ぎょうざの満洲 埼玉・北浦和西口





夏の雲が青空を幾分隠しながらも陽射しが夏の街に注いでいた、また朝から暑い八月葉月上旬の週明け日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夜風吹けば涼しいものの、それが止むと湿度を感じるそんな午後七時過ぎだった。

2年前の立川勤務時代に通勤途中駅の東小金井駅で下車して、西東京と埼玉周辺にだけ多く営業しているこちらを訪れたものだ。

北浦和西口にもそんな支店があると早い時期から気がついていて、今夜こそとなって仕事帰り立ち寄ることにした。そんなわけで路線バスでまた北浦和に出て、その店頭へやって来た。

キャッチフレーズは「3割うまい!」で、店先に描かれるランちゃんも指を三本立てている。ライバル店より3割うまいわけでなく、うまい・やすい・げんきを表した経営理念から来ているらしい。

東小金井店のレポートでも触れたように、昭和39年に所沢市内で満洲里と言う名の中華店として創業したこちらだ。

昭和47年に満洲飯店、昭和52年に現在のぎょうざの満洲と店名を改称して、その後何処の支店も直営と言う他店舗展開が始まって今日に至っている。

と言うわけで中に入れば、そこそこに盛況のフロアが待っていた。中ほどのテーブル席に促されて、そこに腰掛けてからメニューを広げた。

さて何にするかとなったが、少し悩んだ後で710円するネギみそと餃子を、そのビジュアル画像がラーメンショップをイメージさせたこともあってすんなりそれに決まった。

明るい店内はチェーン店らしく清潔で、むしろこんな風に蛍光灯に照らされていた方が落ち着く人も少なくない。私もそんな一人であったりする。

ちなみにみそつけめんなる提供メニューに若干気をそそらせたし、八月の限定はレバニラ炒めらしくその所為かレバニララーメンなるメニューもあってそれも気になった。

来月はチャーハンの予定だそう。ちなみに2010年からは、全店終日禁煙となっているらしい。

昨年は関西圏にも初出店を果たしたそうで、先月はせんげん台駅店がオープンしたらしく、そんな店舗も入れて現在69店舗におよぶこちらのようだ。

程なく餃子が先に到着。大ぶりな餃子が6個楕円形の皿に盛られてやって来た。

これで210円なのだから店名にその名前が入るのもうなずけると言うもの。口にしても実になかなかの美味しさだった。

そしてネギみそラーメンも、そう待つこともなくやって来た。それではと行かせて貰えば、やや甘みを感じながらもピリ辛の味付けで、煎りゴマがラーメンの香りを引き立てておりこれまたなかなかの旨さ。

ラショのようにネギとチャーシューを細切りにした具材がたっぷりと乗せたものだ。

そちら見たいに胡麻油などを和えてしんなりとさせておらず、また違った風情となっていたがこれはこれでまた良かった。気がつけば完食。

中華チェーン系の味噌ラーメンはどこもが各店で趣向を凝らしており、何処かに個性を持たせてながらも、何処かに温故知新のフレーバーを感じさせてくれるものでそこが実に良かった。

中華チェーン店でラーメンの味に悩んだら、やはりそこは味噌が良いだろう。いや、なかなかとても実に美味しかった。

(左フォト) ネギみそ/餃子/店頭外観 (2013.08.04)


 ぎょうざの満洲 北浦和西口店

 住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-19-6  ※公式サイトはこちら

 TEL048-834-6800  定休日:年中無休  営業時間:11:00〜21:50(21:30LO)

 アクセス:JR京浜東北線北浦和駅西口下車。ロータリー左奥の斜めに進む道路を歩いて行き中山
       道である国道17号に出る手前の左手にあり。



3割うまい!の昭和39年創業、ぎょうざの満洲。

カラフルで見やすいこちらのメニューリスト。

精算レジの直ぐ傍に、お土産販売商品がある。