★ 鉄道資料館 ★ 
 ■ 登別温泉軌道 【軌道】   〜 鉄道資料編 〜

 当軌道は、現在のJR室蘭本線登別駅より、登別温泉まで戦前に走っていた路線です。馬車鉄道として開業して、大正9年には蒸気機関車3両が保有されるよう
 になり、大正14年には改軌の上で電化され、電車が導入されましたが、残念ながら昭和8年に廃止されました。


昭和初期頃・未使用絵葉書「(北海ノ泉都登別温泉)紅葉谷」
※絵葉書に映る登別温泉軌道電車

大正10年鉄道省発行「鉄道旅行案内」より周辺路線図
大正中期頃絵葉書「北海道登別温泉場・進行中の専用列車」※機関車・客車
昭和初期頃絵葉書「(登別温泉名所)紅葉谷の景」※登別温泉軌道電車
昭和3年・全国鉄道地図より周辺路線図 

 【主な沿革】 1915.12.01(T04) 登別温泉軌道として登別駅〜登別温泉場間開業         【廃止路線データ】 登別駅〜登別温泉場間(途中駅1駅)8.7km
          1933.05.30(S08) 軌道運営会社・登別温泉軌道は、登別温泉と改称
          1933.09.01(S08) 登別駅〜登別温泉場間全線廃止

 鉄道資料館TOP ジャパン・レイルロードチケット・パークTOP