風風ラーメン 埼玉・浦和西口 ※閉店





春霞が増幅していた分だけ陽射しが淡くなって、小梅の白い花が咲き乱れて桜の蕾も小さく膨らみ始めた、そんな三月弥生前半の週明け日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、正午頃から吹き荒れた強風が陽が暮れても収まることなく、街を駆け抜けていたそんな午後七時過ぎだった。

時折りたまに見掛けるラーメンチェーン店で、機会があれば入ってみたかったこちらだけに、浦和駅西口周辺にあるのを見つけて思わず今回訪れることにした。

1995年創業の風風ラーメンで、福岡県北九州市に本社を置くリズム食品株式会社と言う会社がフランチャイズ展開を手掛けているよう。

その企業の公式サイトを開いて初めて知ったが、なんと訪問したことのある桜吹雪が風に舞うは、こちらと同じ会社のラーメン店であった。

そんなわけで強風が体温を下げるなか、その店頭へやって来た。さっそく入店すると先客が数人の比較的広い店内が待っていた。

さて大風を避けたいこともあって先客の後ろをすり抜け、奥まで進んでから先客二人の間のカウンター席を選んで腰掛けた。

メニューリストを手にすると、ラーメンとミニ丼ものにミニサラダもやしもついて1000円の午後五時から対応のディナーセットがあったので、この際だからそのセットで行くことにした。

ラーメンはどれにするかと悩んでいると、バリ黒祭なるインフォを見つけて、黒マー油を浮かべたラーメンが3タイプ用意された中からバリ黒豚骨を選んだ。ただしそれはプラス100円のようだ。

サイドメニューはパーコー丼・マーボー丼・ミニカレー丼・からあげ丼・そぼろ丼の中から選べて、そこから一見キーマカレー風のミニカレー丼にした。

ちなみに16〜19時の間で、30分呑み放題500円があるこちらのようだ。ふと前方を見ると、まもなく4周年となる浦和西口店のようで、そのインフォメーションがあった。

今月の15日と16日はそれを記念して、とんこつラーメンとバリ黒とんこつラーメンが、通常価格の半額で提供されるように案内されていた。

また入店して直ぐに気がついたが、壁面の下半分が沢山入る本棚になっており、そこに想定外の量の漫画単行本がびっしりと並べられていて、ここまであるかと言う圧巻の蔵書を誇るこちらだった。

さり気なくお店の方にお聞きすると、何も浦和西口店に限ったことではないそうで、他の支店も蔵書内容は若干違えど大量の漫画単行本が用意されている風風ラーメンさんらしい。

ちなみに現在関東地方には21店があるようで、そのほかに関西・中国・四国・九州・沖縄地域に関東21店を含めて合計43店が営業しているようだ。

また提供メニューは、油そばやつけ麺に台湾ラーメンもメニューに並ぶこちらで、麺は申請すればストレート細麺・ちぢれ細麺・ちぢれ太麺から選べるらしい。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なかなか好感度のいい熊本風のとんこつラーメン。豚骨スープが良い方向性で、博多風の細麺も良い風合いで、チャーシューもやはりいい感じだった

公式サイトによれば、風は動いているから風と呼ぶのであって、常に変化を欠かさずに動き続けることが大切なのだそう。多くのこだわりを以て、営業している風風ラーメンさんのようだった。

ミニカレー丼はなかなかの辛さで、サラダもやしもオカズにもなる感じで良かった。気がつけば完食。いや、他のメニューも後日試して見たくなった美味しさだった。

(左フォト) バリ黒豚骨/セットミニカレー丼/セットサラダもやし (2013.03.10)


 風風ラーメン 浦和西口店

 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-2-8山川ビル1階  ★公式サイトはこちら

 TEL048-749-1228  定休日:年中無休  営業時間:11:00〜翌2:00

 アクセス:JR京浜東北線ほか浦和駅西口下車。伊勢丹裏にあるイトーヨカドー手前の道路を国道
       463号へ向かい程ない左側にあり。



午後五時から対応のディナーセットあり。

漫画単行本はありえない量の蔵書のこちら。

店内の調味料コーナーには辛子高菜もあった。

様々な提供メニューがならぶメニューリスト。

SINSE1995 風風ラーメン。

16〜19時30分呑み放題500円あり。