横浜家 神奈川・横浜東口





夜半から降り出していた雨が滴り落ちて、息が白くなるほどの寒さに包まれていた、三寒四温と人の言うそんな2月下旬週末の土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、気温が持ち直して雨は止んでいたものの、湿度が高いままの午後8時過ぎだった。

先日は南幸店を訪れて、こちらの位置を確認することが出来た。そちらで西口店と同じようにまた貰った無料餃子券を携えて今回こちらの店頭へやって来た。

横浜駅きた東口の橋を渡った場所のビルのガラス窓にこちらの広告があって、実はそれを見てからずっと訪問してみたい一軒となっていた。

周辺はこちらの支店名にもなっている金港町(きんこうちょう)と言う地名で、その昔から栄えて来た横浜港が近い地名らしいが、その由来を紐解くと神奈川の語源となった金川と錦の港から来たものらしい。

なんのことはない線路沿いの道路でなく、一つ奥の道路沿いにあるこちらで、その道路はなんと国道1号だった。路地の道が垂直で無いため、鋭角的な建物の中で営業していた。

さっそく入店するとそうした建物だけに変則的なフロアーで、その分広く感じることが出来る店内だった。左手に券売機が設けられているのを見つけ、その前に立ってねぎラーメンのボタンを選択。

出て来たチケットとおつりを取って、先述の無料餃子券と共にお店の方へ手渡すと、カウンター席奥の角席に促されてそこへ腰を下ろした。

これで3軒目の横浜家さんだが、まださらに岡野町店があるそう。しかしそれらの支店は全て西口側で、こちらだけが東口側にある支店のよう。後続客も続いて、こちらも盛況な店内だった。程なく到着。

豚骨醤油の如何にも家系らしいラーメンに、白髪ネギが添えられた予想外のビジュアル。てっきり辛味調味料に和えられたネギがドサッと乗ったものが来るものと思っていた。

それではと行かせて貰えば、独特な鶏油が多めに来るかと思えば、これまた予想外にやや白濁した鶏油をあまり感じない醤油ラーメン。

何処か支那そば的な持ち味があるラーメンと言えて、そんな新鮮な風情がとても素敵で好きになれた。鶏油が入っていないのかと聞かれれば、若干だけ入っており吉村家的な風合いに近い気がした。

そう言えば西口店ではつけ麺を愉しんで、南幸店では味噌ラーメンだっただけに、こちらでデフォルトのラーメンスープを初めて口にした。なおチャーシューも、かなり美味しかった。

そして無料の餃子がまた実に美味しい。ハネまで付いているもので、肉餡がしっかり詰まっていてかなり良かった。

餃子と言えばニンニクが決まって入っているものだが、こちらの餃子にはそのニンニクが全く入っていないのだそうで、サラリーマンのランチにも有難い配慮が成されていた。

ちなみにニンニク無くしてラーメンや餃子は愉しめないと言う方には、卓上にこれでもかと生ニンニクが用意されているので安心して欲しい。

気がつけば完食。また無料餃子券が来て、こちらへ来ると餃子がラーメンの連鎖を呼びそうだ。いや、その餃子も素敵で、ラーメンもなかなかとても良かった。


(左フォト) ねぎラーメン/無料餃子/店頭外観 (2012.02.25)


 ラーメン 横浜家 金港町店

 住所:神奈川県横浜市神奈川区金港町6-11ホームシティービル1階

 TEL045-441-6191  定休日:無休  営業時間:11:00〜翌5:00

 アクセス:JR横浜駅きた東口下車。きた東口出口から線路沿いを東神奈川方面へ進み、MMC
       三本コーヒー本社ビルを右折して国道1号へ出た場所の右手にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP