自家製中華そば 大和家
神奈川・横浜西口

昨日は西日本の街角が雪の所為で白く彩られて、首都圏は今日も青空広がる晴天ながら、肌寒さが加速していた12月半ばの週末土曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな午後8時過ぎだった。

先日某店を訪問した際にこちらを偶然見つけて、その佇まいに気になる所となっていた。そんなわけで会社帰り訪れる事にしてその店頭へやって来た。青いビニールシートに店名が刻まれていて、その右隅に小さく西口店と表記されていたこちらだった。ネットで調べて見ても、横浜駅周辺にはこちらだけのよう。




直ぐ隣りには寿司屋が営業していて、ふと見ると丁度そこから出て来た方がお寿司を抱えてこちらの中へ入って行った。はて?と思いつつも扉を開ければ、満員貸切状態のこちらの店内だった。

これでは今夜は駄目かなと思って引き下がると、寿司屋から来た方がお店の方らしく、そのまま入店を促されて唯一空いていたテーブル席へそれならばとハーフコートを脱いで腰を降ろした。

左手の壁にメニューボードがあり、しばしの間にらめっこしてから、中華そばと餃子で行こうとなってそれらをお願いする事にした。

オーダーした後でちょっとした酒が入った宴会にタバコを覚悟したが、これがかなり大勢いるものの誰一人タバコを吸う方はいなかった。たまたまなのかと周囲を見ても、灰皿が一つも無かった。

メニューを改めて見ると、チャーハンやカレーライスがメニューに並ぶものの、横浜周辺の中華店で大抵見られるサンマーメンが無いこちらだった。程なく到着。

一見地味なビジュアルだが、良い香りのする中華そばだ。それではと行かせて貰えばこれが実に素敵な中華そばで、鶏ガラに付いた肉から染み出たような自然な脂の味わいがタマらないもの。

どう考えても昭和40年以前に創業した店の中華そばの風情があった。麺がかなり絶妙なもの。

シナチクが如何にもシナチクで、チャーシューが戦後浸透した煮豚の初期の仕様を思わせたインパクトある大きさでこれが絶え間なく良かった。

餃子がまたさすが点心の街横浜にある中華そば店の餃子と言えるほどかなり美味しいもの。表面がキツネ色でかなり鮮やか。肉餡がぎっしりと言うよりも、ミッシリと詰まっていてウマウマ。

気がつけば完食だった。精算時さりげなく創業何年かお尋ねすると今年で31年目になるそう。すると昭和55年の開業となるが、おそらく連綿と続く家業の店の中華そばではないか。

この手のあっさり系でここまで感動出来たのは久しぶり。いや、かなり良かった。

(左フォト) 中華そば/同拡大画像 (2011.12.17)


 自家製中華そば 大和家 西口店

 住所:神奈川県横浜市西区南幸2-7-10 TEL045-311-7933

 定休日:無休 営業時間:11:30〜23:30

 アクセス:JR横浜駅西口下車。東急ハンズ方面へ向かって行き、橋を渡った場所にある左手の
       ビックカメラの右側の道を入って一つ目の右路地を入って少し歩いた右側にあり。

 

  2011.12.17 店頭外観   2011.12.17 こんがりキツネ色の餃子。



喜劇らーめん食べ歩きTOP