★ 鉄道資料館 ★ 
 ■ 池田鉄道 【鉄道】 〜 鉄道資料編 〜

昭和12年・最新鉄道旅行図より周辺路線図 昭和9年・最新交通遊覧案内地図より周辺路線図


当鉄道は、現在のJR大糸線の松本〜信濃大町間を、大正4年から開業させて行った信濃鉄道の子会社だった鉄道会社で、親会社の途中駅の信濃追分駅から延伸していた路線を営業していました。その関係もあり、電車が開業当初から走っていましたが、信濃鉄道の路線を国が買収した際に業績が芳しくなかった当鉄道は買収される事無く取り残された結果、ガソリンカーで営業する事となり、孤軍奮闘した末に廃止されて行きました。





発行年不詳・池田鉄道株式会社発行「池田鉄道沿線ハイキングコース」(表・裏)※表面[路線図等]裏面[コース案内]


 【主な沿革】

 1926.09.21(T15) 池田鉄道として、安曇追分〜北池田間開業
 1938.06.06(S13) 安曇追分〜北池田間全線廃止
【廃止路線データ】

安曇追分 十日市 会染 柏木 南池田 信濃池田 北池田
※合計営業キロ数6.9km

 鉄道資料館TOP ジャパン・レイルロードチケット・パークTOP