中華そば 田家 ふくふく
埼玉・上福岡

※埼玉県ふじみ野市上福岡6-5-4 時代






浦和勤務となってその周辺ラーメン店情報を追っていると、埼玉県内全ての情報が一緒に入って来て、その西寄りの情報も一緒に知るところとなる。

今回鶴ヶ島の某人気ラーメン店を訪れた後で、せっかくここまで来たのだからもう一軒となっても、それだけに直ぐこちらが浮かぶところとなった。

そんなわけでそちらを出て、駅に戻って上りの東武電車に乗車。乗った電車は急行で、川越市駅に着くと隣りのホームに始発の各駅停車が停まっていた。

こちらの最寄り駅である上福岡は、各駅停車しか停まらないだけにそこで乗り換え。それにしても東武東上線で、ここまで来たのは確か初めてだ。

駅を南口に出てロータリーに立つ。駅前には25階建て住宅棟が隣接してそびえるココネ上福岡が異彩を放っていた。

それを横目に左寄りから延伸する道路を歩いて行き、500mほど進むとその通り沿いの左側に営業中の赤いノボリが見えて来た。

そこへ辿り着くと風情も豊かに細長い暖簾を入口に垂らして、こちらが和風の面持ちの建物で営業していた。

店先に入店を待つ夫婦がおられたが、まもなく入店を促されて程なく私も引き入れられて入店。

中へ入るとちょうどカウンター席の先客が支払いを済ませて帰って行くところで、それをやり過ごしてからその席に腰を下ろした。

ラーメン本に紹介されていた鶏そばにしようかとお願いしたがその内容が変わっているそうで、それならばとなって塩そばで注文することにした。

そう遠くない川越市久下戸に、こちらの本店があるそうで、こちらはその2号店になるようだった。

2003年にふじみ野市の福岡中央公園傍で、麺匠千葉屋として開業したこちらだそう。そこを2007年に移転して出来たのが田家本店であるらしい。

こちらもまた2011年6月10日に当初は田家別ブランド店として「麺処ちゃ木」なる店名で上福岡駅北口側の創業の地近くの開店している。

しかし2012年2月25日に今の場所に移転したのを機に、現在の店名となったそうだ。

夏季限定で冷しラーメンも提供しているこちらで、しかも来月3日・4日の上福岡七夕祭りでは極み冷し鶏そばなる数量限定メニューが用意される予定らしい。

またさらにはお盆休み企画として来月13日〜18日にも、冷し沖縄の塩昆布そばなる限定がやはり数量限定で提供予定のようだった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、こちらもまた煮干しの風味豊かに、様々な旨みが織り成す味わいがたまらない素敵な美味しさ。

やはり無化調だそうで、天然素材の旨みを活かした商品作りに力を入れていることが、店内に明示されていたがなるほどなシフト感を感じた。

いいものをこだわりを以て提供すれば、入店客は自然についてくるもので、盛況な店内がそれを証明していた。

中細ストレート麺も好きな仕様で、チャーシューも美味しく、気がつけば完食。いや、こちらもとてもなかなか実に良かった。

(左フォト) 塩そば/こだわりインフォ/店頭外観 (2013.07.30)


 中華そば 田家 ふくふく

 住所:埼玉県ふじみ野市上福岡6-5-4  TEL049-293-6933

 定休日:無休  営業時間:11:00〜21:00

 アクセス:東武東上線上福岡駅北口下車。徒歩およそ4分。



最寄り駅は東武東上線の各駅しか停まらない上福岡駅。

駅前には25階建てが隣接してそびえるココネ上福岡。

限定冷しラーメン目白押しのこちらだった。