ぎんねこ 埼玉・浦和西口





薄い雨雲からわずかな小雨が穏やかに落ちて、寒くなく暑くなくの秋らしい気温となった、浦和勤務を昨日終えたばかりの十月神無月初日の火曜日だった。

ここのところ蕎麦屋でラーメンが続いているが、浦和でも一軒すでに訪れているが、さらなるラーメンも提供する蕎麦店を見つけて思わずいつも以上に気になるところとなった。

それがこちらだ。実は猫好きの私で、その蕎麦屋の店名が銀猫と言うからもうこれは昭和初期頃の開業もあって行かねばとなった。1920年代後半と言うからおそらく昭和2〜3年辺りだろうか、その頃に洋食・喫茶シルバーキャットとして創業したこちらだそう。

しかし太平洋戦争に突入する頃に店名が敵国語として店名改称を余儀無くされ、日本語に直訳して営業を続けたが戦後物資が乏しくなったのをきっかけに蕎麦店に業態変更して現在に至るそう。

そんなわけで午後から都内で所用があるなか、浦和勤務は終了しているものの、また宇都宮線中距離電車に飛び乗って浦和へやって来た。淀んだ空が街をねずみ色にするものの小康状態で雨が止んでいた。また降り出す予報が出ており、ぐずついた一日となりそうだった。

西口側に出て伊勢丹の裏手に回り、イトーヨーカドーへ向かい突き当たりを左折。この道路を真っすぐ歩いて行けば後は道なり。

バス通りを越えると、県庁の裏門に通じる通りゆえに裏門通りと名付けられたこちらが在る通りとなる。すぐ近くには浦和宿の代表的な古刹の玉蔵院が鎮座していた。

それだけに玉蔵院の門前通りに対して裏門通りのように思えるが、玉蔵院の裏門はなるほど見当たらず思わず納得の周辺だった。

しばしそんな裏門通りを歩いて行く。100mほど歩くと、左側に風情良く佇むこちらの店舗が営業していた。こちらもまた寺院周辺で営む蕎麦屋で、ラーメンも提供しているだけに、思わず八幡神社前三久庵を思い出した。

藍色の暖簾が二つ掛けられている店先で、入店客が出入りする側には生蕎麦の文字が染め抜かれて、厨房の出入り口の方には「ゆでめん」とだけ記されていた。

そしてその暖簾の上の薄い肌色の壁面には、大きく平仮名で店名のぎんねこの文字があった。さっそく入店すると正午も近くなって来たのもあってか、そこそこに盛況な店内が広がっていた。

如何にも蕎麦屋らしい風情だが、その昔は洋食・喫茶シルバーキャットだったかと思うと不思議な感覚に襲われる店内だ。一番奥寄りのテーブル席へ腰掛けて、メニューを確認してからラーメンをお願いすることにした。

中華メニューはこのほかにチャーシューメンに月見中華、冬季限定で10月頃〜3月頃と案内されていたやさい中華に、おそらく餅が入るであろうちから中華。

さらには夏季限定で4月頃〜10月頃と記されていた冷やし中華と、冷やし月見中華があるようで冷やしはトマトが一個スライスされて乗るらしく月見は目玉焼きが乗るようだ。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、こちらもまた口にすると蕎麦屋に居ることが錯覚ではないかと思わせるほど風情豊かな面持ちのラーメン。鶏ガラに豚ガラ辺りのスープだろうか。チャーシューが絶品で、メンマや青菜やナルトに海苔がまた良かった。

麺はやはり自家製麺だそうで、熟成させずに朝打ったばかりのものだろう。気がつけば完食。精算を済ませた後で、周辺に鎮座する先述した玉蔵院を参拝。本殿の周囲は枯山水の美しい石庭で見応えがあった。

何気なく境内を歩いていると、猫が毛づくろいしてまったりしていた。三毛猫風で銀色のような毛も散見され、思わずこの寺院の主なのかと思いを馳せてシャッターを下ろした。ふと見上げた境内の木々も、確実に秋の深まりを感じさせた。いや、かなり果てなくとんでもなく実にとっても何処までも良かった。

(左フォト) ラーメン/店先/店舗外観 (2013.10.01)


 ぎんねこ (蕎麦店)

 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町2-13-17  TEL047-822-4751

 定休日:土曜・日曜・祭日  営業時間:11:30前後〜14:00 ※開店時間は11:00前になる時もあり。

 アクセス:JR京浜東北線ほか浦和駅西口下車。伊勢丹裏にあるイトーヨカドー手前の道路を国道
       463号へ向かい、そこに出たら更に直進して裏門通りを進んで100m先の左手にあり。



昭和初期創業時は、洋食・喫茶シルバーキャット。

現在は日本蕎麦店で、中華メニューも比較的多め。

店先の道は、県庁の裏門に通じる通りゆえに裏門通り。

玉蔵院の施餓鬼は、関東三大施餓鬼の一つらしい。

玉蔵院内の枯山水の美しい石庭。

玉蔵院の境内でまったりしていた可愛い猫。