中華 ひのまる 埼玉・南浦和





曇りがちな空が夏の色を片付け出したような涼しい風を吹かせていた、遥かな表層はそれでもまた空を高くさせた九月長月下旬の祭日秋分の日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夜風がそれでも涼しいと言う範疇で街にそよいでいたそんな午後七時過ぎだった。

南浦和にもまだ幾つかの未訪問店があり、そんな一店のこちらが気になるところとなって、また南浦和で途中下車して真っすぐその店頭へやって来た。

中華店と言うと中国人の方が営業する比較的歴史の浅い店と、日本人の方が古くから営業して創業50年はざらにある店に分かれると思う。

そんなこちらは店名からして「ひのまる」だけに、おそらく後者なのだろうと容易に推測できる。しかし必ずしもそうとは言い切れず、実際そこら辺を確認したいところだ。

と言うわけでファミリーマート南浦和駅東口店が入る、ビル1階の左奥で営業するこちらへ入店。小じんまりとしたフロアでビル自体が新しいだけに、パッと見は老舗中華店と言う感じは無かった。

若い夫婦の方が一品料理を前に箸をつついて、サラリーマン風の方がビールを呑みながら注文した品を待っている店内だった。

そんな先客の前を横切って奥の厨房の前になるテーブル席へ着席。メニューリストの中から780円のラーメン・半チャーハンサービスセットを見つけてそれをお願いすることにした。

ちなみにその上を行くようなネーミングの大サービスセットと冠が付いたセットメニューがあるこちらで、それは全部で3種類ラインナップされていて価格は微妙に変えてある設定だった。

それぞれラーメンか中華ざるどちらか選べて、そこに小ライスも付くもので、Aが白身魚のフライ、Bが野菜炒め小、Cがレバニラ炒め小となっており、価格は順番に列記すると710円・760円・780円。

厨房に二人と客席担当が一人の布陣で、皆さん日本人のようだったので店名からして老舗と期待出来そうな気がした。

そこで例によって創業してどれくらい経つこちらかを、ずばりさりげなくお聞きして見ると、なんと昭和39年創業の中華ひのまるだそう。

創業ほぼ50年のこちらであった。ともあれ目の前の皆さんはお若い方ばかりで、三代目になる方なのかも知れない。

「ひのまる」とは書き留めるまでもないが日本国旗であり一般的に日章旗と呼ばれ、古くは軍扇として用いれられたと言う。

江戸幕府はこれを海上輸送船の船印として定め、明治政府も国旗制定の必要から日の丸の印が適切としてそれを定め今日に及んでいるらしい。程なく到着。

それではとラーメンから行かせて貰えば、なかなかの勢いを感じる良いシフトで、とても素敵な中華そばと言えるもの。

店先に設置されていたLED電光掲示板の流れる文字に、インスタントを使用していない手作りスープと案内されていたがまさしくの美味しさ。

麺も細やや縮れ気味の風情豊かな面持ちがたまらないもの。チャーハンは日本人中華店らしく、どちらかと言えばヤキメシ風と言う感じだ。

気がつけば完食。いや、なかなか素敵な風合いで、とても良かったラーメンと半チャーハンだった。

(左フォト) ラーメン/セット半チャーハン/入口の電照看板 (2013.09.23)


 中華 ひのまる

 住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-36-11カトレヤビル1階  TEL048-887-3196

 定休日:土曜日  営業時間:11:30〜15:30/17:30〜24:00(23:30LO)

 アクセス:JR京浜東北線他南浦和駅東口下車。ロータリー正面で武蔵野線右手添いの道路を70m
       ほど進んだ左側のファミリーマート南浦和駅東口店の左手奥にあり。徒歩およそ1分。

.

ファミリーマート南浦和駅東口店の左手奥にあり。

創業およそ50年になるこちらだそう。

サービスセットだけでなく、大サービスセットもある。