魂麺 千葉・ラーメン劇場
※閉店(本店は営業中)





【第三回茨城大勝軒グループ IN ラーメン劇場訪問後編】※前編はこちら

正月三が日の最後の日、茨城大勝軒グループプロデュースによるラーメン劇場へまたやって来た。ラーメン劇場は、JR稲毛駅から草野車庫方面行きのバスで10分ちょっとの、ショッピングセンターのワンズモール内にある、五年前にオープンしたラーメンフードテーマパークである。

早速一軒入った後でラーメン劇場から出て、1階のドトールコーヒーで、例によって、まったり。そして外に出ると風の向きが変わったのか、随分暖かい昼下がりとなっていた。そこでは、朝来た時からやっていたフリーマーケットが開催され、天候もあり盛況な人出となっていた。

さて、セカンドステージである。せっかくここまで来たんだし、だった。本日は、田代氏がおられなかったが、「ラーメン界の魔術師」と言う異名を持っているらしい、こちらの店主と一軒目を出た時にお会いしていた事もあり、二軒目はその本八幡の人気店に入る事にした。

但し、提供するラーメンは本八幡本店とは全く異なる、九州白濁豚骨ラーメンらしい。それで思い出されるのは、来年二月まで営業するお台場にあるラーメン国技館での魂麺だった。以前そこで、そうしたラーメンを提供した事があり、そんな実績を買われて、今回茨城大勝軒グループのプロデュースのラインナップに入ったのだろうか。

券売機で「魂麺白」を選び、入口の外列に着き、しばし後に入店。ちょうど店主に、席を案内され着席。盛況な店内で、後続も絶え間無く流行っている様子。程なく到着。

おお、これはビジュアル的にも良い風情のある、九州らーめんだった。それではと行かせて貰えば、もう旨い旨い旨い旨い旨い、いや美味い。

脂があまり幅を利かせていない、私好みの白濁豚骨ラーメンで、以前八丁堀某店で味わった感覚に近い、まったりさが絶妙な、そんな美味しいラーメンだった。

なお、ボヨヨンラーメンでは新春ラーメンとして、1日から7日まで日替わりのラーメンが販売されており、10日にはゼロワンでプレミアムラーメンが提供される予定。

そして11日には、こちら魂麺でのマグロ解体ショーと鮪ラーメンの販売の予定。そのインフォメーションがあったが、石原軍団が来るのかと思ってしまった(おいおい)。

その翌日の祝日12日は、ワンズモールで猫ひろしのショーがあり、年明けから営業を始めた山勝軒ではその日に限定チャンポンが販売されるなど、今後も話題が目白押しの茨城大勝軒グループのラーメン劇場だった。

(左フォト) 魂麺白/店頭外観/近日のイベントインフォ (2009.01.03)


 魂麺@ワンズモール/ラーメン劇場 ※茨城大勝軒グループ公式サイトはこちら

 住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町330番地50 定休日:無休 営業時間:11:00〜22:00/LO21:30

 アクセス:総武線稲毛駅東口下車。駅前ロータリーより京成バス・草野車庫行きに乗車して、
       ワンズモール停留所で降りた所にあるOne's mall(ワンズモール)2Fのラーメン劇場内。


コラーゲンボール、好評発売中。 茨城大勝軒の実力を、知る事になるラ劇。



喜劇らーめん食べ歩きTOP