一代元 大宮本店 埼玉・加茂宮





梅雨と呼ぶにはまだ早過ぎたような青空から、燦々と陽射しが紅いツツジの花に注いでいた五月最終日の金曜日。

また仕事の所用で大宮周辺に来て、昼休みとなって本日は予定通りこちらへやって来た。一和フーズさんが手掛けるラーメンチェーンの本店となるようだ。

少し前から大宮周辺に点在するそんなこちらが気になっていて、先日はたまたま本店を訪れた代一元と似ている店名だけに余計に頭の片隅に残る感じがあった。

1998年3月に設立された一和フーズさんがその8月にFCモデル店の蓮田店を開業させ、その12月に栃木県大田原市内にFC1号店となる大田原店がオープンしたそう。

こちらは2000年1月にFCパイロット店としてオープンした直営店の本店らしい。

さっそく入店するとランチタイムのいい時間もあって、盛況なフロアが広がっていた。お店の方の明るい挨拶がとても好印象のこちらだ。

カウンター席に促されて、手元にあったメニューリストの740円セットの中から醤油らーめんと豚肉の味噌炒め丼を選ぶと、こってり豚骨スープかあっさり鶏ガラスープを選べるこちらで、そこはこってり豚骨スープを選択。

すると今度はさらに太麺か細麺か選べるそうで、悩むことなく太麺をお願いすることにした。

サンラータンメンが好評お奨め商品のこちららしく、お店の方は皆一様に忙しいのにその商品をお奨めしながら仕事に従事しておられて大変そうだった。

メニューリストのそこかしこに出て来る子供は、イメージキャラクターらしく一介(いちすけ)とした名前がちゃんとあるようだ。

入口寄りの奥の壁を見ると、昨年の12月にジャカルタに支店がオープンしたらしく、そのことが大きく案内されていた。

国内で営業する店舗の規模はどんなところか気になるところだが、公式サイトの店舗案内によれば、石川・金沢店、長野・佐久店、山梨・六科店、茨城・勝田店、群馬・沼田店、群馬・館林店、東京・国分寺店、栃木県内は黒磯店など6店。

そして御膝元の埼玉県はこちらを含めて計14店で、国内を全て合計してみると現在27店におよぶこちらのようだ。

なおさらに新ブランドとして大宮駅西口に「らーめん一代元BUSHI道」大宮桜木町店が2009年3月にオープンしている。

先述した代一元は一年中冷やし中華が愉しめることで知られているが、こちらは夏季限定メニューで、しかしそこは代一元を意識しているのか定かではないが、なかなか豊富なラインナップ。

しかも冷たいスープの冷やしラーメンもあってそれもメニューが豊富で、さらにつけ麺にも力を入れた提供内容となっていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、一昼夜炊いたものらしいかなりこってりした濃厚な豚骨スープに中太麺が泳ぐラーメン。豚肉の味噌炒め丼はニンニクが効いたもの。

どちらもいい感じで、これで740円ならずいぶんお得と言えるセットメニューの美味しさと言えて、気がつけば完食。いや、なかなか良かった。

(左フォト) 醤油こってり太麺/セット豚肉の味噌炒め丼/店舗外観 (2013.05.31)


 ラーメン&らーめん 一代元 大宮本店

 住所:埼玉県さいたま市北区宮原町2-52-11  ★公式サイトはこちら

 TEL048-653-4826  定休日:無休  営業時間:11:00〜翌2:00

 アクセス:埼玉新都市交通ニューシャトル加茂宮駅下車。国道17号に出て右手に500mほど歩いた
       右側にあり。

.

メニュー豊富なこちらで、夏季限定冷やしラーメンもある。

こってりは黒どんぶり、あっさりは白どんぶりで来る。

イメージキャラクターの子供の名前は一介くん。