東川口大勝軒 埼玉・東川口





夏の大気が青空をまた隠して、往く風が時折り陽射しを街に注がせていた、九月長月上旬の週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかに涼やかなそんな午後七時過ぎだった。

社内のラーメン通であるK氏から東川口駅周辺にも大勝軒があり、昔から営業していてなかなか評判が良いらしいことをもう一軒のラーメン店と共に教えて頂いた。

東川口にも大勝軒があったとは気がつかなかった。東が付くだけに東池袋大勝軒系だろうと思いつつ、ネットで調べて見るとこれが永福町大勝軒系。

先日訪れた大宮駅周辺の大勝軒のことがすぐ脳裏に及んだが、こうして思い返すと永福町大勝軒系は何店も訪れているが、大勝軒が付く店は西習志野大勝軒昭島大勝軒くらいでそう多くない。

そんなわけで随分前から営業しているならば、是非ともと言う気持ちが強まって仕事帰り訪れることにした。と言うことで武蔵野線電車に乗って東川口で下車。

かなり前に訪問した某店の店頭を横切って、そこからそう遠くないその店頭へやって来た。大きなガラス窓が印象的な、そんな店舗が目の前に現れた。

自立柱に取り付けられた袖型電照看板と入口上の壁面設置型電照看板に、白い生地の暖簾それぞれに大勝軒の文字が大きく表記されていた店頭だった。

さっそく店内に入ると比較的広い店内で、そこそこの先客が店内に用意されていた漫画を見ながらラーメンを待っていた。フロアの煮干しの香りが、その系統を直ぐ思い起こさせる。

さて何処に座るかとその場所を探していると、手前右寄りの壁面に各店舗が列記された贈答大鏡があるのを見つけ、思わずその傍のカウンター席に身を寄せて腰掛けた。

そしてメニューを眺めてそこから1050円するチャーシューワンタン麺を、厨房に一人おられたお店の主にお願いした。

あらためて大鏡を見ると、右側からこのように列記されていた。中華麺製造卸(株)草村商店、永福町大勝軒、杉並区大宮八幡草むら、保谷大勝軒、一ツ橋大勝軒、狭山ヶ丘大勝軒。

さらに続いて、東岩槻大勝軒、昭島大勝軒、秋川大勝軒、高萩大勝軒、毛呂大勝軒、一の割大勝軒、梅ヶ丘大勝軒。そして最後に杉並区堀ノ内草村米店と田無柳沢米店の名も刻まれていた。

本家は1955年の昭和30年に創業したが、こちらは1988年の昭和63年7月5日に開業した大勝軒だそうで、1988年と言えば私が秋葉原家電量販店に転職した年でついついその頃を偲んでしまう。

当時リクリートが発刊していた週刊就職情報が今はなきビーイングに名を変えて創刊され、どんな情報紙かとたまたまそれを購入したのがきっかけで、そこに掲載されていた家電量販店に応募して面接で内定を受けたものだ。

そのころ昭和天皇の御容体が思わしくなく、新聞の一面は連日その安否を気遣うものだったことを今でも覚えている。残念ながら昭和天皇は翌年の年明けに崩御されてしまい、平成の年号はそのまま家電量販店の勤務年数となりそれは17年間続いたものだった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、気持ち濁った豚骨スープに永福町らしい煮干しの味わいが実にたまらないもの。ラードはもちろんカメリアラードだそうで、草村商店製の麺がまた素敵だった。

チャーシューがまたかなり美味しいもので、ワンタンも多めに入ってちゅるんと来る喉越しに至るまで良かった。気がつけば完食。

そう言えばこちらも平成の年号が営業年数で、今年は平成25年。精算時にさりげなく「25周年おめでとうございます」と告げながら支払った。いや、本家を思い起こさせるもので、かなりとんでもなくとっても実に素敵だった。

(左フォト) チャーシューワンタン麺/大鏡/東川口駅 (2013.09.07)


 東川口大勝軒

 住所:埼玉県川口市戸塚2-25-1  TEL048-294-7363  ※企業公式サイトはこちら

 定休日:木曜日  営業時間:11:00〜21:00

 アクセス:JR武蔵野線東川口駅下車。改札を抜けたら右手の南口側に出て前方の横断歩道を渡り
       線路沿いの道を新松戸方面に150mほど進んだ右側にあり。徒歩およそ3分程度。

.

昭和63年7月5日に開業した東川口大勝軒だ。

おみやげラーメンも販売しているようだ。

メニューリストと調味料卓。