお願いした。

やはり店主のようで開業してから29年経つこちらだそうで、すると昭和59年頃の1984年頃から営業を始めたところだろう。ちなみに奥の常連さんらしき先客の方が口にしていた野菜炒め定食は、なかなかの盛り具合だった。程なく到着。

ごく一般的な量のラーメンとチャーハンがやって来た。牽制球は投げておいて、良かったのかも知れない。チャーハンにはザーサイが添えられて来た。それではと行かせて貰えば、どちらもなかなかの持ち味で、いい風情があって素敵な美味しさ。

ラーメンは背脂のような脂がスープに良い蓋をしていて、中太麺自体の風合いも好みなもの。チャーハンはパラっとした風情がなかなかで、ゴマ油が軽く香って全体のバランス感が実に絶妙と言えた。

時に中華店と言うと大抵は喫煙が可能で、こちらでもすぐ傍に灰皿が置かれてあった。ところが何気なくそこを見ると、その横に手書きの添え書きがあり、そこには「喫煙は周りの方の迷惑にならないようにお願いします」と案内されていた。なかなか素晴らしいさりげない表記と言えた。

なおメニューには、まぜそばやつけ麺も用意されていた。こんな中華店のまぜそばやつけ麺なら、また来店して楽しみたいものだ。チャーシュー等の具材もいい感じで、気がつけば完食。

女性でもこのラーメン&チャーハンを注文して食べて行く人がいるそうで、精算時にこの店ではゴージャスなパターンのオーダーになることも教えてくれた。

いや、かなりなかなかと言える素敵な美味しさだったラーメンとチャーハンで、また行きたくなるそんな素晴らしい中華店だった。

(左フォト) ラーメン/チャーハン/店頭外観 (2013.06.15)


 中華・餃子 丸八 (マルハチ)

 住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-40-7  TEL048-887-8485

 定休日:日曜・祝日  営業時間:11:30〜14:00/17:00〜24:00

 アクセス:JR京浜東北線他南浦和駅東口下車。ロータリー正面で武蔵野線右手添いの道路を100m
       程進んだ右側にあり。徒歩およそ2分。

.

最寄り駅はJR南浦和駅。歩いて2分程度。

店先には日替わりサービス定食のインフォメーション。

チャーハンに付いて来たザーサイ。

灰皿の傍にさり気ない添え書き。

厨房側の壁面には、セットメニューの一部の案内。

この通り沿いにある中華店。