★ 営業私鉄キップ館 ★ 
 ■ 京成電鉄 【鉄道】 ※切符資料整理室・京成電鉄編 開設中

 
大正初期頃絵葉書「京成電車」 ※5 昭和10年頃絵葉書「(千葉県習志野)みもみ停留所」


 当鉄道は京成電気軌道として、明治42年に創立致しました。そして大正元年、押上から伊予田(現江戸川)間と、曲金(現高砂)〜金町間が営業を
 開始以来、路線を延ばし現在に至っています。スカイライナーは、一億人の乗客を乗せました。



昭和31年・半硬券・使用済・矢印式3等乗車券
※千葉線京成千葉駅発行・小児用


昭和32年・硬券B型・使用済・矢印式3等乗車券
※本線谷津遊園(現谷津)駅発行


昭和35年・硬券B型・使用済・矢印式3等乗車券
※千葉線京成千葉駅発行

昭和31年・半硬券・使用済・矢印式3等乗車券
※千葉線京成千葉駅発行

昭和32年・硬券B型・使用済・金額式乗車券
※本線京成上野駅発行

昭和32年・半硬券・使用済・金額式乗車券
※本線京成八幡駅発行

昭和36年・硬券B型・相互式連絡3等乗車券
※本線千住大橋駅発行

昭和36年・硬券B型・相互式連絡3等乗車券
※本線新三河島駅発行

昭和53年・硬券B型・使用済・金額式乗車券
※本線博物館動物園駅(廃止)発行・小児用

昭和44年・硬券B型・相互式連絡乗車券
※本線町屋駅発行・使用済



昭和48年・硬券B型・相互式連絡乗車券
※千葉線みどり台駅発行・使用済



昭和51年・硬券A型・使用済・一般式乗車券
※上野案内所発行

− 京成電気軌道(T1〜S20京成電鉄) −



京成電気軌道時代・昭和5年頃の京成電車鳥瞰図(絵師・金子常光)





昭和7年頃・海水浴割引往復乗車券(表・裏)




昭和14年・硬券・乗車券※柴又駅発行(表・裏)


昭和10年・読売新聞愛読者優待
成田山参拝電車賃半額券


昭和12年頃・大型軟券・使用済・車掌発売片道乗車券 ※1 ※2




昭和5年頃・軟券・壱区乗車券 ※3

昭和7年頃・軟券・弐区回数乗車券 ※4


昭和9年・軟券・特別(運賃)割引券2枚
※ミツワ石鹸本舗丸見屋商店御優待用


昭和17年・硬券・地図式連絡乗車券(表・裏)


昭和9年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※本線上野公園(現・京成上野)駅発行


昭和9年・硬券B型・使用済・矢印式小児乗車券
※本線京成船橋駅発行


昭和10年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※本線京成成田駅発行


昭和10年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※押上線荒川(現・八広)駅発行


昭和10年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※押上線押上駅発行


昭和11年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※本線青砥駅発行


昭和10年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※金町線柴又駅発行



昭和16年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※本線堀切菖蒲園駅発行



昭和17年・硬券B型・使用済・矢印式乗車券
※本線江戸川駅発行


 

昭和11年・自社パンフレット「京成電車沿線案内」


昭和9年・成田詣御優待(運賃)割引券
※東京地下鉄道樺n下鉄新橋開通記念

− 千葉急行電鉄(H4〜H10京成電鉄) −


平成7年・大森台〜ちはら台間開業記念
1日乗車券※4/1・4/2どちらか有効







平成7年・大森台〜ちはら台間開業記念乗車券 表紙&硬券B型乗車券3種


 ※1 博物館動物園・寛永寺坂・道灌山通・西千住・(旧)京成八幡・京成請地・向島〜各廃止駅記載
 ※2 上野公園(京成上野)/市川国府台(国府台)/新八幡(京成八幡)/中山鬼越(鬼越)/中山競馬場前[臨時](東中山)/葛飾(京成西船)
    京成花輪(船橋競馬場)/谷津遊園(谷津)/宗吾(宗吾参道)/荒川(八広)/濱海岸(みどり台)/千葉海岸(西登戸)各改称駅記載
 ※3 向島・白鬚・谷津海岸(谷津)・宗吾(宗吾参道) 記載
 ※4 向島・白鬚・谷津海岸(谷津)・宗吾(宗吾参道) 記載
 ※5 中川鉄橋上を走る第一期工事線(押上〜伊予田間)を走る第一号機電車。

 【主な沿革】

 1899.12.17(M32) 帝釈人車鉄道・柴又〜金町間開業
 1907.−.−(M40) 帝釈人車鉄道は帝釈人車軌道に改名する
 1912.04.27(M45) 帝釈人車軌道は全路線を京成電気軌道に譲渡して翌年解散する
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1912.11.03(T01) 京成電気軌道として、曲金(高砂)〜柴又間及び押上〜伊予田(江戸川)間開業
              (当初押上〜市川新田(市川真間)間の開業予定。江戸川の対岸まで伝馬船を就航させた。)
 1913.10.21(T02) 元帝釈人車軌道線・柴又〜金町間開業
 1914.09.01(T03) 伊予田(江戸川)〜市川新田(市川真間)間開業
 1915.11.03(T04) 市川新田(市川真間)〜中山(京成中山)間開業
 1916.12.28(T05) 中山(京成中山)〜船橋(京成船橋)間開業
 1921.07.17(T10) 船橋〜千葉(千葉中央)間開業
 1926.12.09(T15) 津田沼〜酒々井間開業
 1926.12..24(T15) 酒々井〜成田花崎町(S05廃駅)間開業
 1927.08..21(S02) 花輪(現船橋競馬場)〜谷津遊園地間開業
 1928.04.07(S03) 向島(S22廃駅)〜白鬚間開業
 1930.04.24(S05) 成田花崎町(同時に廃駅)〜成田(京成成田)間開業
 1931.11.18(S06) 高砂・小岩・中山・船橋・花輪・津田沼・大久保・大和田・臼井・佐倉・酒々井・成田駅の駅名に京成の冠をつける
 1931.12.19(S06) 日暮里〜青砥間開業
 1933.12..10(S08) 上野公園(京成上野)〜日暮里間開業
 1934.05.30(S09) 花輪(現船橋競馬場)〜谷津遊園地間営業最終日
 1936.02.28(S11) 向島(S22廃駅)〜白鬚間営業最終日
 1945.06.25(S20) 京成電鉄に改名
 1973.12.30(S48) 特急スカイライナー運転開始
 1978.05.21(S53) 京成成田〜成田空港(東成田)間開業
 1987.−.−(S62) 葛飾駅が京成西船駅に改名
 1991.03.19(H03) 成田空港駅移転・旧駅は東成田となる
 1992.04.01(H04) 千葉急行電鉄・千葉中央〜大森台間開業
 1995.04.01(H07) 千葉急行電鉄・大森台〜ちはら台間開業
 1997.03.31(H09) 博物館動物園駅営業最終日
 1998.10.01(H10) 京成電鉄は千葉急行電鉄路線を譲り受ける

  【現行路線データ】

 京成本線/京成上野〜成田空港間(途中41駅)69.3km          千葉線/京成津田沼〜千葉中央間(途中8駅)42.6km
 押上線/押上〜青砥間(途中4駅)5.7km                   千原線/千葉中央〜ちはら台間(途中4駅)10.9km
 金町線/京成高砂〜京成金町間(途中1駅)2.5km

 【廃線路線データ】 谷津支線/(S9)花輪(現船橋競馬場)〜谷津遊園地間1.2km  白鬚線/(S11)向島(S22廃駅)〜白鬚間(途中2駅)1.4km

 (Renewal day. 2009.01.17)

 営業私鉄キップ館 ジャパン・レイルロードチケット・パークTOP