ラーメンのまめぞう 埼玉・浦和中尾





白けた青空から秋の柔らかな陽射しが注いでいた、そんな九月長月の浦和勤務も実は本日が最終日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、スーツの上着を着るとまだ必要ないかなと思わせる季候の午後七時過ぎだった。

昨年まで殆ど訪れていなかった埼玉県内のラーメン店だったが、これで浦和周辺のかなりの店を紹介することができて良かった。これも今回の社内におられたK氏や、マイミクの北浦和のカッパ氏や結構人氏のお陰で心より御礼申し上げ上げます。

さてそんな最終日に、相応しいラーメン店は何処だろうと考えて、仕事帰りこちらを訪れることにした。

松戸市内に姉妹店がある本ブランド店のこちらで、勤務先からそう遠くない場所にオープンしてまもない頃訪れたもののその後は訪れていなかった。

そんなわけでそんな勤務先から比較的近い、その店頭にやって来た。よく乗るバス停からそう遠くないだけに、いつも遠巻きに店舗を見ていたりする。

と言うわけでさっそく入店すると、そこそこに盛況で明るいフロアが広がっていた。厨房前のカウンター席に促されて腰掛け、メニューリストを手渡されてそれをしばし眺めた。

少し悩んだ末に「まめぞうの個性派アレンジ各種」と紹介されていた、「Theオリジナル」なる提供メニューのどれかにしようとなり、その中の「まめぞうブラック」をオーダーした。

すると背脂の量と麺の硬さの確認があったので、そこは全て普通にして貰った。

色の濃い黒醤油をベースにした、鰹風味の鶏ガラのスープだそう。真っ黒ながらあっさり仕上げのスープらしく、そこに荒挽きブラックペッパーでパンチを利かせているそう。

その他は、まろやか豚骨塩味で昆布&鰹風味の「岩海苔乗せ柚子塩」や、直火炙りチャーシューと万能ネギがたっぷり入る醤油味かとんこつ味が選べる「青ネギ豚メン」。

さらには、オリジナル胡麻だれと熟成味噌を合わせてピリ辛味に仕立てた「まろやか濃コク味噌担々麺」があった。余談だがパソコン入力すると、担々麺が坦々麺になってしまうのは何処も同じ。

2週間ほど前に草加本店がリニューアルオープンを果たして以前の倍の広さになったそう。現在は隣りにあったお好み焼き店の壁をぶち抜き改装して営業しているらしい。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほどブラックペッパーのいい持ち味が全体を引き締めていた。おそらく富山ブラックをイメージしたものだろう。

背脂が比較的多めに浮くものの微塵切りのネギも多めだけにあっさりとした風合いで素敵な方向性を示すもの。とろとろで大判の煮豚が2枚重ねられており、煮玉子も入ってこれまたそれらが良かった。

気がつけば完食。いや、なかなかとても実に良かった。

(左フォト) まめぞうブラック/店舗外観 (2013.09.30)







やや雲が出ているものの青空から陽射しが注ぐ五月皐月下旬の月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかなそよ風が初夏の夜風となって紅いツツジを軽く揺らしていた午後七時過ぎだった。

今年の2月から浦和勤務となってまもなく4ヶ月が過ぎようとしているが、そんな当初の頃ネットで浦和中尾地区に「天華」と言う中華店があるとして気になったことがあった。

そこでその店頭に立てばしばらく前に閉店してしまったようで、次の借り主を待つ建物が虚しくバス通り沿いに建っているだけだった。

そんな建物が少し前から新しい借り主が決まったらしく、ガラス窓にそんなインフォメーションが貼られていた。

そこで先日は近くに寄ってチェックを入れて見ると、なんと松戸みのり台で営業している旧イブクロミチルのみちる屋本ブランドとなるまめぞうの支店が出来るとして色めき立つしかなかった。

一昨日無事オープンしたようだがチラシ持参でラーメンが半額になるセールもやるとして、そこはかなりの混雑が予測された為土日を回避して、今夜ならば多少待つ程度だろうとその店頭へやって来た。

2000年に草加の地に開業したまめぞうで、株式会社ジンクルが営業するラーメン店だ。現在は北越谷と春日部にも支店が営業しているらしい。

入口に名前と人数を記入するノートがあり、それほどの記入者もなかったこともあってそこへ記入。

しばし入口辺りで名前を呼ばれるのを待っていると、さらに後続客が続いてこれはタイミングが良かったようだ。

その後そう待つこともなく、入店することが出来た。奥寄りのカウンター席に促されて着席。

実はオープンセールチラシの半額になるクーポンをしっかりゲットしていて、その一枚を切り出してまめぞうラーメンとサイドメニューも行くかとその中からチャーシュー丼小を選んでオーダー。

蕨周辺にある「ばんぶる」や大宮にある「門ぱち」に、浦和御園の「四六三(よろず)」もまた「みちる屋」と同じようにこちらの系列店であることが、そのチラシクーポンを見て知るところとなった。

ふと厨房を見ていると菅野製麺所の緬箱が、さり気なく置いてあった。厨房内はさながら戦場で、かなり大変なご様子だった。

壁面には2000年創業の文字と共に背脂系醤油味の「まめぞう味」と、白濁系豚骨味の「とんこつ味」の2タイプのスープがある案内もあった。

それにしても3日目の夜でもかなりの混雑で、土日を回避して正解だった。あと数日はこんな感じと言ったところだろうか。しばしの後に、オーダーした品がやって来た。

それではと行かせて貰えば、あっさり醤油のスープに背脂がやや多めに浮いていて、麺を上げれば菅野製麺所製らしいやや太めの中太緬が顔を見せるもの。

なかなかいい持ち味があって、素敵な美味しさだ。国産のゲンコツや鶏ガラを野菜等と共に10時間以上炊き出したスープだそう。

目の前にガーリックオイル・ニンニクあぶらとある通称ガリオなるそれが置いてあり、後半になってからラーメンに垂らして食したが、そんなにしつこくない仕様のもので良かった。

チャーシュー丼も良い感じで、気がつけば完食。後で気がついたが満足カードを貰って提示すると、毎回チャーシューのサービスがあるらしい。

いや、なかなかとても良かった。何はともあれ、落ち着いた頃また訪れたい。

(左フォト) まめぞうラーメン/チャーシュー丼(小)/店舗外観 (2013.05.27)


 ラーメンのまめぞう 浦和店

 住所:埼玉県さいたま市緑区中尾238-1  TEL048-711-4239  ※企業公式サイトはこちら

 定休日:年中無休  営業時間:11:30〜15:00(14:45LO)/17:00〜翌2:00(1:45LO)

 アクセス:JR京浜東北線他浦和駅東口下車。東口ロータリー2番バス乗場より国際興業バス浦和
       駅・東川口駅・浦和美園駅方面の浦01浦02浦02-2浦09他系統の路線バスに乗車し、8つ
       めの花月バス停で降車して進行方向へ50mほど進んだ右側にあり。

.

2013.5.25オープンのまめぞう浦和店。

厨房にはさりげなく菅野製麺所の麺箱。

通称ガリオらしいガーリックオイル。

ウリは2種類のスープと、名物のネギ山ラーメン。

このマークがトレードマークのようだ。

満足カードを貰うと、毎回チャーシューのサービスあり。