百歩ラーメン 埼玉・北浦和西口





新しい勤務先に結構な程と言えるラーメン好きな方がおられて、その方から色々とお聞きして参考にさせて頂いている。その方がこちらの常連さんのようで、それならかなりいいに違いないとして仕事帰り立ち寄ることにした。

初めてこちらの店名を耳にした時に、さてその店名浦和周辺とは違う何処かの街で見掛けた気がするなと記憶を辿れば、そう苦労せずに思い出すことが出来た。

最近はあまり行かなくなったが、以前は鉄道の戦前資料を探す為に古書店がある神保町へ頻繁に出掛けたもので、その際にインパクトのある店名だけに街角で見掛けて記憶に残っていた。

ネットで調べると既に閉店しており、随分短い営業期間で閉店してしまったようだ。

そんなわけで一駅だけ京浜東北線電車に乗って、初めて北浦和で下車して、駅からそう遠くないこちらへやって来た。1999年9月15日にこの1号店である本店がオープンしたらしい。

ネオンで店名が表されており、それだけに煌びやかに眩しいこちらの店頭だった。店先の道路がやけに車の通りが激しいと思ったら、中山道の国道17号で大型トラックの往来が少なくなかった。

店舗右寄りには由来とした記述が成されていて、「長寿の秘訣は養生にあり 自然の道理に順じて生きる」と記されていた。

入店するとかなり盛況なこちらの店内で、見ると席が空くのを待っている方までおられた。ともあれタイミングが良かったようで、直ぐに促されたカウンター席に座れた。

さっそくメニューを手にしてそこから店名そのままの不動の人気ナンバー1メニューらしい百歩ラーメンと、サイドメニューもまた行くかとなってチャーシュー丼もオーダーした。

すると最近出来た新メニューなのか、メニューリストには記載されていなかった温玉チャーシュー丼なるものがあるようで、それを勧められてそのビジュアルインフォを見せて貰いそれならばとそれでお願いすることにした。

先述した都内の支店についてお聞きすると、2009年6月に神保町店をオープンさせたこちらだが、思うように流行らなかったので2010年3月を以て閉めてしまったそうだ。

笑丸らーめんと一笑らーめんは、こちらの系統となるラーメン店のようだが、経営は独立しているらしく違う体制なのだそう。

現在支店は戸田店・朝霞店・川口店・大宮店・東川口店の五店が営業しているようで、南浦和にも百歩ラーメンが在るがそちらは暖簾分け店となるよう。

大量の刻まれた白ネギが辛子高菜と共に、自由に取れるようになっているこちらだった。程なく到着。

なかなかの面持ちを有する、風情の豊かな塩とんこつラーメンがやって来た。ネギを少し多めに入れさせて貰いそれではと行かせて貰えば、とんこつだけでない鶏のさり気ない旨味がたまらない美味しさ。

豊華食品と刻まれた麺箱が見えたのでそちらの麺のようだが、この麺の風合いがまた実に素晴らしかった。

温玉チャーシュー丼に刻みネギと辛子高菜を入れてから口にすれば、これもかなり満足度の高いそんなサイドメニューと言えた。

それだけにこうなったら替え玉も行ってしまえと、カタメでお願いすると皿に盛ったスタイルでなく、お店の方がスープに麺を投入する最近都内ではあまり見ない替え玉提供方式。

それにしてもクセになりそうな味わい。チャーシューも美味しく、メンマがまた良かった。気がつけば完食。いや、これはなるほどな美味しさで、かなり実にとっても素敵で良かった。

(左フォト) 百歩ラーメン/温玉チャーシュー丼/店舗外観 (2013.02.07)


 とんこつ 百歩ラーメン 北浦和本店

 住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-23-13  ※公式サイトはこちら

 TEL048-822-7676  定休日:月曜日  営業時間:11:00〜翌4:00(LO3:45)

 アクセス:JR京浜東北線北浦和駅西口下車。ロータリー奥の中山道である国道17号の横断歩道
       を渡ってから左手へ歩いて行き200mほど進んだ右側にあり。



北浦和駅から中山道に出て、200m歩けばこちらの店頭。

長寿の秘訣は養生にあり、自然の道理に順じて生きること。

百歩ラーメンのメニューリスト。

百歩ラーメンのビジュアルインフォ。

卓上に取り放題の刻みネギ&辛子高菜。

中山道である国道17号沿いにあるこちらだ。