ちゃーしゅうりき 埼玉・西川口東口





青空から燦々と陽射しが注いで、紫陽花の後に咲き出したような花が折からの夏のそよ風に揺らいでいた六月水無月下旬の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夕焼け空が暮れなずんでゆくそんな午後七時過ぎだった。

時に先日の話しだが、某千駄木カフェマスターから是非とも行って見て欲しいとこちらをお奨め頂いた。そのラーメンは言わば家系ライクなラーメンとのことだった。

2007年11月にオープンした、比較的歴史の浅いこちららしい。狭山方面にチャーシュー力なるそっくりな店名が存在しているが、そちらとは全く関係ないらしい。

家系と言えば横浜勤務時代に総本山の吉村家を訪れたものだが、巷の家系ラーメンとは結構違う味わいであることに随分驚いたものだ。

また千葉市内勤務時代には直系1号店杉田家の千葉支店を訪れて、何処か巷の家系ラーメンのベースになっているのではと思ったことを思い出す。

こちらはそんな中で、どんな家系ライクなラーメンを提供しているのだろうか。某氏が薦められるだけに余計気になるところだった。

そんなわけで西川口で途中下車して、また東口側に出てロータリーに立った。左寄りには先日訪れたつけめん店が営業しており、その店の前を通って角を曲がり間もない左手にあるこちらへやって来た。

入口上の黄色いビニールシートに店名が大きく表記されていて、その上に「濃厚でもクリーミーとんこつらーめん」と記されていた。

そして入口右手に案内幕が張られていて、こちらのラーメンのビジュアルと共に横浜家系らーめんの比較的大きな文字が入り、スープは地鶏と黒豚による豚骨醤油味で麺は極太特注卵麺で肉はとろ肉ジューシーと謳われていた。

なるほどとそんな店頭を確認しつつ、中へ入ると直ぐ右手に券売機が在り、そこで味玉入りだろうと1列目左端のりき玉めんを選んで、ラショ風だろうかと思いながら、ねぎめしなるボタンも連打した。

先客1人のカウンター席の比較的入口寄りに腰掛けて、そのカウンタトップにチケットをさり気なく置いた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほどなかなか素敵な味わいが素晴らしい、そんな豚骨醤油ラーメン。

鶏油が強く効いたそんなイメージを持って来たが、むしろそれは殆ど感じられず言わば吉村家総本山に近いバランス感さえ感じられるもの。麺が何とも家系的な麺カタで、さっくりと来て実に良かった。

それでも杉田家的な要素も感じるのは、吉村家総本山の味わいに近づけようとしている所為だからだろうか。何はともあれ、これはこれ自体豚骨醤油のラーメンとして、かなり完成している味わい。

ねぎめしはラショ風では無く、白飯の上に微塵切りした白ネギに切りゴマを振り掛けたもので、やや塩分強めの醤油ダレが入った容器と共に来た。

前半はラーメンのチャーシューを乗せながら食したが、後半は残った豚骨醤油スープを全てご飯に掛けて喰らったが、これがまたスープがいいだけに美味しく頂けた。

気がつけば完食。いや、これはなかなか実に素敵でとても良かった、元祖の要素が高いそんな横浜家系らーめんと言えた。

(左フォト) りき玉めん/ねぎめし/店頭遠景 (2013.06.27)


 ちゃーしゅうりき - CHA-SHU-RIKI -

 住所:埼玉県川口市並木3-11-5  TEL048-252-4864

 定休日:無休  営業時間:11:45〜15:00/17:00〜翌1:00 ※日曜〜23:00

 アクセス:JR京浜東北線西川口駅東口下車。ロータリー左奥斜めの道路を進んで間もない左手
       にあり。

.

ロータリー左奥の路地を入って行く。

すると直ぐ間もなく左側にこちらが在る。

ラーメンは、横浜家系らーめんのみ。